« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月20日

ナイトランの日々

Img_1161_new


1年9ヶ月ぶりに、また、乗り始めたロードバイク。

まずは手近な城北公園に、恐る恐る行ったのが、9月11日のことでした。

それ以来、タイトルにあるように、もっと楽に、また自転車が楽しめるようにと、
連夜、ナイトランの日々 ? を、今、送っています。

日中はまだまだ暑いので、夜9時過ぎに、吹く風も気持ちいい頃に走り始めます。

自分で決めた、近所の周回コースを、3回まわり、それから一直線に野方駅まで走り、
ます。

そこから、やや、戻って、今度は西武新宿線に沿うようにしてある、かなり薄暗い直線道路を
都立家政駅近くまで走るのです。

この薄暗い直線道路の部分は、2度往復します。

走行時間は約45分ほどです。


Img_1170_new


サイクルコンピュータも、しばらく放置していたので電池切れでした。

電池を交換した際に、どこがどうなったのか、今までのデーターが、すべて消えて
しまいました。

ならば、これを機会に、今までやった事がない、その日、その日の走行データーを
ノートに記録してみようと思ったのです。

まだやり始めて、数日ですが、これが意外と面白いものだと思いました。

走行時間、走行距離、平均速度、最高速度、積算距離を、ノートに書きとめています。

連日の走行距離は、8.78キロ、 8.91キロ、 9.15キロ、 8.38キロなど、わずかな
ナイトランですが、これも続くと、なかなかどうして、昨夜まで、8日間ですが、
なんと、66.3キロにもなっているのです。


この調子でいくと、一日、8キロとして30日走って、240キロ。

天候などにより、そうはうまくいく訳はありませんが、それにしても、日々の積み
重ねは大きいものですね。

ふたたび、あの荒川サイクリングコースをめざして、しばらくは、ナイトランの日々を
続けたいと思っています。

 


                              +

| | コメント (2)

2012年9月13日

久し振りのロードバイク

Img_1101_new


ロードバイク。ジャイアントの、OCR 1、私の愛車であります。

一昨年12月、自転車仲間と多摩川方面にツーリング中、世田谷の上北沢附近で、、
後ろから来たワゴン車と接触してしまい、転倒して、右手小指の付け根を骨折しました。

その事故から、1年9ヶ月が、たちました。


Img_1104_new


その1年9ヶ月の間、このOCRの、ロードバイクには、まったく乗っていませんでした。

俗に言う、トラウマとでも、云うのでしょうか。

なんだか、自転車に乗ると、また事故を起こすような気がして、乗るのが怖い、そんな
感じが、永く続いていました。


Img_1102_new


それでも、外出の際など、信号待ちで、ロードバイクを見かけたりすると、やっぱり、
もう一度、乗ってみたいなと言う気持ちは、いつも持っていました。

それも、少しずつですが、その気持ちが最近は、だんだん強くなってきたのです。

事故の原因は、後方への確認の失敗でした。

仲間とのツーリングでは、いつもトップを走っているのは私ですが、当然ながら、うまく
メンバーが続いているか、どうかと、後方確認は、ごく普通に行っていたわけです。

ところが、その時は、振り向いた時、滅多に無いことですが、少々深く振り向いたのか、
ハンドルも、やや、右に動いたのでしょう。

すぐ近くの後を走って来た、ワゴン車と接触してしまったのでした。

少々遅いですが、それを教訓にして、振り向かなくてもいいようにと、ご覧の通り、
バックミラーをつけてみたのでしたが。


Img_1108_new


1ヶ月ほど前から、3台ある自転車の中から、BD-1 カプレオに乗り始めていました。

ごく手じかな乗り物としては、性能も良く、スピードも出て、面白い自転車ですが、
スタイルも良く、軽くて、また美しさもある、ロードバイクにこそ、自転車の醍醐味が
あるように思うわけです。

そこで、本当に久し振りにジャイアントOCRを、引っ張り出し、自宅の周り、約3キロ
ほどの安全なコースを、自分で決めて、夜な夜な、おっかな、びっくりで、2周、3周と
乗り始めていたのです。

