« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月19日

エビネ

Img_0984_new_1_1


自分では花を咲かせるのは、とても無理だと思っていた、エビネの花が咲いた。

このジエビネと言われる苗が、我が家にやって来たのは、いつのことか。

それすらも忘れてしまっているほど、昔から庭の片隅にあるのだ。

その鉢は、それでも毎年春先にはきれいな葉を伸ばすのだが、花が咲くわけでもなく
真夏には結構な大きな葉にまでなる。

秋深くなると、また、いつものように、葉も枯れてゆく。

そのくり返しは何年にも渡り、牡丹の木陰に押しやられたり、ある時は、アジサイの葉に
隠れるように置かれてみたり、とかく、じゃまもの扱いほどではないが、あまり、目を掛けられる
ような事もなかった。


Img_0986_new_1_1


最初から私にとっては、コチョウランとか、エビネ類は無理な花、高嶺の花としての存在で
あったように思う。

要するにすごく難しい花だという、先入観がまずあった。

それが昨年、ふと、鉢いっぱいに大きくなった、ふたつのエビネを、もう一度見直して、
少しこの花について、学んでみようと思った。

それにはテキストが必要と、インターネットで栽培方法をいろいろ調べてみたり、「NHK趣味の園芸
よくわかる栽培12ヵ月」 の、シリーズから、「エビネ」を、購入してみたりした。

丁度、昨年、6月の頃だったと思う。

それで、大分、基本的な事が、わかってきたのである。


Img_1008_new_1_1


花は5月に咲く。

花の終わった後、6月中頃までに、大株になったものは、株分けして土を新しくして
植え替える。

その時は来年の花芽が出そうなところは、あらかじめ少し広く間を空けて植えると、
花が鉢の中心部にくる。

花が咲いたとき、見栄えも良くなるとある。

薄い液体肥料を、春と秋、固形肥料は年間通して根元に置いておく。

日差しは木漏れ日程度がいいようだ。

いろいろ、細かな手入れはあるものの、まずこれだけを心がければ、とりあえず
花は咲くようだ。

そのことを知ったのが、昨年6月頃の事で、まず花は咲いたものとして、テキストの
通り、株分けをして、二鉢を四鉢にしてみたのだった。

ハイポネッククスの液体肥料を、その時点では、まだ、果たしてそれで本当に咲くものか、
咲かないものか、わからないままに、とりあえず続けてみようと、やってみてたら、今年の
4月に、何と花芽が伸びはじめ、本当に見事に花が咲いたのである。

それにしても、教わるって事は、たいしたものだと思う。

十数年も、ほっておいた、エビネが咲いてくれたのである。

また、少々の手入れをしてやれば、それに答えるという植物って、何て素直なものであろうか。


Img_1019_newok_1_1
エビネ 鉛筆 淡彩 28㎝×19㎝  絵 プッポロ


エビネを一度描いてみたいと以前から思っていたが、我が家では咲いた事が無かったので
今まで描くチャンスがなかった。

四鉢の内、一番花を持った、この一鉢を写生してみたが、さて、来年はもっと花つきの
良い立派なエビネが、また、描けたらいいなと今から思う。

                        *


| | コメント (0)

2011年5月13日

ジャイアンツ球場に行く

Img_0936_new_1_1


京王線、京王よみうりランド駅下車。

徒歩で10分ほどで、ジャイアンツ球場に着く、と、ネットで調べた。

調布で京王相模原線に乗換えて3ッ目。

車内は乗客も少なく、京王よみうりランド駅に降りたのも、7人か8人ほど。

あまりの駅前の閑散さに、本当にこの近くに、野球場があるのかしらと不安にもなりかけた。

数人の人と歩き始めるが、その10分あまりの道はかなりの登り坂。

昔、長嶋茂雄氏が「巨人への道」と称したらしいが、それにしても、なんとも厳しい登りだ。


Img_0940_new_1_1


イースタンリーグ戦に、なぜ急に行こうと思ったのは、以前から、私の大好きな
「松本哲也」選手の、その後の活躍の程を見たかったからだ。

昨年は一年を通して、一軍のスターティングメンバーとして、外野で華麗な守備を
存分に見せてくれていた。

それは何度となく、チームのピンチを切り抜ける役目をも果たしてきた選手だ。

しんし、打撃面では、いまひとつ、精彩のなかったのも事実である。

ここ一番、一本あればなと思うことが、たびたびあった。

グランドでは、いつも笑顔のたえない、そしてさりげないオシャレをする、カッコいい
松本選手。

そのスター性をも持ち合わせている逸材。

そんな、松本選手が私は好きだ。


Img_0944_new_1_1


Img_0947_new_1_1


よみうりランドの一角にあるのが、この、「ジャイアンツ球場」。

その球場に隣接して建つのが、この室内練習場で、建物はまだ真新しいようだ。

そのわきを行くと球場入口になる。

ここに来てようやく10人ほどの人影を見て、何となくほっとしたりする。

もっとも、球場内にはすでに、200人から300人ぐらいは入っているらしいが、つい、いつもの
「東京ドーム」の、あの大混雑と騒音を見ていると、ここでの、この静けさは別世界の趣きだ。

入場料は大人1000円。

ジャイアンツ ファンクラブの「ステイタスカード」提示すると、無料で入れる。

私も一応、会員になっているので、そのカードで、ジャイアンツ球場に初めて入ってみた。


Img_0961_new_1_1


初夏の緑の山に囲まれた球場は、自然そのもので、実に気持ちが良い。

センター後方にはジェットコースターなどが、木々の緑の間から望まれる。

5月10日、火曜日。

ジャイアンツ対楽天との、イースタンリーグ公式戦である。


Img_0962_new_1_1


日頃の練習の成果をここで出さなくてはならない。まさに正念場のグランドと、云えるのかも
しれない。

それにしても試合の方は、ピッチャーの不振が目立つ。

藤井投手、朝井投手ともに、4点、3点と軽々取られてしまった。

中盤の笠原 ? 投手はまずまずの出来であったのだが。


Img_0963_new_1_1


Img_0966_new_1_1


熱心なジャイアンツファンが、盛んに声援をする。

この日、事前に報道されていた、阿部慎之助選手が、3回まで捕手をつとめた。

打撃の方では、ライト方向にフライを打ち上げただけだったが、走りの面でも、投げる方でも
すっかり持ち直した感がある。

やはりスター選手、拍手、声援の大きさが違う。

一軍合流はもう間もなくのようだ。


Img_0977_new_1_1


さて、7回から出場した、お目当ての松本選手、久し振りの目の前に見る姿である。

結果はフライを軽く一本打ち上げてアウト。

一生懸命にやっているようだが、難しいものですね。

何とか頑張って、また、あの華やかな「東京ドーム」に、スターティングメンバーとして、
戻ってきてもらいたいものです。

今度、目にする時はきっと「東京ドーム」です。


8回あたりから雨も本降りになり、帰る人も多く、私もつられて席をたった。

その時点で、8対2で、ジャイアンツは負けていた。

「巨人への道」は、なんだか今年も、なかなか厳しい様な気がする。


| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »