« 冬の桜 | トップページ | アイポッド タッチ »

2012年2月20日

新宿御苑 旧御涼亭

Img_0033_new
旧 御涼亭  3号 24㎝×19㎝


2月14日のこと。

小雨降りしきる中、また、新宿御苑に行ってきました。

とりわけ寒い日で天気もすぐれず、さぞかし人も居ないだろうと思いながら
出掛けましたが、それが、ちらほら、どころか、それ以上に入園者がいたの
にはびっくりしました。

前回行ったのは昨年の12月20日。

2ヶ月が経ちましたが、その時と植物の目立った変化はありませんでした。

ただ、入口の係りの方と少々お話をしましたが、ここのところ、何しろ花がほと
んど無いということです。

2月14日の時点では梅一本、一輪の花も見られないとのこと。

これは近年には無いとの話でした。

例年ならば、もう、日本庭園を中心にして、かなりの梅が見られ満開の木もある
はずなのに、この花の寂しさは、まずないとのことでした。

入口の近くにはロウバイの群落がありますが、わずかにそこだけ満開の黄色を
見せていましたが。

傘を差しながら、静かな園内を大芝生広場にある、イギリス風景式庭園と呼ばれる
ところから日本庭園の方に向います。

その日のお目当ては一枚のスケッチをすること。

歴史的建造物といわれる、「旧 御涼亭」を描くことでした。

この建物は以前は「台湾閣」と云っていましたが、今のパンフレットには、「旧 御l涼亭」と
なっています。

屋根が独特のトンガリ屋根。

そして、その色合いの異国情緒がなんとも好きです。

今までにも何回も描いたモチーフでもありますが、しかし、それにしても小雨ながら
雨は降り止みません。

建物を真正面から望みたいので、丁度、そこに斜面の芝生に植えられた一本の松の
下に、とりあえず入り、折りたたみ椅子を置いてみたのでした。

降りしきる雨もここでは何とか、ひとまず、しのげそうと、素早く画帳を出したのでした。

いつものレタリングペンを走らせ、超スピードでデッサンをしますが、さすがに、この雨。

細い松の葉を通して、大粒の水滴が一滴、二滴と画用紙の上に落ちてきます。

ティシュでその水滴を吸い取らせ、色付けに掛かりましたが雨の中。

湿度が高いせいか絵具が吸い込みません。


その時、通りがかりの、ひとりのたオバサマが  「あらっ ここだけは 雨がふりませんの ?」って。

降らないわけが無いでしょうがって。

どういう意味で言ったのか、いまだに私はわかりません。

おおよその色合いを覚える程度に色を付け、今度は本当に撤退したのでした。

芝生の斜面を登り、本降りになった中を傘を差し、前から一度入ってみたいと思っていた
レストラン 「ゆりのき」に向ったのでした。

雨にもかかわらず、レストラン内にも、8人程のお客さんがいます。

大きなガラス張り、その道路側に席を取り、まずはほっとします。

あまりの寒さだっただけに、迷うことなく、まず日本酒、熱燗で一本頼みます。

そして、ハンバーグカレーを注文します。

今、歩いてきた道を眺めながら、その「月桂冠」の熱燗のうまいこと。

室内は思いっきり暖かく、ふと、思い出して、今の絵の続きをここで描いてみようと
また、絵具を取り出したのです。

ハンバーグカレーを食べながら、又、日本酒を飲みながら、とっても暖かい所で
飲むほどに酔うほどに描いてしまったのが、この絵であります。


                              *

|

« 冬の桜 | トップページ | アイポッド タッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の桜 | トップページ | アイポッド タッチ »