« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月28日

私の愛車 ゴリラ

Img_0826


この二代目、ゴリラが我が家にやってきて、今年で14年になります。

これの前のやっと手に入れた、初代のゴリラは、約5年ほど乗ったところで、私の
ちょっとした不注意で盗難にあってしまいました。

そして、その二台とも買ったのは、上野駅近くの、バイク専門の大型店「大洋モータース」で
あります。

初代のゴリラを買ったとき、帰り際に、バイクの中でも一番盗まれやすいのが、この
ゴリラだから、充分に気をつけてね、と、言われたにも関わらず盗られてしまったのには
本当にショックをうけたものでした。


Img_0829


その後、どうしても、またゴリラに乗りたいという気持ちが強くなり、いくらも
経たないうちに、再び「大洋モータース」にお願いにいってみたのでした。

そうです、お願いをしなければ、手に入らないほど品数の少ないのが、このゴリラという
名の小さなバイクであります。

聞くところによれば、このゴリラ、ほとんど手作りなんだそうです。

要するに生産能力が極めて低く、よほどその当時、力のある大型バイク専門店で
なければ、いくらメーカーに発注しても、なかなか回ってこなかったようです。


Img_0832


モータースの社長さんは、初代のゴリラが盗難にあい、又の注文に同情はしてくれた
ものの、新たに発注しても、ゴリラがいつ来るのか、まったくわからないと、言いながらも、
目の前にある、一台の新車のゴリラを見ながら、店員に、

「これは、いつ引き取りに来るんだい!!」って奥に聞いている。

「引き取り日は、もう、とっくに過ぎているんです!!」 って、奥の方から声がする。

そのゴリラから、振り返り、私に向かって、「このゴリラ、あんた持っていきなよ」 って。

後は何とかするからさ。って。


Img_0834


なかば、あきらめていたゴリラだったが、思わぬところで、ふたたび手にすることとなり
それは嬉しかったです。

二台目だもんね。18万に負けとくよと言ってくれる。

その当時、ゴリラの定価は店頭渡しで、20万前後だったと思います。

社長の、「これは本当に大負けだよ」って、その一言は、今でも忘れられない。


Img_0837


そして、二代目、新車バイク、ゴリラに乗って、上野公園から、不忍通りに出て、
千駄木、駒込、千石、護国寺、続いて目白通りに入り、そこまでくれば、練馬まで
あとは一直線です。

このゴリラ、オートではなく、ギヤチェンジがあるから面白いです。

小さいながらも一応、オートバイの形をしているところが楽しいです。

奥多摩の小河内ダム周辺はバイクのメッカであります。

この二代目も何回か、あの周回コースを走ったものでした。

大型バイクがすれ違う時、きまって、こちらを見て、振り返ります。

恐らく 「なんだ !! 今のあの チッコイノは」 と、思っているの違いありません。

バックミラーから、それを見るのも楽しいものでした。


Img_0841


14年経っても、新車同様のきれいさです。

さびひとつ、ありません。

この二代目は、盗難を恐れて、ご覧の通り厳重に、室内で保管されています。

夏は涼しく、冬暖かく。常に一定の温度管理がなされています。 ?

雨の日は、ゴリラが濡れるから乗らない。

雨が降りそうでも乗らない。

遠いいところは、ゴリラが傷むから、電車で行く。・・・・・・

そんなことをしていたら、14年経っても、走行距離は、いまだ 3452 キロしか、
走っていません。

とにかく可愛い、我が愛車 ゴリラのご紹介でありました。


                             *

| | コメント (0)

2012年6月18日

梅雨どきの花 あじさい

Img_0859_new


今年は例年より若干梅雨入りが早かったようです。

毎年、同じように、季節の移り変わりがある、これも単純なことのようですが、
考えようよっては、とても大事なことで、世の中、これも平穏のひとつなのかも
しれません。

わが家の小さな庭にも、一株のアジサイが、地植えされています。

今年は肥料と選定が、良かったのか、なんと、14個もの、つぼみが付いて、
今、それが次々と、花を咲かせています。

一番最初に咲いたのが、この二本の花で、咲き始めてもう、2週間ほどにもなります。

ご存知の通り、この、ガクアジサイのまわりの、青い花びらは花ではなく、ガクと言って、
装飾花ともよばれるものです。

花は、真ん中の広い部分にある、小さなつぶつぶが、花びらのない花で、そこには
雄しべ、雌しべがあり、種子にもなるものであります。


Img_0844_new


その一番最初に咲いた、あじさい2本を切り取り、一年ぶりに、久しぶりに、今日、
ゆっくりと描いてみたのでした。

使用した、10号という紙の大きさは、描いていても描きでもあり、手ごたえも感じられます。

まず全体の構図を決めて、そして、バランスを見ながら位置確認をして、いつものように
油性のペンテルの「カリグラフィペン」で、まず、線描きをしたのが、これであります。


Img_0847_new


絵を描いている現場写真です。

なにしろ、ごちゃごちゃした中で、いつも描いています。

大きめの絵を描くときは、私は絶対イーゼルが必要です。

イーゼルがないと絵が描けないくらいです。

それで、今までにもいろいろ買っては使いましたが、いずれも使いにくく、ついに
見つけたのが、現在のイーゼルで、イタリア製です。

足は細いものの鉄製で、少々重いですが、実に使いやすいイーゼルです。

たしか、銀座の伊東屋で買ったもの。

もう、20年近く使っていますが。

このイーゼルのすごいところは、面が水平にもなるのです。

ですから水彩絵の具が、流れ落ちないのです。

実に良く出来ているものです。


Img_0866_new
F10号 54㎝×46㎝ あじさい モンパルキャンソン紙  絵プッポロ
 

およそ、2時間ほどで描いたのがこの絵であります。

出来、不出来はともかく、とりあえず、サインをして、日付を入れて、これで良しとします。

今日は、珍しく、さっそく額に入れてみました。

額に入れると、どんな絵でも、数段、見栄えが良くなるものです。

さて、4月にも同じ10号の大きさで、大桜を描きましたが、やはり大きな絵は描いていて、
面白いです。

そして、また、来週は私の「お絵かき教室」が、練馬区役所であります。

その時は、庭にまだ咲いているアジサイを、数本切り取って行き、皆さんにも描いて
いただこうかと思っています。

この絵も持参しますが、いくらかでも、皆さんの参考にも、なればとも思っています。


                              +


| | コメント (0)

2012年6月 1日

5月のスケッチ旅

Img_0731_new_0002


ブログも、だいぶ間が開いてしまいました。

毎年、5月は決まって、公私ともども、いろいろなイベントが多く、ほんとうに
疲れきって、まさに疲労困憊の状態でありました。

そのような状態の中でも、これだけは、少々無理をしてでもと、東京近郊の
山あいの温泉にひとり、行ってみたりしていました。

そこは、西武鉄道、飯能駅から国際興業のバスで30分ほど、私の大好きな
天然温泉 「さわらびの湯」で、あります。


Img_0732_new_0001


バスも30分に一本はあるという、非常に交通の便もいい所であります。

山の中の高台にある、バス停の 「さわらびの湯」で、降りると目の前は広々とした
駐車場があります。


Img_0735_new_0001


片隅にはベンチなども置かれたりして、帰りのバスを待つにしても、その心づかいが
嬉しいです。

このバス停からは、左に遠く名郷の里を見下ろしながら、わずか、2分か、3分で
施設に到着です。


Img_0728_new_0001


いつ行っても、同じように感じの良い、係の人たちが、出迎えてくれます。

建物は総ヒノキ造りで、何とも、ホットな気分が、味わえる所です。

そして、地元特産品が所狭しと並べられていて、それをゆっくり見るのも楽しいものです


Img_0727_new_0001

Img_0721_new_new


そのフロアから、きれいな階段を降りると、訪問者用の大きな休憩室があり、
湯上りには、ひと眠りも出来ようかと思える部屋であります。

和室、フローリングの部屋と、それぞれ大きな窓からは、有間渓谷の流れが新緑の
間から望められ、特に今の時期は新緑の美しさでおすすめです。

内風呂の浴槽は、ほどほどに広く、それは清潔そのものです。

小さめながら、露天風呂もあり、吹く風も、すがすがしく、日差しを受けた湯は、
キラキラ輝き、昼間からたとえ様も無い至福のひと時が楽しめました。


Img_0781_new
「さわらびの湯」 19㎝×24㎝  モンバルキャンソン 絵 プッポロ 


この「さわらびの湯」には、もう何度も来ていますが、この特異な形をした建物を
今まで描いた事がありませんでした。

今回は当初から温泉とスケッチをと、考えての来訪でした。

また、あのトンガリ屋根は、一階フロアーの明り取りのようでした。

邪魔にならないように、場所を取り、およそ30分ぐらいで描いたものです。

湯上りに絵を描く、それも、ほんの少し、ほろ酔い気分で、筆を走らせる・・・・・・・

それも、また、いいもんですよ。


                         &  

Img_0768_new


その一週間後、今度は私がやっています、グループで、新潟県の湯沢高原に
一泊旅行をしてきました。

高速バスで東京から湯沢インターまで行き、事前に連絡してあった送迎バスで
6分ほど、今回の宿は、この地区では人気ナンバーワンと云われる、「ホテル双葉」
さんにお世話になりました。

噂の通りの良さで、係りの人の心ずくしには、本当に嬉しかったです。

写真は宿から徒歩20分ほどの所にある、「滝沢公園」であります。

公園といっても何もないところで、ただ、沢に沿ってゆるやかな登り道は、綺麗な
新緑に包まれてそれは、それは美しいところでした。


Img_0766_new


上流に向っていくと、結構大きな「不動の滝」と言うのがありますよと、宿の人に
教えられ、みなさんと一緒に、行ってみたのです。


Img_0790_new_4


砂防ダムなどを、越えるあたりから、やや本格的な登りにもなり、ひと汗かく頃には
新緑の間から目の前に、迫力満点の、この「不動の滝」が、見えてきたのでした。

落差はどのくらいあるのでしょうか。

目測で、8メートルから、9メートルと、云ったところでしょうか。

話の通り、それは立派な滝でありました。


Pic_01_newok
この写真は「湯沢高原ロープウェイ」の、HPから拝借しました。


そして、こちらは「湯沢高原ロープウェイ」で、高原山頂に登ったのでした。

この山頂行きには、ひそかに私自信、一番の楽しみにしていたものです。

山登りを盛んにしていた若い頃、なぜか大好きな山は、上越の山、谷川岳でした。

そして、それに伴う谷川岳の近辺の山々。

その一部を、この高原山頂から、見られるのではないかと期待していたのでした。


Img_0770_new_3
「湯沢高原から望む上越の山々」  19㎝×24㎝ 2枚つづり 絵 プッポロ


案の定ここからは、懐かしい平標山(たいらっぴようやま) 巻機山 (まきはたやま)
大源太山などの名山が見事に望めるではないですか。

今回の旅行は全13名、私の「小さなハイキング写生会」の方々が、ほとんどで、みなさんと
ご一緒に描いたのが、この二枚つづりのスケッチであります。

わずかに夕陽に染まる空、そして、懐かしい上越の山々と。

爽やかな風に吹かれながら、若き日のあの頃のことを、思い出しながら描いたのでした。


                            +


| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年8月 »