« 万両を描く | トップページ | 我が家の今年の牡丹 »

2013年4月10日

八重の桜 新宿御苑

Img_2255_new


今年の東京の桜のシーズンは、あっと言うまに、通り過ぎました。

今頃は東北地方あたりを、あのソメイヨシノの桜前線は通過中でしょうか。

でも、桜は何も、ソメイヨシノばかりが桜ではありません。

少々、いさぎよいソメイヨシノが、去った後、そのあとに控えているのが、お待ちかねの八重桜。

それも飛び切り綺麗な桜の中の桜、それは、サトザクラです。

エンターテイメント的なソメイヨシノも、もちろんいいですが、小技、大技を隠し持っている山桜、
八重の桜もいいものです。


Img_2252_new


浜離宮恩賜庭園などは、ソメイヨシノなどは、あるにはありますが、大半が八重桜です。

桜こそは八重桜と昔からの伝統の様であります。

ここ、新宿御苑でも、その趣きが強いようです。

あの広い芝生広場にソメイヨシノの大桜に囲まれての、お花見のひとときも、また、いいもの
ですが、その後に続く見事な美しさ、花の芸を見せる八重桜も、なんとも楽しみなものであります。


Img_2250_new


Img_2248_new_new


Img_2245_new_0001


この新宿御苑に行きましたのが、4月8日のことです。

まず、綺麗な八重桜が、この頃から見られるであろうと行ってみたのでしたが、まさに的中でした。

新宿門から入りますと、すぐ右手に見られるのが、この一葉 (イチヨウ) という八重桜。

薄いピンク色のそれは大きな桜です。


Img_2243_new


大きな大きな芝生広場。ソメイヨシノはこの広場を囲むようにして、びっしりと咲きます。

それは見事な景観を作りますが、その花も去り、今はひっそり。

つわものどもの夢のあと・・・・・・  そんな感じです。


Img_2238_new


苑内を少し歩きますと、その辺から八重桜がぐっと多くなります。

新宿御苑には、桜が約20種類ほどあります。

早いのは10月ごろから咲き始めます。徐々に咲くのですが、この日見られたのは
薄いピンクの一葉 (イチヨウ)  濃いピンク色の関山 (カンザン) 薄い黄緑色の花が咲く
鬱金 (ウコン) 花びらの大きい福禄寿 (フクロクジュ) それに少々似ている普賢象 (フゲンゾウ)
花びらが何とも綺麗な朱雀 (スザク) そして、八重紅枝垂 (ヤエベニシダレ)などでした。


Img_2237_new_0001


Img_2236_new


Img_2235_new_0001


いずれも一葉 (イチヨウ) です。

何とも言えないふくよかな桜で、遠目に見ても良し、ほんの近くに行き、花びらを手にとって
みても、その柔らかさ、色と香り、カンザンと並んで新宿御苑の代表格の桜です。


Img_2231_new


Img_2232_new


新宿御苑にはどのくらいの樹木の種類があるのでしょうか。

桜はもとより、ハルニレ メタセコイヤ ユリノキ ケヤキ スズカケのキ  ヒマラヤシーダー
ラクウショウなどなどありますが、樹木図鑑でも持参して、ゆっくり観察してみたら面白いと
思います。


Img_2229_new_0001


Img_2230_new


この桜の名前、たしか普賢象(フゲンゾウ) ? では、なかったかと思いますが。

とても爽やか、品の良い咲き方。淡いみどりの葉も、早くも初夏を思わせます。


Img_2226_new


こんもりとした黄色味を帯びた木があります。

新宿御苑には、この鬱金 (ウコン) と言う桜が所々にこの時期見られます。

私はこのウコンの桜が、大好きです。

この花を見ると今年も新宿御苑に来られたなと、いつも思います。


Img_2223_new


Img_2219_new


桜としては少々派手さはありませんが、落ち着いた花の色とでも云うのでしょうか、以外に
この桜が好きな人って多いようです。

花には爽やかな香りもあります。


Img_2203_new


Img_2201_new


ひときわ目立つのがこの桜、福禄寿 (フクロクジュ) という名の八重桜。

なにやら、おめでたい名前です。


Img_2199_new


Img_2198_new

その花びらの厚さがすごいです。

落ちていた一輪の花びらを数えてみたら、約55枚ほどありました。

まさに見事な咲きっぷりです。

Img_2184_new


Img_2186_new


新宿御苑の代表格のひとつ、関山 (カンザン) です。

この桜、なにやら外国でも大変人気があるそうです。

桜の中でも、その色の濃さ、花の多さ、めまいがするほど圧倒される思いで、毎年ここで、楽しんで
います。


Img_2179_new_0001


Img_2178_new


先日来の風の強さでしょうか、短い枝についたまま、一輪 二輪とカンザンの小枝が落ちています。

三つばかり、それを拾って、手頃な所にベンチを見つけ、ひとまず座ります。

昨年は桜の時期に4枚ほど桜を描きましたが、なぜか今年は桜の切花に縁がなく、このまま
描かないのかなと思っていたところです。


Img_2241_new


Img_2240_new


いつでもスケッチブックは持っていまして、その日も、その機会を伺っていたのですが、
大きな桜はどういうわけか、この日は気が重く、ならばこの小さな桜の小枝で良しにするかと、
目の前を通り過ぎる人を、ちらちら眺めながら、10分程で描いてみました。

今年の桜の絵はこれ一枚とは、何ともさみしい限りですが。


Img_2171_new


Img_2125_new


それにしても、このカンザン。すごいです。

午後の3時過ぎ、あたりはようやく人影もまばらになりました。

先ほどまでの賑わいが嘘のようです。


Img_2142_new


さて、これで今年の桜は本当に最後になりました。

以前、かなり年輩の絵描きさんから、お話を伺った事がありました。

その方は桜の花が大好きで、咲き始めると、どこまでも桜を追って、地方にまで絵を描きに
出かけていました。

常に云われていました事は、桜は一年に一度しか見られない。

だから桜は一年に一度しか絵に描けない。

10年でたった10回しか描けないんだよ。

私もあと、10回は描きたいものだな・・・・・と、


しかし、その後、わずか、3回桜を描かれて、お亡くなりになりました。

昔から言われている言葉にこう云うのがあります。


   「年々 斎々花 相にたり
斎々 年々 人 同じにあらず」


毎年 毎年、桜の花は、相変わらず、同じように咲きますが、それを見に来る人達は
斎々 年々同じではないですよ。


1年1年大切にしたいものです。

                            *

|

« 万両を描く | トップページ | 我が家の今年の牡丹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万両を描く | トップページ | 我が家の今年の牡丹 »