« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月30日

さくらに思う

Img_0484_newkkk
さくら  41㎝×32㎝ F6号  モンバルキャンソン 絵 プッポロ

手元にある岩波書店の 「ことわざ辞典」 を、みても、桜に関する、ことわざが、
思ったより少ないないことを知った。

わずかにふたつですが、そのひとつに 「梅切らぬばか 桜切るばか」 と、言うのがあり
ますが、これなどは昔からよく言われたもので、おなじみのものですね。

梅の花芽は短い新しい枝につくから、古く長い枝を切って、形を整えても問題は無い。

しかし、桜の場合は古い枝に花芽が付くので、それを切ってしまったら花が咲かない
ばかりか、切り口から病原菌が入り、木が腐りやすくなるので、きらない方が良いと
云われています。

もうひとつのことわざは 「桜は花にあらわれる」 と言うのがあります。

普段は常人と変わらないように見える人が、何かの折に優れた才能を発揮することの
たとえとして紹介されています。

花の無い時の桜の木は、普段まったく目立たないが、一旦、花が咲けば、これ程、ひと目で
分る花もなく、その時こそ、桜の持つ力が現れる。

また 「桜は花にあらわれにけり」 と、平家物語にも歌われているようです。

Img_0496_new
けいおう桜  41㎝×32㎝ F6号 モンバルキャンソン 絵 プッポロ

さて、桜のシーズンが、今年は遅れていますが、ようやく東京も開花宣言されるようです。

以前、ある随筆家が、名前を忘れてしまいましたが、ひとりの絵描きさんのことを書かれ
ていたのを読んだ事があります。

桜の季節になりますと、その絵描きさんは、各地に桜を訪ねては、画帳にさまざまな桜を
写生するのが、大の楽しみにしていたそうです。

桜前線に追われるようにして、南から北にと写生に出かけたようです。

桜だけは温室栽培は出来ず、今ある桜は今だけの花。

一年に一度、数日だけの花です。

今を逃せば又、1年待たなくてはならない。

その絵描きさんは、かなりの高齢でもあったようで、のんびりなんか、していられない、
そんな気持ちだったのでしょう。

それでも、後、10回は桜を見たいものだ、あと10回は桜を描きたいものだと切に思ったようで
それからも、桜のシーズンになれば、遠くまで足を延ばして桜を描きつづけたそうです。

しかしながら、結局はその後、5回の桜の季節を迎えて、亡くなられたと、その随筆には
あります。

いま、考えてみますと、なんと、幸せな絵描きさんだったかと思います。

画帳に写生する。

恐らく売るための絵ではなく、これだけは、真の自分のための絵ではなかったろうかと
思えるのです。

絵描きさんでありながら、こればかりは職業とは離れた真の楽しみ。

絵描きさんにとって、これほど贅沢な仕事はありませんね。

                                 *

| | コメント (0)

2012年3月23日

新宿御苑 桜さがし

Img_0364_new

今年の東京での桜開花は、3月30日頃の予想とか。

例年と比べ、一週間あまり遅くなるようです。

満開は開花宣言より、約一週間後と言われていますので、4月5日、6日前後に
なるのでしょうか。


Img_0305_new_new


3月20日。春分の日。大好きな新宿御苑、今年に入って3回目の訪問です。

普段は平日に行くのですが、この日は祝日、まだ、花も大して無いのに、その
賑わいは大変なものでした。

芝生にシートを広げ思い思いに休んでいます。桜満開の時のようでした。

上の写真は白梅で、園内はどこに行っても今が見頃。

季節は確かに遅れているようです。


Img_0363_new

Img_0362_new


人の賑わう中を行くと、ハナニラ スイセン などが咲く中に梅と一緒にあるのが
河津桜。

遠目に見ても、そのピンクの色の綺麗なこと。花が少ないせいか、とっても目立ちます。

例年ならば、河津桜はそろそろ終わる頃ですが、今が満開の様子です。


Img_0358_new_new_0001

その隣にあるのが、競うようにして咲く紅梅で、河津桜に負けない美しさでした。


Img_0354_new_new


新宿御苑で一番広い場所。イギリス風景式庭園と呼ばれる所です。

3月20日。天候は暖かく風もなく、シートを敷いてゆっくり休むには最高の一日でした。


Img_0353_new_new


新宿御苑のお目当ては八重で咲く山桜ですが、それに並んで人気のあるのが
このソメイヨシノですが、ご覧の通りツボミは少々固いままでした。


Img_0351_new_new


大芝生の広場から大木戸門近くにある玉藻池に向います。

この池を通してみる景色もなかなかステキです。

ゆるやかにカールした橋の先には、うっすらと黄色の花が、水面に映り、これも、ひときわ
素晴らしい眺めでした。


Img_0342_new_new

Img_0344_new_new


その黄色の花は、サンシュユと言って、2月中頃から咲き始め、3月いっぱい咲くという
花時の長い花です。

花も小さいながら、品の良い美しい花で、これも好きな花のひとつです。


Img_0349_new_new

Img_0348_new_new

Img_0346_new_new


そのサンシュユの隣に寄り添うようにして、咲いているのが、このマンサクの花。

名の由来は、花がまだ乏しい時、春にさきがけて、まず咲くというところから、まず咲く
マンサクになったと言われています。

花の名前を覚えるのも結構大変ですが、このマンサクの名の由来を知れば、一度で
忘れられない花になることと思います。


Img_0341_new_new


大きなユリノキのある広場を横切り、今度は中の池に向います。

一番、人の賑わうところでもあります。

池に面してレストハウスがあり、その目の前には、一本の桜が遠くからも目立ち、それも
木全体が、うっすらとピンク色をしています。


Img_0340_new_new

Img_0339_new_new

Img_0336_new_new

Img_0334_new_new


ちかずいて見ると、それは大きな桜の木で、木札には修善寺桜と名があります。

ツボミは大きめで、やや下向きに咲く性質のようです。

まだ、ほとんどツボミの状態で、花は数えるほどで、まだ五輪 六輪ほど。

そのわずかな花を取り囲んで大勢のカメラマンが、ピントを合わせています。

日本人は、ホント 桜が好きなんですね。


Img_0318_new_new

Img_0315_new_new


中の池から下の池に向かい、フランス式整形庭園の裏側に回ります。

ここはスズカケの並木が美しい所です。

木の肌は白く、独特の剪定で、どちらかと言えば、少々不気味な雰囲気も感じさせます。

このあたりは、普段からあまり人の多くない所ですが、この日も午後3時半すぎのせいか、
あたりは誰もいません。

あと1時間ほどで閉園ですが、周りに人もいないのを幸いに、持参した椅子とスケッチブック
を、すばやく取り出したのでした。


Img_0381_new
スズカケの木  25㎝×19㎝ F2号 モンバルキャンソン  絵 プッポロ   

スケッチの位置は上の写真より、もう少し左に寄った所からのものです。

白い骨を思わせるような、樹形の列のくり返しですが、そこには右から左え向う遠近感と
もう一列後ろ側にもあること表さなければならず、小さなスケッチブックながらも気を使います。

わずかな時間でしたが楽しいひと時でした。


Img_0313_new


午後4時20分頃。

園内はほとんど人がいなくなりました。

静寂の中にアナウンスがしきりに閉園を告げていました。


Img_0309_new

Img_0307_new_new


新宿門の出口にちかずく頃、遊歩道に面して一本の大きな寒桜が、今を盛りに
咲き誇っているのを見つけた。

それは見事な大桜でした。

夕陽もだいぶ西に落ち、あたりは夕闇がせまってきています。

家路についたのか、人影もなく、しばし、この桜の前で、閉門を告げる声を聞きながら
佇んだのでした。

注   写真はすべて3月20日、撮影したものです。 

                           *

| | コメント (0)

2012年3月 6日

アイポッド タッチ

Ok_new

アイポッド タッチを、購入したのは、昨年の11月のことでした。

まさか、自分がこの iPod touchを使うようになるとは夢にも思っていませんでした。

電車などで、iPod touchとか、スマートホンなどを使っている人を多く目にしますが、
まず、自分には無縁のもとの思っていたのです。

しかし、長い時間乗る電車、長距離バスなどでは音楽の聴ける、ソニーのウォークマン
の様なものが、あれば楽しいだろうな、とは、いつも頭の中にはあったのです。

丁度その頃、山仲間との旅行を控えていて、結構長い時間をバスで移動することになった。

そんな軽い気持で池袋のLABIに出かけたのが、昨年の11月でした。

2階だったか、そのウォークマンと同じような機種が数多く並んでいる売場に上がったのでした。

どれも色鮮やかで、いかにも若い人を対象にしていると言うのが、見え見えであります。

私なりに多少の気まずさを感じながら、恐る恐る眺めていると、「何か お探しですか」と、
当然な事ながら店員さんが声を掛けてきます。

私は 「なにか 音楽を聴きたくて」 って、今、考えると、我ながら実に消極的な答えを
したものでした。

「そうですか こちらのは音楽を聴くだけですが、そちらの方になりますと 音楽のほかに
さまざまな機能を持ったものがあります  お値段もそれほど変わらないんです」

「こちらへ どうぞ」

こちらは、実に積極的です。

着いた所は、アップル社の、リンゴをかじった売場です。

「この名刺ほどの大きさのものですが カメラあり 音楽あり メールあり ゲームあり
ビデオもフルハイビジョンで、手軽に撮影できます その機能は多種多彩で 今、
一番人気です」 と、一気にしゃべった。


Ok3_new


熱心なバンクのお兄ちゃんの言いなりに、ひとまず、ここは、この機種に馴れてみようとかなと
買ってみたのでした。

が、しかし、我が家で広げてみると、使い方などの説明書が、まったく何も無い。

どうするの これ。

スイッチの入れ方もわからない。

買っても しょうがないじゃんである。

返してこようかしらとも思った。

ひどいものを売るものだとも・・・・・・・その時は思った。

その後、調べてみれば、ネット上に取り扱い方法があるのが判ったが、何ともわかりにくい。

そのうち、今度は iPod touchの解説書が、あることを知り、ふたたび
池袋のLABIに出掛けたのでした。

それから必死になって接続の段取りです。

その努力は ほんと 大変なものでしたよ。


Ok2_new


そして、使い始めて4ヶ月。

現在ではWi-Fi ネットワークを設定し無線LAN に接続しています。

当然無線LAN ですから外部ではネット接続は出来ませんが、家の中では、さまざまな
コンテンツを、今や、自由自在 ? に、利用するまでになったのですよ。

大したものだと、自分でも思っています。


それにしても、こんな小さなモノの中に、よくもこんなに高機能なものが、詰っているものだと
驚くばかりです。

お気に入りのCDはすべて、この中にダウンロード。

先日の高尾山では雪景色のビデオ撮り。

距離が、なぞるだけで簡単に測れる地図。

NHK 民放のネットラジオ。

無数にある無料のケームアプリ。  などなど・・・・・・

世の中にこんなに面白いものがあるなんて・・・・・・・・


しあわせ。

 


                             +


| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »