« 桜の季節 | トップページ | 我家にさくら »

2014年4月18日

写生会のために

Img_3020_newcccc_2
「水仙の花」 31㎝×42㎝ 6号 モンバルキャンソン紙 絵 プッポロ


少々季節はずれになりましたが、私の開いています、「小さなハイキング写生会」の
ために、描きました、2枚の絵をご紹介いたします。

水仙

一年中で一番、寒い1月中旬のことです。

この頃は花も最も少ない時だけに、水仙の花はとても、よく目立ちます。

ワンコロと散歩の時など、途中、通りすがりの、どこかのお宅の庭先で、ひっそり、
水仙が咲いていたりして、また、街中の花屋さんの店頭では、2本3本、カスミソウと、
一緒に束ねられて並んでいたりして。

その水仙を見る度に、まだまだ、さむい寒中なのに、春はもう、まじかですよと、云われて
いるような気さえいたします。


Img_2953_new
「アルストロメリア」 38㎝×45㎝ 8号 モンバルキャンソン紙 絵 プッポロ


アルストロメリア、変わった名前です。

温室で栽培されるのか、年中花屋さんで見られます。

私のお教室でも、年に3回から4回ほど、この花を持って行っては、皆さんに描いて
もらっています。

このアルストロメリアも、最近では改良が進んでいるのか、いろんな花の色が出ています。

黄色を中心にしたもの、茶系のもの、また、赤紫を色濃く出したものなど、同じ花であっても
その都度気分も変わって、描き続けられるようであります。

このお教室も開設以来、5年半になりました。

そのたびにお手本なんてものではありませんが、事前に一枚二枚描いていきますが、それが
案外、私のための大きな、お教室でもあるようです。

                                :*

|

« 桜の季節 | トップページ | 我家にさくら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の季節 | トップページ | 我家にさくら »