« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日

2010 東京シティサイクリング 試走会

Img_0134_1_1_new
都庁中庭 「都民の広場」


9月19日 (日曜日) に、行われる「東京シティサイクリング」の、試走会に行ってきました。

最近の物凄い暑さの中での走行でしたが、参加者、約30名あまり、無事に走りきったのでした。

午前8時30分、神宮外苑のサイクリングセンター前を出発し、当日のスタート地点の都庁
中庭の都民の広場に、一同、移動したのでした。

本部の日本サイクリング協会の幹事さんの方々と合流し全員自己紹介の後、コース確認の
ための試走会がスタートしたのでした。


Img_0137_1_1_new
表参道


まずは代々木公園から、原宿駅前に進み、休日の朝、まだ車も若干少ない表参道を
軽快に下ります。


Img_0141_1_1_new
青山墓地内交差点


青山通りを、そのまま横断して、左右に高級ブランドショップが建ち並ぶ南青山3丁目、
4丁目を通り抜けて、ここ青山墓地内に入ります。

試走会の時は例年ここで小休止ですが、この交差点にはトイレもあり、車の通行も比較的
少なく静かな所です。


Img_0142_1_1_new


Img_0143_1_1_new


青山墓地を抜けると、乃木坂を迂回するようにして、六本木トンネル方面に向かい、その
トンネルを、くぐると、やや狭い道を行くようになり、まもなく六本木通りに出ます。


Img_0144_1_1_new
溜池交差点


その六本木通りを左折して、谷町交差点を過ぎ、わずかで、この溜池交差点に到着します。

スタートから、ここまで、10キロ地点です。


Img_0146_1_1_new
霞ヶ関附近


溜池交差点から虎の門交差点に進み、そこを左折すると官庁街に入り、すぐに霞ヶ関
2丁目交差点で、今度は右折します。

日比谷公園の南側に沿って日比谷通りに出て、そのまま、そこを横断して前方に見える、
JRの高架下まで進み、高架手前を右折すると新橋駅前に到着です。

駅前広場は、給水ポイントにもなっています。


Img_0150_1_1_new
新橋駅前広場 烏森口


お馴染みの汽車のある広場。

例年ここでは飲料水などが配られます。

ここまでスタートから、12キロ地点です。


Img_0152_1_1_new
日比谷公園横


コースは日比谷通りに出て、北上します。

内幸町、日比谷公園わきを進んで、目の前の日比谷交差点を右折して、いよいよ、メインコースの
銀座方面へと走ります。


Img_0156_1_1_new
数寄屋橋交差点附近


ここからはコース中でも、最も華やかな所で、走りがいもある面白い所です。

休日といってもこの附近は車も多く、歩行者も多い場所です。

特に各自充分に気をつけたいものです。


Img_0159_1_1_new
万年橋


銀座4丁目交差点を過ぎ、工事中の歌舞伎座を横に見て、万年橋まで来ました。

右角の赤いリボンが東劇で、写真にはありませんが、その右側が新橋演舞場です。


Img_0161_1_1_new


Img_0164_1_1_new


Img_0166_1_1_new


Img_0167_1_1_new


直線の晴海通りは勝鬨橋を渡り、長い長い晴海大橋も渡って、そして今度は新しい木遣り橋も
越えて、さらに広い道路を行くと、道は突き当たりになり、そこを右折して東京国際展示場方面に
向かいます。

わずかな距離で国際展示場駅に到着で、そこの交差点を、また右折して、「ゆりかもめ」の高架線に
沿って北に向います。

ようするに、この附近を大きく迂回する Uターンするわけです。


Img_0171_1_1_new

Img_0172_1_1_new
有明駅附近


昨年と大きく変わったのがこの部分のコースです。

昨年まではここからお台場に向かい、潮風公園、お台場海浜公園などを回りましたが
今回はこの有明駅に回るショートカットコースで、一気に豊洲に向うようになるようです。

スタートから、豊洲まで22キロです。


Img_0175_1_1_new

Img_0177_1_1_new
深川 牡丹の地域のお祭り


豊洲からも多少コースが変わるようで、昨年までは晴海運河に架かる相生橋、隅田川に
架かる中央大橋などを、川沿いを右に左に走り抜けましたが、今回はそのリバーサイドコースが
無いようで、豊洲からは枝川に出て、下町風情の残る、地名も牡丹3丁目、2丁目などを通り
相生橋から来る463号線に出て、永代通りは門前仲町辺りに出るようです。

試走会の8月15日は、丁度、牡丹とよばれる優雅な地域のお祭りに出会って、しばし暑さを
しのぎ、ひと息入れたのでした。


Img_0181_1_1_new
永代通り


永代通りの休日はいつも本当に走りやすいです。

車も少なく人通りもなく、つい、スピードを上げたくなるところですが、そこは充分に注意したい
ところです。


Img_0184_1_1_new
皇居前


大手門で左折すれば、もうここは皇居前広場です。

長かったこのコースもここまで来れば、あと僅かです。

9月19日あたりも、晴天ならば、まだまだ暑い時であります。

暑さにも気をつけたいものですね。


Img_0186_1_2_1_new


Img_0187_1_1_new


皇居を大きく回って正面に見えるのが、国会議事堂です。

その国会議事堂わきを通って、首都高の高架をくぐって三宅坂に到着します。


Img_0188_1_1_new


最高裁判所、お隣の国立劇場を過ぎると半蔵門の交差点。

そこを左折して、麹町、四谷駅前と走り、今度は四谷3丁目の交差点を、また左折して
信濃町駅経由で、神宮外苑のゴールとなります。

この辺りも昨年とコースが変わったところです。

例年コース走行距離は、だいたい、42キロといわれていましたが、今年は36キロとのことです。

今回、短縮されたのは、お台場周辺と、隅田川リバーサイドコース辺りで、その変更によって
走行距離が多少短くなったようです。


しかし、これはあくまでも先日行われた、試走会でのコース予定で、近いうちに行われる
幹部の方々と、スタッフ全員集まっての打ち合わせ会においては、まだ若干のコース変更が
あるかも知れません。

スタッフとしてのお手伝いも、今から楽しみです。

そして、ご参加の方々、くれぐれも、お気をつけて楽しんで下さいませ。

この日の総走行距離  62.73キロ


                      +

| | コメント (2)

2010年8月11日

葛西臨海公園 真夏の一枚

Img_0129s_newok
葛西臨海公園にて F6号 41㎝×32㎝ 絵 プッポロ


葛西臨海公園といえば自転車好きにとっては、荒川サイクリングコースの終着点と
言ったイメージがあります。

昨日はジャイアントOCRで、走っても良かったのですが、それにしても、この暑さ。

無理をすることもないかと、久し振りに電車で行ってみました。

その目的は、夏の絵一枚を描くことでした。

上の絵がそれであります。

夏休み中のことで、さぞかし公園も賑わっているだろうと想像はしてはいましたが、
その想像を上回る混雑ぶりでした。

賑やかな園内を足早に迂回して、東の外れにある野鳥園に向い、その脇から石畳の
ひかれた細い道を入り込んで行きます。

すると、すぐ目の前には遠浅の広い海が見渡せる所に出るのです。

ここまで来ますと、さすがの賑わいも、人の声も届かず、静かで、それは別天地で
あります。

東京ディズニーランドが、遠くに望めるここは、私のお気に入りの場所でもあり、すでに
何度かここを拠点にしては、左右の風景を描いてきました。

向うに見えるホテルには、もちろん泊まったことはありませんが、ざっと地図で確認しますと、
左から、サンルート、東急、ヒルトン、オークラ、シェラトンのそれぞれのホテルのようです。

ここで、1時間半と決めて、背後の雑木の日影を選んで、携帯椅子のグリベル モンブランを
広げます。

スケッチブックも、F4号ぐらいでしたら手持ちでも充分ですが、このF6号ともなりますと、
結構重さもあり、イーゼルも欲しくなります。

そればかりではなく、片手があくので、ゆったりした気分で描く事が出来ます。

イーゼルに載った真っ白の水彩紙。

それに向き合った時、いつものことですが、今日は描けるだろうかと、一抹の不安が
よぎるのです。

出来るか出来ないか、わからないが、とりあえず、描いてみようで、描いているのです。

青い空に、青い海。

気温34度の暑い中でのスケッチでしたが、いくらかでも、現場の涼しさが表現できた
でしょうか。


実景は写真でお見せするのですが、今回初めてカメラを忘れてしまいました。


葛西臨海公園には、いくつかのレストランがありますが、お好みなのが、現在は、
ホテルオークラがやっています「ホテルシーサイド江戸川」の中にあるレストランで
あります。

ところが、スケッチに少々時間が掛かり、ランチタイムの午後2時30分までに間に
合わず、水族園のレストランで、遅い昼食となりました。

大混雑が続く喧騒の大型セルフサービス店ですが、ようやく席を見つけ、ほっと一息ついた
のでした。

そして、いま描いてきたばかりの、スケッチブックを、こっそり広げて、この青い絵に向って、
手にしていた、生ビールを、祝杯として、ささげたのでした。


                    ・

| | コメント (0)

2010年8月 7日

東京シティサイクリング 2010

Img_6184_1_1_newa
2008年9月21日 都庁 都民広場にて。


日本サイクリング協会主催 「東京シティサイクリング 2010」が、今年も9月19日(日曜日)
に、行われます。

毎年参加者が増え続けている、この大会も、9回目を迎えました。

募集人員今年は2500名。

6月よりエントリー開始でしたが、今日 ( 8月7日 ) 現在では、すでに、8時スタート、8時30分
スタート、9時スタートのクラスは、早くも定員に達して受付けを終了しております。

残る7時スタート、7時30分スタートは、若干の余裕があるようですが、ご参加ご希望の方は、
どうぞ、急ぎ下さいませ。


Img_8462_1_1_newa
2009年9月20日 都庁 都民広場にて。


街にやさしく 東京再発見サイクリング、と題した、この「東京シティサイクリング」。

当日は、新宿都庁中庭、都民広場で、スタート前にオープニングセレモニーがあり、5つの
時間帯のグループごとにスタートします。

スタートからゴールまでの自分の持ち時間は、どのスタート時間でも同じで、2時間遅れの
9時スタートでも、ゴールの締め切り時間も2時間遅れとなります。

昨年から実施されたこの方法で、昨年は、ひとりもショートカットコースに回されずに全員
完走されたようです。

今年もこの方法がとられるものと思います。


Uni_1556_newa
2009年7月19日 試走会にて 「東京サイクリング協会」HPから借用 


「東京シティサイクリング」は、本部の日本サイクリング協会の主催ですが、地元の支部の
東京サイクリング協会が、全面的に協力して行われています。

昨年初めてスタッフ側に回りましたが、今年は特に参加者が多いとのことで、再びスタッフ
として、協力させていただくことになりました。

一般参加者として、また、スタッフとして、その両面を経験してきましたが、さて、どちらが
面白いかと問われれば、それは、どちらも面白いと、私はお答えします。

まず、安全第一に、どなたも、どなたも全員が怪我のないように、楽しく笑顔で、40キロ先の
ゴールの神宮外苑に無事に到着するよう願うばかりであります。

そのための、わずかな一助にでもなれれば、それに越した喜びはありません。

Uni_1557_newa
2009年7月19日 試走会 お台場にて 「東京サイクリング協会」HPから借用


毎年コースは多少の変更があるようです。

そのコースの確認の準備会と言いますか、試走会が、この8月15日に行われます。

上の写真、2枚が昨年の試走会の時の、スタッフ一同の集合写真です。

本番と同じ、都庁内、都民広場からスタートして、ひとつひとつ、コースを確認しながら、
ミーティングしながら、都心をひとまわり、和気あいあいの中にも、どうか大会中に事故など、
無い様にと確認作業も真剣になります。

そして、9月7日には文京区民センターにて、スタッフ全員集結して、本部の日本サイクリング
協会の幹部の方々との会議にのぞみます。

一般参加の方々とは、また違った、暑い暑い夏が、しばらく続きそうです。

お問い合わせは  日本サイクリング協会

エントリーお申込はこちらまで  「東京シティサイクリング」


                      *


| | コメント (0)

