« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年7月10日

絵のあとさき  最近の二枚の絵

Img_4464_new_2


その日は陽も出てはいるのですが、ごく薄い雲も広がっている。そんな感じの天気でした。

真冬の日の快晴ならば正面に見える新宿方面の高層ビル群そこから右に視線を移すと、
遠くに青みがかった丹沢山塊がうっすらと望め、その頂の上には、雪をかぶった、きれいな
富士山が見られるところです。

練馬区役所19階。私のお絵描き教室として、お借りしている室内からの眺めです。

区の職員さんから伺えば、この19階高さは、約100メートルあるそうです。

私の背後では、お絵描きに参加されている皆さんが、生花を前にして、今、真剣に
絵に取り組んでいるところです。

実に静かてきす。


Img_4463_new


定員30名という室内は、広くて、明るく、そして展望も良く、最高の会場だと思っています。

回を重ねて、約8年になりますが、メンバーは当初から、ほとんど変わりません。

非常に安定した絵画クラブといえそうです。

3時間の写生会。その成果のほどは。それはそれは、見事な出来栄えであります。


Img_4471_new
ブルーサルビア 28×38㎝ アルシュ紙 水彩


この絵は5月のお教室のときのために描いたものです。

サルビアも今ではいろんな色の花を見ることができますが、このブルーの花の色は
珍しいと思い選んで描いてみました。

ブルーと言っても、単調な青一色ではなく、わずかに赤紫が入る色調で、その色作りには
少々頭を痛めました。


Img_4469_new
デルフイニュームとりんどう  28×38㎝ アルシュ紙  水彩


6月のお教室のために描いたものです。

どちらの花も今までに何回も描いているのですが、描くたびに難しい花だと思います。

お教室では室内のため花を描くことが多いですが、私自身としては、たまには好きな所に
行って、好きな山に登って、久し振りにたっぷりと、大きな山並みを前にして、昔のように
また、描いてみたいなと思っています。


                                  *

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »