2006年10月25日

ロードレーサー自転車選び

Img_0896aaa_1_1_1


ロードレーサーの購入を考え始めてから、もう3ヶ月になろうとしている。

それは、この8月の暑い日、それも特別に暑かった日に名栗村、今は飯能市であるが、
そこにある「さわらびの湯」まで、BD-1で行った時からのことである。

ゆるやかな登りが延々と続く道を、後ろから、いとも簡単にスイスイ、スイスイと、
数限りなくローディに抜かれるのである。

それもニッコリ笑ってである。

こちらも笑顔で返すことは返すが、暑さと疲れ、サドルの痛みで、その笑顔は笑顔とは
ほど遠い、ただ顔が引きつった変な笑顔だったに違いない。

あっと見る間に消えていく後姿ばかりをずーっと見続けてごらんなさい。

これは精神衛生上においても、まことによろしくない様にその時、思ったものだ。

「ファンライド」 11月号の特集は、「見たい知りたい新しい自転車」とある。

今、自転車選びの身としては、、参考にとりあえず目を通しておく必要もあるだろうと
祈るような気持で、まずは買ってみた。

2007年の新車全86種が、まばゆいばかりに紹介されている。

まさにまばゆいのである。

「SCOTT」のADDICT SLが、358000円

「LOOK」の595 ULTRAが、480900円

「TREK」 MADONE SSL 6.9 で、なんと 900000円。 90万ですよ。それでいて
ペダル無しだって。

90万も取るならペダルぐらい、二つや三つ付けたって、もっとも三つはいらないが、
付けたっていいじゃないかと思うが、どうにも、この自転車の世界はわからない。


私が探しているのは、そんなんじゃあなくて、初心者向き、ロード入門用、そしてもっと、
もつと安いのであるが、、そういうのは殆ど出ていない。

ただ目が回っただけだった。


しかし、ここにきて、お目当ては「ルイガノ」か、「ジャイアント」に絞られてきている。

カナダの「ルイガノ」のあのオシャレなセンスと、明るいカラーバリエイションの豊富さは、
このメーカーならではのもので心も引かれる。


一方「ジャイアント」は世界一を誇る自転車製造メーカーというのにも魅力がある。


私の行きつけの渋谷東急ハンズの自転車売り場で聞くところによれば、どちらの
メーカーも同じようで、後は好みでしょうと。

ただ「ジャイアント」は台湾製だけに東南アジア、とりわけ日本人の体型に合わせて
作られているので乗りやすいとのことだ。

ましてや私のように、身長が161センチか、162センチの小柄な体には「ジャイアント」の方が、
後々まで楽に乗れるのではないかともいう。

サイズも数多くあり、なかでも420mmあたりが私には適正らしいこともここで判ってきた。

あとはが何が問題か。


あっ !! そうだ !! あとはお金をどうするかだ !!

| | コメント (2)

2006年9月16日

2007年 ロードレーサー

1156763200


上の写真はルイガノのロードレーサー2007年型の「CTR」です。

まだ9月の半ばでありながら、自転車販売業者は早くも来年度の新車発表を間じかに控えて
大忙しの様であります。

人気の高いルイガノのライトブルーカラー「CTR」。

この写真は、いつも送られてくるルイガノのメールマガジンに添付されていたものです。

少し前になりますが8月26日 27日、日本最大級のサイクルイベント「シマノ鈴鹿ロードレース」に
おいて、アキコーポレーションのブースで、今年初めて2007年型の、ルイガノのロードモデルが
先行披露され、その際に撮影されたものです。

かくいう私も出来れば、あの憧れのロードレーサーには一度は乗ってみたいと思う一人であります。

自転車に永く乗ってきた身としては、最後には自転車の究極とも言えるのが、やはり
ロードレーサーではないかと私は思うのです。

人それぞれ考え方も勿論違いますが、中にはマウンテンバイクひとすじで、又クロスバイクこそが、
すべてに通じる自転車の最高峰と言う人もいるでしょう。

いや、スピードだけじゃないよ、ゆっくりと自分の趣くままに、時には折り畳んで、
電車に載せて、好きな所だけを走るのさ、そして、帰りにはビール片手に流れる風景を
見ながら、傍らの折り畳み自転車と共に家に帰るのが一番さ、と言う人もいるかもしれません。

それそれに楽しみがあって当然で、だから面白いのですね。

数ある楽しみのなかから、この自転車の素晴らしさを知ってしまった以上、私の移り気の多さも
あるかもしれませんが、こだわる事無く、さまざまなスタイルの自転車にも挑戦してみたいと
思うのです。

スペシャライズドの2007年のはすでに発表され只今予約受付中とか。

ルイガノは今月末には各地で展示会が開かれカタログも配布されるようすです。

ルイガノと同様、お目当てのジャイアントも、10月下旬から11月には詳細が発表されるなど、
この年末にかけて何となく気ぜわしい日々になりそうです。


| | コメント (0)

2006年9月 5日

ロードレーサー

Img_0320_1_6_1


先日、飯能駅から、「さわらびの湯」まで、往復約40キロを、BD-1で走ったことは
すでに記事にしましたが、その後何日かして、体力の衰えもあるのか、ひどく
疲れたものでした。

同じ走るならもう少し楽に走れないものか、もつと軽く楽に走るにはどうしたらいいのか。

行き着くところはやはり、あの憧れのロードレーサーにするしかないのだろうか。

飯能からゆるやかな登りが入間川と共に続き、右に左にと道をたどるとき、
後方からいとも簡単にすいすいと追い越していく人たちがいる。

いずれも、あっという間に消えていくロードレーサーのサイクリストの皆さんです。

それ以来、ネットで検索したり、販売店に問い合わせをしてみたりと、このところ
ロードレーサーが頭から離れた事がない。

長い間、自転車生活を送ってきたが、実はいまだに一度も、ロードレーサーには
乗った事がありません。

私としては162センチの身長に見合うフレームサイズがあるのだろうか、370mm 400mm
420mm 450mmと様々なサイズがあるらしいが、どれが適合するのかさっぱり判らない。

11年前に買ったプジョーのクロスバイクについていた説明書によると、マウンテンバイクより
ロードレーサーは選ぶのが難しいらしい。

基本はトップチューブにまたがった時、股下までの間隔が3センチから5センチぐらい
あるのがいいらしい。

それにはまず股下を計るようだ。

2センチ×2センチの角材のようなものを股に挟んで上に押し上げ、地面からの高さを計るとある。

その時足元は薄い平べったい物を履いて足は5センチ開く。

股下サイズを計ったら、合いそうなフレームサイズを、次の表2の中から見つけてくださいと
書かれている。

ところが表2には、なんと股下77センチから88センチまでの表示であって、私の67センチは、
ここではまったく無視され、該当しないのであります。

何ということでしょう。

私の場合はしたがって、とりあえず股下が67センチだから、負けて3センチの低さの
トップチューブ高、64センチをなんとかして探さなくてはならないようだ。

そんなのがあるのだろうか。

なんだか大変なことになったものです。


| | コメント (6)

2006年6月22日

初めてのタイヤ交換

Img_0005_1_1_1


プジョーのクロスバイクは買ってから、もう10年にもなります。

その頃はサイクルコンピュータなど、まだ一般的ではなく、あったにしても、
まだまだ高嶺の花で、勿論、つけていなかったので、これまでにどのくらいの
距離を走ったものか分かりませんが、何しろよく走りました。またよく走る自転車でもあります。

いつも室内に入れていますので、ブルーの綺麗さはほとんど買った時と同じ色合いで、
傷もわずかに小石をはじいたのか、2ミリか3ミリ程度の小さな傷がところどころに
見られるほどです。

この10年間、タイヤ交換、ブレーキ調整などはサイクルショップにまかせっきり、
まず自分では何もせず、ただ乗るだけでした。

このブログを始めてから、よその方の自転車サイトを拝見するようになってから、
ほとんどの人は自分で自転車のメンテナンスをされている事が分かりました。

私は自分でやった場合、たとえばタイヤをはずしたら、もう二度とタイヤが
はまらなくなるのではないかとか、リアのタイヤなんか、チェーンがからまっているから、
絶対に自分でははずせないなと、それに第一、こういう機械物は素人は
さわっちゃいけないものと昔から思っていました。

しかし、インターネットは便利なものですね。自転車の修理点検、タイヤ交換と、
写真入で丁寧に教えてくれているではありませんか。

それを何回も見ているうちに、ひとつ、やってみるかで、先日渋谷東急ハンズの
サイクルショップに、また出掛けてみたのです。

今まで付いていたタイヤが、、ミシュランのレース用WOタイヤ。700× 35Cというもの。

この際思い切ってやる事ですから、リムテープも、ついでにチューブまでもと、
メモをしていき、ハンズの年輩の店員さんに相談しました。

2年半前にBD-1を買った時の担当の人でしたが、まったく覚えていないようでした。

まあ、そんな事はどうでもいいのですが、お目当てのタイヤは、ミシュランの
トランスワールドシティでしたが、サイズがなく、2番目の希望でした、シュワルベ 
MARATHON ブラック リフレクターは在庫ありで、それを買ったのでした。

チューブはパナレーサー。


Img_0023_1_1


シュワルベはサイズも豊富で、係りのオジサンは、その時、人の顔をじっと見て、
「35もいいですが、このリムには32も入りますので、一度細めのものにしたらどうでしょう」と言う。

私の性格からすると、まず変更する事が何かにつけて嫌いで、いつもの通りが
一番心が休まるのです。

変化を嫌う、実に保守的な古い人間なのです。

黙って聞いていると、なおもハンズは「一段細くしてみましょう 軽い感じになって
スピードが違います このリフレクターが目だってカッコいいんですよね」

このハンズオジサンに、そう言われた時、すぐに私は「そうしましょう」と即答したのです。

この際スピードはどっちでもいいのです。細いタイヤとリフレクターのかっこよさ。

前々から、あの細いタイヤのカッコいいスマートな自転車にひどく憧れを持っていた
私としては、それを逃すわけにはいきません。

それに激しい衝撃を感じて、シュワルベなんとかというタイヤを買ってきたわけであります。


自転車をさかさまにして、おっかなびっくりで、クイックレリーズをゆるめます。

タイヤは買ったはいいけれど、はたして出来るだろうか。

近所の自転車屋にタイヤとバラバラになった自転車を持っていくのは、ものすごく恥ずかしい。

約2時間の悪戦苦闘の末、きちんと入った。

なんだ、やれば出来るじゃん。

そんな気分。

タイヤ交換だけは、もうベテランです。 O(≧▽≦)O

| | コメント (2)