« 真夏の明治神宮御苑 | トップページ | 絵のあとさき 「ホテル マウント富士」からの眺め »

2015年8月25日

絵のあとさき  グラジオラスとリンドウ

Img_4077_new_new_okok
グラジォラスとリンドウ  42㎝×32㎝ 6号 モンバルキャンソン紙 絵 プッポロ


今年の夏は暑かったですね。

夏は暑いものと、決まってはいますが、それにしても、ひどい暑さでした。

その激しい猛暑続きもここにきて、ようやくやわらぎ、昼間はともかく、夜は大分しのぎ
やすくなりました。

ものすごい暑さが続く夏のときは、秋が早いなんてことを、どこかで昔、聞いたことがあります。

本当に、さわやかな秋を早く迎えたいものであります。

さて、当方のこのブログ、最近は絵を中心にした内容になっていますが、実際、私が絵の
お教室をやっていることもありますが、それにしても絵を描くのが、何だか私は好きなのです。

そこで、描いた私の絵をそのまま、このブログでも、みなさんにご紹介しながら、また、それに
まつわる文章を添えながら、進めていきたいと思っています。

これからは「絵のあとさき」という副題のもとに、たくさんの絵の中から、その絵を描いたときの
気持ちのありようなどが、うまく書けたらいいなと思っています。

「グラジォラスとリンドウ」の絵は、6月28日に描いたものです。

翌日の絵のお教室のために、夜遅くに描きました。

描き終えた時は日付が変わっていましたが、描き始めは、まだ28日でした。

お教室の当日は7種類前後の切花を用意して、お好きな花を描いていただく、これはいつもの
パターンです。

また、この絵がお手本だなんて、云うほどのものではありませんが、皆さんのテーブルの上に、
本当にさりげなく、そっと置いておくのです。

その絵をよく見る人、ちらっとだけ見る人、それだけでいいのです。

この程度の絵でいいなら、私にも描ける。そう思われたら、それは大成功なんです。

ところがどっこい、そう、うまくいかないのが、絵でもあるのですが。

たとえば、画面全体に、どの程度の大きさに描いたらいいのか、色はどのくらいの濃さで
つけたらいいのか、画用紙はどのくらいの大きさが描きやすいのか、紙質は ?
などなどが、じかにわかるのが、先程、さりげなく置いた、この一枚の絵であります。


今年でもう7年にもなる、お絵描き教室。

今では、みなさんそれぞれに、見事な絵を描かれるようになりました。本当に上手になりました。

さりげなくそっと置いた一枚の絵。

それも7年間,、欠かさず続いております。

細かいことは言わない。見れば分かるのです。

これが私のお絵描き教室の、上達法でもあるのです。


                               *

 


|

« 真夏の明治神宮御苑 | トップページ | 絵のあとさき 「ホテル マウント富士」からの眺め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の明治神宮御苑 | トップページ | 絵のあとさき 「ホテル マウント富士」からの眺め »