2015年8月20日

真夏の明治神宮御苑

Img_4081_new_0001_2
明治神宮御苑にて  ストラスモア紙 23㎝×17㎝ 絵 プッポロ


この小さな絵を描いたのは、7月21日。連日の猛暑日が続く真っ只中のことだった。

その日は原宿駅前にある、中華料理の名店「南国酒家」で、人気抜群のランチを食し、
ひとりのんびり、グラスに残った、ビールをゆっくりと楽しんだ。

広い客席は例によって、ほぼ満席の盛況。約1時間半の食事が終わって表参道に出ると、
まだまだ、むっする暑さが続いていた。

混雑する原宿駅前を通り抜け、山手線を眼下に見下ろす橋を渡れば、目の前が明治神宮の
入り口がある。

この近辺は私の好きな散歩道で、結構来ているが、多くは代々木公園だ。

その手前にある明治神宮に行くのは、確か10年ぶりぐらいかもしれない。

大きな森が続く参道は、日陰が多いので、代々木公園よりは、いくらか涼しいのではないかと
ふらりと人の流れに乗って入ってみた。

先程のビールの酔いがほどよく、からだを回り、木々を通して吹き抜ける風も心地よい。

この日は大きな参道からはずれて、あまり人の通らない枝道に入ってみた。

7月半ば、何の日でもないのに、明治神宮は暑い日にもかかわらず、大変な人である。

ただ、注意してみると日本人はほとんどいない。まったくいないと言ってもいいくらいだ。

中国か、韓国かアメリカか、ヨーロッパか。まず外国人だけである。

しかし、考えてみれば、それもそうかもしれないなと思った。

日本人は何でもない日には明治神宮には、あまり来ないのだ。行く用事がないのだ。

行くとすれば、お馴染みのお正月の初詣か、子供がいれば、秋の七五三ぐらいかもしれない。

そんなことを考えながら静かな森の道を歩いていた。

それにしても、この脇の道は人が来ない。はるか遠くまで人影がない。

本殿に行くのにすごく遠回りの道なので、人が通らないようだ。

その本殿の前も、外国人の大ラッシュである。

とにかく静かになりたくて、とりあえず、500円の入苑料で御苑に入ってみた。

しかし、ここに入っても、やはり外国語の話し声が入り乱れていたが、いくらかは静かだった。

池に沿うように苑内の細い道を行くと、6月ならば、花しょうぶが咲く、しょうぶ田のあるところに
出る。

都心とは思えない深い山の中の様相である。

木々の緑も深くなり、ところどころには、早くも黄緑色に葉も色づいているようにも見える。

一番奥には東屋があり、ぐるりと回れる細い歩道がひかれている。

その瀟洒な東屋が目に留まり、持参していた、小さなスケッチブックをトートバックから取り出した。

街歩きの時には,描く描かないは別にして、バックにスケッチブックがないと、何とも落着かない
性質に今はなっている。

持っていないと何となく不安になるのだ。持って来ればよかったと、後で、ひどく残念がるのが
いやなのだ。

目の前の小道には綱を張った杭が、立ち並んでいる。

その一本の杭の頭に、この小さなスケッチブックを軽く乗せて、立ったままで、東屋を中心にして
描いてみた。

「南国酒家」の生ビールの酔いが、まだ残っていていい感じ。

ラウニーの絵の具が、いい色を出してくれている。

小さいスケッチブックだから仕事は速い。線描き、着色で15分少々ぐらいだったろうか。

ここも、次から次と人の列が、後ろを通り過ぎる。

その内のひとり、アメリカ人らしい、若い女性が、私の絵を見ながら、笑顔で「ステキ デスネー」って
言ってくれた。


                             +


| | コメント (0)