それも、すでに半月あまりになりました。


Img_1110_new


我が家から4キロほどの所に、都立城北公園があります。

緑も多く、野球場、テニスコート、プールなども完備された、素晴らしい公園です。

つい先日、その城北公園まで、なんと昼間走るのは、1年9ヶ月ぶりに、この
ロードバイクで走ってみたのです。

慎重には慎重を重ね、スピードはひかえめで。


Img_1114_new


以前からみたら、片道4キロの距離なんて、笑ってしまうほどのものですが、今の私に
とっては緊張そのもののコースでした。

まるで初めて自転車に乗ったような気分です。

それでもコースなかば、2キロほど、車も結構走る道路を行く頃、じょじょにですが、その
自転車の感覚が戻ってきたような気がしてきました。


Img_1118_new


公園に着く頃には、バランス、スピード、左右への気配りなど、普通の状態にちかずき
つつ、あるように思いました。

事故を起こすと、本当に怖いものです。

さて、城北公園は、すでに夏の終わり。まだ暑い日は続いていますが、緑深い木陰に入れば
もう、すでに小さな秋を感じます。


Img_1120_new


9月も半ばになり、夏の賑わいは去り、さしもの公園も、すっかり静けさも取り戻して
います。

しばらくぶりに来た、城北公園ですが、見事に整備され、品の良い公園になりました。

わずか4キロ、園内をぐるぐる回っても、往復で、9キロほどの、今回の走行距離。

私にとっては、それは大きな距離でもありました。


Img_1127_new


荒川サイクリングコースも、大好きですが、自然の川の流れを見ながら走る多摩川も
また、大好きなコースです。

練馬から羽村まで、往復すると、約100キロ越えるか、越えないかの距離を平気で走って
いたのでしたが。

そして、都心を走り回る「東京シティサイクリング」も ・・・・・・・・


でも、今回のたった4キロの城北公園で、何となく又、自信がついてきました。


自転車はやっぱり面白い。 大変だけ;ど、やはり楽しいですね。

何とかまた、あの葛西臨海公園、往復で、88キロ、走ってみたいと思っています。


そうですね。  

あんがい  その日は近いかもしれません。


      

                         +

| | コメント (0)

2012年9月 4日

祭り本番 !

Img_1000_new


上空には黒い雲もあるものの、ところどころでは、小さいながらも青空も
あるという変わりやすい天気になつています。

平成24年9月1日、土曜日。

2年振りの地元、氷川神社の大祭の幕開けであります。


Img_1002_new


地元の神酒所(みきしょ) がある、錦公園に、私が行ったときには、すでに
150名ほど集まっていました。

宵宮へのスタート時間の午後5時まで、思い思いに楽しんでいる様子が
うかがえます。


Img_1008_new


私ども豊玉西町会は、よそと比べて商店も少なく、お祭りの奉納金の集まりも
少な目ですが、そこは町会長さんの人柄の良さ、幹部の方々の大きな協力で、
家庭的な雰囲気を持ち、お手伝いさんを含め、とても、ホットな感じのする町会で
あると思います。


Img_1011_new


町会長さんのご挨拶、そして、参加者全員でお祝いのお神酒で乾杯のあと、
地元、氷川神社の連合神輿、集合地に向けて、スタートしたのでした。


Img_1019_new


そろいの半纏は明るい茶色。

私も紺の横縞のゆかたに、この半纏を羽織ってお供をさせていただきました。


Img_1025_new

神酒所から、神社まで15分程ですが、途中集合時間に合わせて休憩しながら、
神社には、まだ明るい午後5時30分に到着しました。

こちらは豊玉第二町会のお神輿、威勢よく、やってきました。


Img_1035_new


こちらは豊玉第三町会のお神輿。

練馬駅前近辺の町会で、にぎやかな所、威勢の良い掛け声がひびきます。


Img_1036_new


豊玉第二町会お神輿の休憩です。

ご覧の通り、かなり大きい、立派なお神輿であります。


Img_1039_new


わずかな時間の間に、五町会、五っのお神輿が勢ぞろいしました。

氷川神社の前の道路は数百人、いや千人は超えていたかもしれません。


Img_1021_new


祭りを祝うように、打ち上げる大太鼓は、四人による大掛かりなもの。

中でもこの方が、一番の年配者、若い人を交えての、大太鼓の連打は見事な
腕裁きでありました。


Img_1030_new


ますます人が集まってきました。

氷川神社の境内には、所狭しと夜店が並び、大人から子供まで、ごった返して
います。


Img_1043_new


五台のお神輿を前にして、これから行われる、連合渡御 (れんごうとうぎょ) に
向けて、道中無事の祈願がありました。

まさに今、祭りの盛り上がりは最高潮に達します。


Img_1044_new


今年の当番である、我が西町会のお神輿が、太鼓、お囃子の山車についで
トップを飾ります。

出発は午後6時10分でした。


Img_1050_new


西町会の山車、そのお囃子のうまいこと。

太鼓の響き、笛、そして、お囃子、これがそろって、祭りが盛り上がるようですね。

あたりは、秋の夕闇が迫ってきました。


Img_1071_new


神輿が本通りに入るころ、もうすっかり暗くなり、無数の提灯の明かりも、きれいに
輝いてきました。

豊玉第一町会の粋な半纏も、明かりに照らされて、それは男ぽさを感じます。


Img_1079_new


つづいて、豊玉第三町会ですが、まさに大人の男の祭りです。


Img_1063_new


豊玉第二町会のお神輿。

これも細工の込んだ、見事なお神輿で、実にきれいで立派です。


Img_1067_new


こちらは豊玉第一町会のお神輿。

金を多用したきれいな、お神輿です。

いくらか小型ながら、デザインその造りが、実に洒落ています。


Img_1066_new


午後7時35分、本通りも、いよいよ終わりの地点にちかずいてきました。

それぞれに最後の激しいお練りが、いつまでも続きます。

金色に輝く豊玉第一町会のお神輿も遠目に見ても、本当にきれいに見えました。


Img_1080_new


総勢、数百名以上にも及ぶ、お練りのクライマックス。

天候も危ぶまれながらも、終日雨もなく、時には、涼しい風も吹き、またそれほど
暑くもなく、まずまず、大成功のお祭りでした。


Img_1058_new


我が西町会のお神輿も、最後の最後のお練りがあり、各町会入り混じっての
声援がいつまでも続きました。


Img_1092_new


午後8時。

お祭りらしい締めの、木遣りが披露され、つづいて総代表の感謝のご挨拶があり、
そして最後は千人を超すかと思える程の人たちと、一緒に三本締めで幕を閉じた
のでした。


まずは めでたし めでたしの一日でした。


| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »