2013年6月18日

那須高原で絵を描く

Img_2538_new
那須連峰を望む F4号 34㎝×25㎝ ワットマン紙  絵 プッポロ 

このスケッチを描いたのは、5月21日のこと。

もう、1ヵ月も前のことになる。

時計は午前5時20分をさしている。同室の男三人はまだ夢の中である。

その内、二人はカラオケルームに、遊びに行って、部屋に戻ってきたのは、午前1時を回った
頃のようだ。

もうひとりは手持ち無沙汰に、深夜、遅くまでソファーにもたれて、酒を飲んでいた。


今回は那須高原に仲間との一泊旅行である。

人気の宿、「ホテルエピナール那須」に宿を取り、一日目は、どこにも出掛けず、もっぱら、
温泉三昧を楽しんだ。

その2日目の朝をむかえた。

ベットの中で昨日は、そういえば一枚も絵を描かなかったなと思う。

せっかく絵の道具を持ってきているのにと思いながら、ベットから離れ、大きな窓に掛かった
カーテンを少し開けてみる。

何と、今日は雲ひとつない快晴である。

思わず気分も盛り上がってくる。

6階から見える那須連峰は、まだ陽が出ていないので、山の陰影はハッキリしないが、
もう、間もなく陽も出て、山の重なり、尾根の道すじも、きっと見えるだろうと、寝ている男三人を
起こさない様に、手早く絵の支度をして、大きくて重いガラス戸を、静かに静かに開けた。

パジャマのままだが、それ程、風の冷たさは感じられない。

ベランダには雨に濡れてもいいように鋳物で出来た、重い椅子が二脚あった。

山に向って椅子を向かい合わせに並べて、座ってみた。

目の前の椅子は道具置きと、イーゼル代わりにする。

スケッチブックは4号だから、それ程大きくはないし、それ程小さくも無い。

まず山の全体像を画面に取り込んでみる。

手前の樹林帯も描いてゆく。線は油性のサインペンである。

山の稜線が薄いブルー一色の一本の線に過ぎなかったが、樹林帯を描く頃には陽も薄く
ではあるが、射すようになり、急に山の陰影も出てきて、ひとつひとつの山の形が見えてきた。

もえぎ色と言うのか、鮮やかな新緑が本当に綺麗だと思った。

およそ30分ほどで描き上げて、部屋に入ると酒好きの方が、ひとりで、ソファーに両手を
広げて座っていて、

「あれっ もう描いたの」って。


Img_2531_new
那須平成の森 2号 25㎝×19㎝ モンバルキャンソン紙 絵 プッポロ

 
この絵のスケッチブックは、小さめで時間の無い時、また立ったままでも描きやすいので
面白いスケッチブックです。

ホテル主催のネイチャーツァーと称して、宿泊者に那須高原近辺を、ホテルのバスで
案内をしてくれる。

そのひとつに、「那須平成の森」というのがある。

一般には那須の御用邸として知られているところである。

その一部を整備しなおして、今は一般に開放されている。

園内には立派なネイチャーセンターなども設置され多くの観光客で賑わっていた。

遊歩道もたくさんあり、案内板も目立ち、広い園内でも迷うようなことはないようだ。

全体が自然林で、芽吹きしたばかりの新緑がとにかく綺麗だ。


ふと見回すと、あたりには誰もいない。

仲間もどこかで休んでいるのか、見当たらない。

出入り口はひとつのようだし、はぐれることもなかろうと、ひそかに持参したこの小さな
スケッチブックを取り出し、遊歩道脇の土手の斜面に腰を下ろし、正面の林を描いてみた。

無数の木々の重なり。

こういう絵は描いていて、実に楽しい。

単純な同じ動作のくり返しだからだ。

ペンは休むことなく樹木を描いていく。

深い森と言うのではなく、明るい高原の林だ。

きみどり色が、絵具のパレットを賑わしていく。

湿度が低いのか、色のぬりが手早くすすむ。

林の奥の奥まで、限りなく奥の奥深くまで、描き表したい。

そんな思いで、小さなスケッチブックに描いてみた。

             *


| | コメント (0)

2012年6月 1日

5月のスケッチ旅

Img_0731_new_0002


ブログも、だいぶ間が開いてしまいました。

毎年、5月は決まって、公私ともども、いろいろなイベントが多く、ほんとうに
疲れきって、まさに疲労困憊の状態でありました。

そのような状態の中でも、これだけは、少々無理をしてでもと、東京近郊の
山あいの温泉にひとり、行ってみたりしていました。

そこは、西武鉄道、飯能駅から国際興業のバスで30分ほど、私の大好きな
天然温泉 「さわらびの湯」で、あります。


Img_0732_new_0001


バスも30分に一本はあるという、非常に交通の便もいい所であります。

山の中の高台にある、バス停の 「さわらびの湯」で、降りると目の前は広々とした
駐車場があります。


Img_0735_new_0001


片隅にはベンチなども置かれたりして、帰りのバスを待つにしても、その心づかいが
嬉しいです。

このバス停からは、左に遠く名郷の里を見下ろしながら、わずか、2分か、3分で
施設に到着です。


Img_0728_new_0001


いつ行っても、同じように感じの良い、係の人たちが、出迎えてくれます。

建物は総ヒノキ造りで、何とも、ホットな気分が、味わえる所です。

そして、地元特産品が所狭しと並べられていて、それをゆっくり見るのも楽しいものです


Img_0727_new_0001

Img_0721_new_new


そのフロアから、きれいな階段を降りると、訪問者用の大きな休憩室があり、
湯上りには、ひと眠りも出来ようかと思える部屋であります。

和室、フローリングの部屋と、それぞれ大きな窓からは、有間渓谷の流れが新緑の
間から望められ、特に今の時期は新緑の美しさでおすすめです。

内風呂の浴槽は、ほどほどに広く、それは清潔そのものです。

小さめながら、露天風呂もあり、吹く風も、すがすがしく、日差しを受けた湯は、
キラキラ輝き、昼間からたとえ様も無い至福のひと時が楽しめました。


Img_0781_new
「さわらびの湯」 19㎝×24㎝  モンバルキャンソン 絵 プッポロ 


この「さわらびの湯」には、もう何度も来ていますが、この特異な形をした建物を
今まで描いた事がありませんでした。

今回は当初から温泉とスケッチをと、考えての来訪でした。

また、あのトンガリ屋根は、一階フロアーの明り取りのようでした。

邪魔にならないように、場所を取り、およそ30分ぐらいで描いたものです。

湯上りに絵を描く、それも、ほんの少し、ほろ酔い気分で、筆を走らせる・・・・・・・

それも、また、いいもんですよ。


                         &  

Img_0768_new


その一週間後、今度は私がやっています、グループで、新潟県の湯沢高原に
一泊旅行をしてきました。

高速バスで東京から湯沢インターまで行き、事前に連絡してあった送迎バスで
6分ほど、今回の宿は、この地区では人気ナンバーワンと云われる、「ホテル双葉」
さんにお世話になりました。

噂の通りの良さで、係りの人の心ずくしには、本当に嬉しかったです。

写真は宿から徒歩20分ほどの所にある、「滝沢公園」であります。

公園といっても何もないところで、ただ、沢に沿ってゆるやかな登り道は、綺麗な
新緑に包まれてそれは、それは美しいところでした。


Img_0766_new


上流に向っていくと、結構大きな「不動の滝」と言うのがありますよと、宿の人に
教えられ、みなさんと一緒に、行ってみたのです。


Img_0790_new_4


砂防ダムなどを、越えるあたりから、やや本格的な登りにもなり、ひと汗かく頃には
新緑の間から目の前に、迫力満点の、この「不動の滝」が、見えてきたのでした。

落差はどのくらいあるのでしょうか。

目測で、8メートルから、9メートルと、云ったところでしょうか。

話の通り、それは立派な滝でありました。


Pic_01_newok
この写真は「湯沢高原ロープウェイ」の、HPから拝借しました。


そして、こちらは「湯沢高原ロープウェイ」で、高原山頂に登ったのでした。

この山頂行きには、ひそかに私自信、一番の楽しみにしていたものです。

山登りを盛んにしていた若い頃、なぜか大好きな山は、上越の山、谷川岳でした。

そして、それに伴う谷川岳の近辺の山々。

その一部を、この高原山頂から、見られるのではないかと期待していたのでした。


Img_0770_new_3
「湯沢高原から望む上越の山々」  19㎝×24㎝ 2枚つづり 絵 プッポロ


案の定ここからは、懐かしい平標山(たいらっぴようやま) 巻機山 (まきはたやま)
大源太山などの名山が見事に望めるではないですか。

今回の旅行は全13名、私の「小さなハイキング写生会」の方々が、ほとんどで、みなさんと
ご一緒に描いたのが、この二枚つづりのスケッチであります。

わずかに夕陽に染まる空、そして、懐かしい上越の山々と。

爽やかな風に吹かれながら、若き日のあの頃のことを、思い出しながら描いたのでした。


                            +


| | コメント (0)

2012年1月 5日

お正月の高尾山

Img_1696_new_1_1


若い頃から山登りが好きでした。

ワンゲルクラブなるものも作り、永くリーダーも勤めたりもしていました。

それが、いつの間にか、山登りと言えば高尾山、それも年に一度か二度の高尾山になって
しまったのです。


Img_1701_new_1_2_1


その頃は高尾山といえば、裏高尾などと呼ばれている、陣馬山から明王峠、景信山
から小仏峠と、長い長いコースをたどり、ようやく、小学生などの遠足で賑わう高尾山
山頂まで来れば、まず、今日の山登りは終わったな、と、ほっとする所でありました。

それが、どうでしょう。

今では高尾山だけでアップアップの状態です。

あの強かった、山男はどこにいっちゃったんでしょう


Img_1702_new_1_1


昨日は高尾山口から稲荷山コースをたどりました。

おなじみの軽いコースだと、思いながら登り始めたのですが、最初のあの15分あまり
の階段登りの何ときつく感じたことか。

前の晩の寝不足もあるものの、それにしても足が重いのです。

それでも、昔のベテランです。

遠いい昔の経験を思い出し、どうにかこうにか、高尾山山頂にたどり着いたのでしたが、
お正月の4日、山はものすごい人出です。


Img_1703_new_1_1


山頂から西に一段低くなっている広場に行っても、ここも大変な人です。

家族連れ、友人達とのハイキング、丁度お花見の感覚ですね。

シートを引いて車座になって一杯飲んでいる。

この寒さにビールを飲んでいる人が、あっちにも、こっちにも。

 スゴイ・・・・・・・


Img_1707_new_1_1_1


最近はどこに行くにも、小さめのスケッチブックを持参しています。

どこに行っても一枚は描こうと自分に決めています。

この一段低い広場から、さらに、7分ばかり石段を下ると、もみじ台という所があります。

小屋もあり、その前が狭いですが、見晴らし台でもあるのです。

それを思い出し、下りてみました。

案の定、昔と変わらず素晴らしい展望が開けています。

今はベンチも用意され、ここまで来る人は少ないと見えて、この日も静かでした。

モンブランの小さな三脚の椅子に腰掛けて、さっそくスケッチブックを広げてみました。


Img_1718_new_1_1_1


時折、陣馬縦走コースを歩いてきたのか、元気な人たちが通り過ぎます。

その笑い声も去ってしまうと、また、あたりは静かそのものです。

サインペンを走らせ、小さな絵具セットを使って素早く着色。

これも、15分ほどで終わりにしました。

何しろ寒くて寒くて、座っていられないほどですから、大急ぎでした。


Img_1714_new_1_2_1


新宿駅を出たのが、午前10時40分の京王線の準特急。

何にしても出かけるのが遅すぎます。

そして、描き終えたのが午後3時30分すぎ。

西空は早くも夕陽のオレンジ色がやわらかく輝いています。

濃いグレーの雲も出てきて、急に風も強くなりました。


山頂からの下りは早く、あっという間にケーブル山頂駅。

そして、その駅の裏側の展望台からの東京方面をしばし眺めて、そのあと、ふたたび、
一気に、帰りは1号路を下ったのでした。


                      ・

| | コメント (0)

2010年1月27日

山登り再開は 高尾山から

Img_9132_1_1_2


はるか彼方の昔のことですが、誰が言ったのかは覚えていませんが、「山登りは
奥多摩から始まり奥多摩に終る」と。

その頃はまだまだ若くて、そんなものかと軽く聞き流していましたが、いま、そこそこの
年になってきてからは、遅ればせながらも、それは確かに、そうかもしれないなと、思う
ようになってきました。


Img_9133_1_1


山を離れてから、もう10数年にもなるかもしれません。

ふり返るとその言葉の通り、私の初めての山登りは、その奥多摩の日の出山で
ありました。

たしか、日大豊山高校2年の時でした。

特に仲の良かったクラスメイトと、こっそり二人だけで行ったものでした。

見晴らしの良い山頂のベンチで、肩を組んでセルフタイマーの写真に収まったのも、
今だに忘れられない思い出です。


Img_9135_1_1


兄の山好きに感化され、それからは低山めぐりではあったものの、東京近郊の
ありとあらゆる山に登り続けたものでした。

20代半ばに数人の友人達と、「ワンダーフォーゲルクラブ」 なる、山の会も創立させ、
その後、約25年に渡って部長も勤めたりもしました。

その当時は、お金も無く日数のかかる大きな山には行けませんでしたが、それでも
若さにまかせて、それはそれは楽しい日々でありました。

特に好きな山が谷川岳で、そして、北八ヶ岳を中心とする八ヶ岳、近くにあっては丹沢、
三つ峠、奥多摩の山々など足繁く、良くかよったものでした。


Img_9138_1_1


その永い山の遍歴を重ねるうちに、もう、山はいいかと思うようになったのには、ある年の
ある日のこと、谷川岳での、ある大きな出来事を目前に見て、それを境に山への意欲が
急に減退したのでした。

それからの長い長い、山の休止が続いているのですが、先日、自転車に乗りながら荒川で
ふと、丹沢を通して、向うに富士山を見たとき、また、山もいいかなぁと思ったものでした。

先日のこと、快晴に誘われるようにして、小さなスケッチブックをザックにしのばせて
最も手じかな山である、高尾山に本当に久し振りに行ってみたのです。


Img_9140_1_1


以前なら高尾山といえば、ひとつの通過点の山に過ぎなかった思いがありました。

京王八王子駅からバスで陣馬高原下まで行き、そこから1時間の登りで陣馬山。

眺めの良いその山頂から高尾山に向って、明王峠、景信山、小仏峠と越えて、
約5時間あまりで、高尾山に降りてくれば、今日の山登りは終りでもあった所です。

高尾山だけに登るなど、その頃は小学生の遠足でやることぐらいにしか考えて
いなかったのです。

ところが、登り始めてみますと、何だか今では高尾山だけで精一杯のような気が
したのにはショックでしたね。


Img_9143_1_1


さて、高尾山には登りのコースが三つもあり、それぞれに変化があり、選べるのも
楽しいです。

アスファルトをひいた部分もある表参道コース、沢沿いに登るしっとりとした、びわ滝
コース、そして、わずかながらも展望もある、尾根道を行く稲荷山コースがあります。

この日の登りは稲荷山コースをたどり、下りはびわ滝コースの6号路を利用しました。


Img_9142_1_1


ケーブルカー乗り場のすぐ脇から、この稲荷山コースに入りますが、その登り始めは
しばらくは結構な急坂ですが、それもわずかで、見晴らしの良い所に飛び出せば、そこが
稲荷山です。

そこからの遠景は八王子市街から、遠くは東京方面にまで望めるのです。

東屋あり、トイレありで、しばし登山者の息をととのえる所でもあります。


Img_9144_1_1


Img_9145_1_1


Img_9146_1_1


そこからは少々の下りもあり、そして再び、コナラ、ヒノキの多い樹林帯を両脇に見ながら
最近改良された登山道、階段を登りつめていきます。

まさに暖かい冬の陽だまりコース散策といったところでしょうか。


Img_9148_1_1


Img_9149_1_1


樹木の間からは時折、左に丹沢などが見られるところがあります。

コースは大きく右に回りこみ、いよいよ高尾山山頂に一気に登る、200段の
階段にさしかかります。

その途中での様子で、明るい下の広場にはベンチなどもあり、そして見上げれば
最後の急登の階段が待っているところです。


Img_9150_1_1


Img_9156_1_1


平日にもかかわらず、山頂広場には、この日もかなりの人が登ってきています。

快晴に恵まれていたのですが、いつも南に見えるはずの富士山は、まったく見る
ことは残念ながら出来ませんでした。

大勢いる見晴台の柵に寄りかかるようにして、ザックから取り出した、小さめの
スケッチブックに、この山並みを描いてみたのが、これであります。


Img_9201a_1_1_2
高尾山見晴台より  16㎝×23㎝  絵 プッポロ


中央部のやや高いのが、蛭ヶ岳 1673m、右の端の大きい山が大室山 1588m、
左端のデコボコしているのが、丹沢山 1567m です。 

立ったまま、約15分ほどで描いたものです。

やっぱり山の絵は描いていて楽しいです。


Img_9168_1_1


しばしの休憩の後、下りはびわ滝コースを歩きます。

懐かしい山頂をあとにして、時計を見れば丁度、午後2時のこと。

気温は低いものの、風はほとんどなく、久し振りの歩きにしては軽快に足が進みます。


Img_9170_1_1


Img_9171_1_1


一気に下る道は階段が多いですが、この時間になると登山者もめっきり少なくなり
山の醍醐味、山の静けさが、たっぷり楽しめたものでした。


Img_9173_1_1


Img_9177_1_1


このびわ滝コースは大半が、前の沢という名の小さな沢沿いを歩くようになります。

一年中どんなに晴天が続いても、この登山道だけは、いつも、しっとりと濡れている、
どちらかと言えば水浸しの道です。

ところどころに飛び石が置かれ、子供たちには喜ばれそうな、まさにそんな日影のコース
であり、冒険のコースといえましょう。


Img_9180_1_1


大山橋という本当に小さな橋を渡ります。

この橋から下ること約25分ほどで、琵琶滝不動堂に到着します。


Img_9183_1_1


Img_9185_1_1


Img_9188_1_1


琵琶滝不動堂は高尾山 薬王院修験者の水行場として知られ、不動堂の奥には
一本の瀟洒な滝が見られます。

この日も、この寒さの中で白装束の男性が滝に打たれていました。

そしてすぐ近くには岩屋大師といわれる祠があったりと、見所の多いのも、このコース
であります。


Img_9197_1_1


コースも高尾保養院の大きな建物が見えてくると、まもなくで舗装された道路に出て
山道は終わります。

20分ほど、ゆるやかに下ると、そこはまた人々の雑踏の中を歩くようになり、ケーブルカー
乗り場に到着して、このコースは終わります。


Img_9200_1_1


さてさて、久し振りのひとりのささやかな山旅でしたが、やっぱり山歩きは面白いです。

自分の足で、思いのままに休み、そして歩き、絵を描き、人々に触れることも多く、その
話の中に、ほのぼのとした思いも味わえました。

これから又、10数年ぶりの山旅が再開されそうです。

これまでは長い間、歩けば集団登山で、それも常にリーダーでしたが、これからは
思いのままに、静かに、そして考えながら、自分の山登りが出来たらと思っています。

                       

                     *


| | コメント (6)