2015年5月22日

那須に写生旅行に行ってきた。

Img_3960_new_2
那須連邦 34㎝×25㎝ F4号 ストラスモア紙 絵 プッポロ


ブログの更新が、このところ遅れに遅れています。

気にはしていたのですが、あまりにも、公私にわたって、あわただしく・・・・・・・

言い訳はよしましょう。 

最近、少々、集中力が欠けてきただけの事なんです。


5月18日、19日。 私が開いています、「小さなハイキング写生会」の、皆さんを、お連れして
新緑も鮮やかな那須高原に行ってきました。

全19名という、そこそこの団体旅行になりました。

池袋から「ホテルサンバレー那須」の直行バスに乗車して、なんとも楽々プランで、ホテルに
到着です。

普通の観光旅行と違って私たちのは、写生をするのが大きな目的でもありますので、ほとんど
出歩きはしません。

バイキングの夕食を待つ間にも、それぞれ、ホテル内で一枚、皆さん絵を描き始めます。

細かなアドバイスもいらないくらいに今では上達しています。

絵は思い思いに描けばいいのです。

よく言われることですが、10人いれば、10枚の良い絵ができるのです。

私も、そっと、皆さんから離れて、ホテル6階の屋上に出て、目の前に広がる那須連峰を
描いてみました。

左のすらりとした形の良い山が黒尾谷山(1719m)、中央に位置するのが、茶臼岳(1898m)
そして、右側の山が、昔から、風が強いので有名な朝日岳(1896m)で、右端にある小さく
とんがった山が、三本槍が岳(1917m)で、これらの山を総称して那須連峰と呼ばれています。


Img_3956_new
那須連峰 34㎝×25㎝ F4号 ワットマン紙 絵 プッポロ


一方、こちらの那須連峰は、丁度2年前に描いたものです。

今回と同じメンバーによる写生会での絵であります。

宿泊したホテルは、「サンバレー那須」より、バス停にして、3つほど、距離にして3キロほど、
山麓を下がった所にある、「ホテルエピナール那須」でありました。

こちらは那須連峰を、やや遠めに見るようになり、山の形は少し小さくなりますが、左右の
広がりは伸びて一望しやすくなります。

山の稜線を比べてみても描いた位置は最初の絵よりも少々左側から描いたように思えます。

この時は早朝まだ6時ごろ。同室の皆さんが、まだ寝ているとき、ベランダに静かに出て、
明るくなったばかりの中で、冷たい風に吹かれながら描いたものでした。

あまりの静けさに、やはり絵の中にも静けさが、漂っているいるような気がするのですが。

このときも、同行の皆さん結構いい絵を描かれたものでした。

                         *

| | コメント (0)

2014年12月 3日

山の絵

Img_2869_new_new


今年も本当に、あとわずかな日を残すのみとなりました。

日々の忙しさにまぎれて、さて、私の、今年のお絵描きの成果はどうだったろうかと、
ここにきて思ってみます。

毎月開いています、練馬区役所での、絵の教室の方は、毎回好評を得て賑やかに
行われています。

ここでのモチーフは、もっぱら切花で、その写生が中心になっています。

実を言いますと、この写生会が始まるまで、まず私は花を描くことなど、ほとんど
無かったのです。

絵を描くといえば風景画、それも山に登っては、山頂から山の絵ばかり描いていたのです。

山登りそのものが、大好きで、それも最初は写真でしたが、その内、写真をいくら撮っても、
二度と見ない写真が増え続け、お金も掛かるし、それなら絵を描いた方が、その場で完成も
してしまうし手っ取り早い

幸い子供の頃から、お絵描きの先生に長く付いていた事も良かったようです。

絵は描いているときの情景、たとえば風の冷たかったこと、暑かったこと、、時間ばかりかかり、
上手くいかなかったことなど、何年たっても鮮明に思い出せるのも絵ならではのものです。

求められて始まった花の写生会も、6年目に入りましたが、花も山も、描いてみればどちらも
楽しいものです。

それにしても、この暮れをむかえ、今年は山の絵は描いただろうかと考えたとき、あまりにも
少なく、遠くに見える本当に小さな山を描いただけのものでした。

それも三枚だけで、内、二枚は温泉町から描いたというものでした。


上の絵は今年の一月に西武池袋線、芦ヶ久保駅から登る奥武蔵の丸山に、ひとりで登った
ときのものです。

駅前からいきなり急坂が続き、小さいながらも結構手ごわい山です。

その登りの途中で目の前にそびえる武甲山を描いたものです。

冬の日暮れは早く、わずかな時間で、20分ほどで仕上げたものです。


Img_3520_new_3


この絵は、「小さなハイキング写生会」の方々、16名で今年5月に伊豆長岡温泉に
行った時のものです。

新宿から小田急高速バスで、2時間30分ほどで到着です。

バス停の目の前が、パノラマパークと言われる「かつらぎ山」行きのロープウェイの
乗場です。

山頂に登れば、見渡す限りの展望が望め、駿河湾が一望でき、箱根の山々、振り返れば
伊豆の山並みが続き、遠くに富士山も見られる素晴らしいところです。

わずかな時間ですが、皆さん、やはり写生会の人、それぞれにポイントを決めて、思い思
いに、一枚描いていただきました。

その合間をぬって、私もそれこそ素早く、15分か20分ほどで描いたものです。


Img_3691_new


一年のうち、同じホテルに泊まるとは、初めての経験でした。

伊豆長岡温泉「京急ホテル」で、源泉の良さで知られています。

皆さんからの、ご希望で再び、今年5月に続いて、この10月にも利用したのです。

宿の近くを流れる狩野川の河原で、スケッチしてみたり、とにかく私の考える旅行は
のんびりしています。

この絵は翌朝、6時頃、ホテルの2階のベランダから見える「かつらぎ山」を中央に置き、
手前のわずかに始まった紅葉のホテルの庭までを、これもまた、素早く描いたものでした。


以前は八ヶ岳、谷川岳、北アルプスは涸沢付近、浅間山、近くには奥多摩と、随分描いた
ものでした。

来年こそはもう少し、まともな山の絵を描きたいものと思っています。


| | コメント (0)

2013年12月10日

代々木公園に行く

Img_0263_new_2


東京の紅葉が一番きれいに見えるのは、毎年12月2日頃と言われています。

このブログでも、そのことをしばらく前にも書いたことがあります。

今回は記事としては、少々時間がたちましたが、11月11i日、わりと暖かい日でしたが、
代々木公園に、一枚の絵を描きたくて行ってきました。

しばらく歩いていない原宿の表参道の、あの、ケヤキの紅葉の様子も見てみたいと、
練馬から副都心線で北参道駅まで行きました。

いつ行ってもにぎやかな街で、通りすがりの人々のファッションも、また、立ち並ぶ
レストラン、ブティックの店と、それぞれに時代の最先端をリードする、また発信する
街でもあるようです。

見上げれば原宿駅に向かうケヤキ並木の紅葉も、まだそのときは、まばらで、陽あたり
の良い木は、すでにきれな紅葉でしたが、道路を隔てた向かい側の高いビルに陽がさえ
ぎられている木は、まだまだ緑の葉のままでした。

若い人たちと一緒に、程よい川幅の流れのように、歩道をそろって動くのも、なんだか
若返ったような気分でした。

Img_2776_new_0002
「代々木公園」 34cm×25cm F4号 ストラスモア紙  絵 プッポロ


いくらかの喧騒さも感じる賑わいも、この代々木公園の中には届きません.

静寂そのもので、時折通り過ぎるジョギングの人。シャレたロードに乗る静かなサイクリスト。

こちらはもっぱら、健康志向の人々の世界が広がっています。

秋の深まりと共に日の暮れるのも早いとき。

手頃な場所を見つけて、それも漠然と林と云うか、森と云ったらいいのか、木立が適当に
配置よく並ぶ一場面を見つけて、持参した小さな折り畳み椅子を、そこに広げたのでした。


普通、街中でスケッチしていますと、たいがい誰か脇に来てペンは何を使っているのか、
絵具はどこのメーカーのが好きか、など、いろいろ話しかけてくるものですが、この代々木
公園ではいつもまったくありません。

出来ればそのほうが絵は描きやすいですが、なぜかこの公園になると声をかけて来る人が
いません。

他の人には関心がない。人は人。私は私。お互いにかかわらないと言う人達が多いのかも
知れません

そんなことを考えながら、描いたのがこのスケッチです。

写真は描き終わってから写したしたもので、すでに夕方で、この時も結構紅葉は始まって
いたのですが、薄暗くなりスケッチの色とはだいぶ違っています。

私の「お絵かき教室」は、もっぱら花の写生ですが、来春からは、いよいよ野外をスケッチする
ことを考えています。

花の写生会は5年半になりますが、皆さんおおよその絵の描き方は見当がついたようです。

楽しみな風景の写生会、また、それぞれの場所、場所で、とんな出会いがあるのか、これも
大いに期待したいものであります。


゛ 
                             *

| | コメント (0)

