« 絵のあとさき 近頃描いた花のスケッチ | トップページ | 絵のあとさき  最近の二枚の絵 »

2016年5月19日

今年のクリスマスローズが終わった

Img_4327_new


今年の桜の開花はいつ頃か、今年の桜の開花は例年と比べても一週間以上早いみたいだ、
などとしきりに報道されていた頃、我家のささやかな庭では、すでにクリスマスローズは
満開を迎えていました。

たしか、3月初旬あたりから小さなつぼみが見え始め、そして、ふくらみと共に立ち上がってきて
楽しみな花の色ものぞき出し、ちょっと目を離したすきに、ぽっかりと花が開いて。

そんな感じで、つぎつぎと、花は賑やかさを増していきました。


Img_4329_new


一枚の花びらの大きさは、長さが5センチから6センチほど。幅は3センチあまり。

5枚がきれいに開くと、結構見ごたえもあります。

この白い花と云いたいところですが、この白い花、実は花ではなく、正式には、ガク、と云う
のだそうです。

それでは本当の花は、どこに、あるのかと云うと、おしべ、めしべがあるところに、ごく小さな
花があるようです。


Img_4331_new


普通の植物の花びらと違って、少々厚みがあります。

開花から3週間から4週間ほどすると、白い花ならば、薄い緑色に変色していきます。

その緑色になっても、それはそれで綺麗に見えます。

花が長持ちするのは、厚みがあるためで、丈夫と云えば丈夫で、ほっといても、2ヶ月たっても
そのまま花はついています。。

しかし、花が変色しはじめたら、なるべく早く切取ったほうが、株のためには良いようです。


Img_4333_new_2


赤紫色とでも云うのでしょうか、丁度満開のときに写したものです。

とってもきれいです。

白色系よりも、こちらはかなり下向きに咲くので、そのままでは花の顔が見られません。

せっかく綺麗に咲いているのに上から見ただけでは、綺麗さも半減です。


Img_4342_new


これなど、カメラを地面に置いて、ファインダーを見ないで、花に向って見当をつけて、
シャッターを切りました。

この赤紫は花つきがとてもよく、一株しかないのですが、かなりの存在感があります。


Img_4344_new


庭にあるのは全部で4株です。

白色系が3株、赤紫が1株。

1株がそれぞれ幅が40センチから50センチ近くまで、広がりますので、株数は少なくても、
これから次第に群落の様相になるのではないかと思います。


Img_4345_new


クリスマスローズの全景です。

性質は、いたって丈夫です。冬など、ものすごい寒さでも大丈夫です。

手入れも簡単で、花と同時に出てきた今年の新らしい葉は残し、地面に張り付いている
昨年の葉を毎年11月から12月ごろ切り取ってやるくらいで春先にはまた、花を咲かせます。


Img_4409_new
クリスマスローズ  38㎝×28㎝ アルッシュ紙 水彩


赤紫が最盛期を過ぎた頃、そう云えば今までに、クリスマスローズはまだ描いたことが
無かったなと思い、花茎を根元から切り取り、備前焼の花器に挿し、描いてみました。

花は全部、下向きです。ちょうちんが下がっているみたいです。

花の色もこれを描いた時はだいぶ退色をしていました。

赤紫から、ただの薄紫色になっていたのです。


そして、庭のクリスマスローズは、今は花もすっかり無くなり、地中では株が来年の花に備えて
早くも養生をしている頃かと思います。

                            *


|

« 絵のあとさき 近頃描いた花のスケッチ | トップページ | 絵のあとさき  最近の二枚の絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41269/63653988

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のクリスマスローズが終わった:

« 絵のあとさき 近頃描いた花のスケッチ | トップページ | 絵のあとさき  最近の二枚の絵 »