« 9月19日 今夜は満月 | トップページ | 新東京百景 皇居 二重橋を描く »

2013年12月10日

代々木公園に行く

Img_0263_new_2


東京の紅葉が一番きれいに見えるのは、毎年12月2日頃と言われています。

このブログでも、そのことをしばらく前にも書いたことがあります。

今回は記事としては、少々時間がたちましたが、11月11i日、わりと暖かい日でしたが、
代々木公園に、一枚の絵を描きたくて行ってきました。

しばらく歩いていない原宿の表参道の、あの、ケヤキの紅葉の様子も見てみたいと、
練馬から副都心線で北参道駅まで行きました。

いつ行ってもにぎやかな街で、通りすがりの人々のファッションも、また、立ち並ぶ
レストラン、ブティックの店と、それぞれに時代の最先端をリードする、また発信する
街でもあるようです。

見上げれば原宿駅に向かうケヤキ並木の紅葉も、まだそのときは、まばらで、陽あたり
の良い木は、すでにきれな紅葉でしたが、道路を隔てた向かい側の高いビルに陽がさえ
ぎられている木は、まだまだ緑の葉のままでした。

若い人たちと一緒に、程よい川幅の流れのように、歩道をそろって動くのも、なんだか
若返ったような気分でした。

Img_2776_new_0002
「代々木公園」 34cm×25cm F4号 ストラスモア紙  絵 プッポロ


いくらかの喧騒さも感じる賑わいも、この代々木公園の中には届きません.

静寂そのもので、時折通り過ぎるジョギングの人。シャレたロードに乗る静かなサイクリスト。

こちらはもっぱら、健康志向の人々の世界が広がっています。

秋の深まりと共に日の暮れるのも早いとき。

手頃な場所を見つけて、それも漠然と林と云うか、森と云ったらいいのか、木立が適当に
配置よく並ぶ一場面を見つけて、持参した小さな折り畳み椅子を、そこに広げたのでした。


普通、街中でスケッチしていますと、たいがい誰か脇に来てペンは何を使っているのか、
絵具はどこのメーカーのが好きか、など、いろいろ話しかけてくるものですが、この代々木
公園ではいつもまったくありません。

出来ればそのほうが絵は描きやすいですが、なぜかこの公園になると声をかけて来る人が
いません。

他の人には関心がない。人は人。私は私。お互いにかかわらないと言う人達が多いのかも
知れません

そんなことを考えながら、描いたのがこのスケッチです。

写真は描き終わってから写したしたもので、すでに夕方で、この時も結構紅葉は始まって
いたのですが、薄暗くなりスケッチの色とはだいぶ違っています。

私の「お絵かき教室」は、もっぱら花の写生ですが、来春からは、いよいよ野外をスケッチする
ことを考えています。

花の写生会は5年半になりますが、皆さんおおよその絵の描き方は見当がついたようです。

楽しみな風景の写生会、また、それぞれの場所、場所で、とんな出会いがあるのか、これも
大いに期待したいものであります。


゛ 
                             *

|

« 9月19日 今夜は満月 | トップページ | 新東京百景 皇居 二重橋を描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月19日 今夜は満月 | トップページ | 新東京百景 皇居 二重橋を描く »