2012年4月13日

霞ヶ関 永田町の桜を見る

Img_0550_new


虎の門に所要があって、その帰り、強い風にあおられて、道路には桜の花びら
が、右に左に舞っていた。

その花びらの来る方を、遠くに見ると、今を盛りに官庁街に、桜、さくらの山が見えた。

風に向っていくと、特に財務省の前あたりが、ものすごい咲きっぷりを見せていました。


Img_0552_1


なおも行くと、その隣の外務省の前などは、桜の花のトンネルの様で、歩道一面、
雪が積もったかと思う程。

続く総務省、警視庁あたりも、素晴らしい桜景色が見られ、ここも立派な桜の名所でも
あるようです。


Img_0555_1


その桜の風に、誘われるように、国会議事堂の方に向いました。

正面に議事堂を見て、その手前には広い道路を、はさんで左右に国会前庭という
庭園があります。

左側が日本庭園、右側が西洋庭園で、それぞれほど良い、大きさを持ちで、それは
静かで、品が良く、手入れの行き届いた国立庭園であります。

園内からも、すぐ隣の国会議事堂が望め、写真でも、中央にちょこっとですが見えてます。


Img_0599


日本庭園には、中心部に池があり、それを囲むようにして、散歩道があり、数多くの
樹木が生育しています。

ここでも桜が結構多く、常緑樹のみどりとの、コントラストも良く、手軽に楽しめる庭園です。


Img_0598


今は一年で一番花の多い時かもしれません。

白い花は、ユキヤナギですが、丁度、桜の開花期に合わせるように咲き始めます。

このユキヤナギを、桜の下に植えてあるのを、よく見る事があります。

それは、おそらく満開の桜の木の下は、まだ、遠いい春の雪景色をイメージしている
のではないでしょうか。


Img_0561_new_2


ソメイヨシノが終わると、桜の季節は終わった。

そんな感じを持つ方も多いようですが、実はその後に咲く桜こそ、桜の中の桜と通人は
云うそうであります。

ソメイヨシノは新種も新種。

桜としては、まったく歴史が浅いものよと。

山桜と呼ばれる八重に咲く桜こそ、桜なんだと。

そういえば、カンザン、イチヨウ、ヨウキヒ、キクザクラなどなど。

もっとも、このキクザクラなどは、たった一輪の花びらは、なんと、300枚もあるそうです。

古代から桜と言えば山桜とか。

伝統を重んじる事で知られる、浜離宮庭園などは、ソメイヨシノは数本に過ぎず、大半が、
山桜いわゆる、八重桜が占めています。


Img_0562_1


日本庭園の瀟洒な池に、せり出すようにして、見晴台があります。

ベンチもほど良く置かれ、あたりの景色を、ゆっくり楽しむ事が出来ます。


Img_0563_1


ベンチに座ると、池を挟んで、正面には、数本の桜が良い位置にあり、良く刈り込まれた
つつじの緑の鮮やかさが目に入ります。

池に散った無数の桜の花びらも借景のひとつでしょうか。

中央にひときわ目だって見える、2本の木の赤い花は、カンヒザクラ。

その赤い花の、カンヒザクラに、気持ちが引かれて、一枚のスケッチを描いてみました。


Img_0585_new
国会前庭 日本庭園  25㎝×19㎝ モンバルキャンソン 絵 プッポロ 


描き始めた時は、あたりは私だけ、静か、そのものでした。

ところが、10分ほどたったでしょうか、昼休みに入ったとたんに、わっと、お弁当を持った
人々が園内に入り、たちまち、何とも賑やかな庭園になりました。

となりに座って、私の絵を描くのを見ながら、お弁当を広げている、若い女性。

何とも楽しそう。

お花見をかねてのランチです。

みなさん、この近くの国家公務員の方々のご様子。

いいなぁ ・・・・・・・・


Img_0569_new

Img_0570_new


30分ほどでしょうか、ランチの賑やかな話し声を聞きながら、とりあえず一枚
完成と致しました。

今度は日本庭園から、広い道路を横切って国会前庭の西洋庭園に向います。

お目当ては、私のお気に入りのレストラン、「かすみガーデン」での、私のランチです。

林の中にひっそりと言う感じで、あの有名な「憲政記念館」がありますが、レストランは、
その記念館に付随してあるのです。

入口には、シダレザクラ、(別名 イトザクラ) が、それは、それは、見事でした。


Img_0537_new


広々とした店内は明るくて気持ちよく、大きく開いた窓からは園内の桜が、手に取るように
見渡せます。

先ほど描いたばかりのスケッチを取り出し、それを眺めながら、いつもの通り、まず、
ビンビールをグラスに静かに注ぎます。

店長今日のおすすめランチは、Bコース メインディシュはステーキとか。

しばし、至福のひと時でありました。


かすみガーデン  

千代田区永田町1-1-1 Tel 03 3581 1655

午前11時~午後5時  ラストオーダー 午後4時

土曜 日曜 休み

国会前庭 

日本庭園 西洋庭園 ともに 午前9時~午後5時まで  

入園無料


                              ・


| | コメント (0)