2010年8月 5日

試しのサイクリング

Img_0070_1_1_newok

荒川の岩淵水門まで自宅から、約45分ほどで来られるようになりました。

以前は西台駅前を通り、笹目橋と戸田橋の中間あたりから、荒川サイクリングコースに
入っていましたが、最近は板橋の前野町、小豆沢あたりを通り、赤羽駅を通過すると、
もうすぐ新荒川大橋で、目の前がこの岩淵水門です。

このコースにしてからは20分ほど時間短縮したでしょうか。


Img_0075_1_1_newok


今回はいろいろ試しながらのサイクリングです。

そのひとつに、この3月に購入したサドル、スペシャライズド BG2 Pro の、使い
かってを試すものです。

初めて手に取ったときは、見た目のスタイルは良いのですが、全体にかなり固めで、
はたして、実際に乗ったとき、痛みはないのだろうかと。

スペシャライズド ボディ ジオメンタリーと、云われるものだから多分大丈夫だと思いますが、
だが、やはり実際に乗ってみなければわかりません。


Img_0077_1_1_newok


この白黒のサドルも購入してから、ジャイアントOCRに付けては、いたのですが、
いざ、ロングライドの走りとなると、やはり不安が先にたち、いつものサドルに戻して
走っていたのでした。

だが、割と高い値段でもあり、使わないのも残念だし、第一、もったいない。

そこで、今回のサイクリングに合わせて、最近、連夜、家の周辺を、このサドルを
付けて、試しの走りをやってみたのでした。

一応、いつものサイクリングスタイルで、レーサーパンツもパールイズミの3Dパット
付きを着用し、およそ10キロほどの距離を周回するのです。


Img_0080a_newok


自転車に乗れば一枚は絵を描く、これを自分に義務ずけています。

今回はサドルの具合が、どうなるのか、わからないので、スケッチブックも、ごく小さい
ハガキサイズのものを、タラスブルバの、これもまた、小さいウエストバックに忍ばせて
走ってきたのでした。

とりあえず、岩淵水門を中心にして、鉛筆のみのスケッチとします。

色ぬりは自宅に帰ってからと、軽く描いてみたのが、上のものであります。

しかし、色を塗らないとなると、どうしても鉛筆の線を、よけいに描き過ぎてしまうようです。


Img_0088_1_1_newok


これが実景です。


以前にも、F6号という大きめのスケッチブックに、この水門を描いた事があります。

荒川サイクリングコースの中でも、一番の景色の良い所と、私は思っています。


Img_0091_1_1_newok


鹿浜橋を渡って左岸に行きます。

そして、少し上流に向って行くと、サイクル仲間には良く知られている、レストラン
「さくら」があります。

我が家からここまで、約1時間ほどです。

時間があれば、食事に来るには丁度良い距離で、ここも、私の楽しみのひとつであります。

本日のオーダーは、「ミックスフライ」 の、ランチで、850円。

いづれも揚げたてで、おいしく楽しく頂きました。


Img_0094_1_1_newok


35度を超す猛暑の中を走ったのには、もうひとつの試しがあったのです。

レーサーパンツの着用の仕方とでも云うのでしょうか。

サイクルネットショップの説明文の中にはレーサーパンツは、じかに履くこととあります。

下着などをつけると、それによって出来るしわなどが、痛みになりやすいと云われます。

あくまでもレーサーパンツは、そのまま肌にじかに着用とあります。

ところが、これがなかなか私には抵抗がありました。

普段、走るときには、オムのビキニを履き、念のためにパールイズミの薄いパットの付いた
メッシュのパンツを履き、その上にパールイズミの例の、3Dパットのレーサーパンツを着用
していました。


Img_0097_1_1_newok


しかし、サイクルネットショップの文にもあるとおり、素肌にじかに履くは、私にとっては
大いなる希望でもあったわけです。

出来ればそうしてみたい気持を、いつも持っていました。

そこで、今回の試しのサイクリングに合わせて、連夜の周回コースでも、いろいろテストを
してみたのです。

まず、始めにいつもの、オムのビキニはやめてみる。

あれっ 履かなくてもなんでもない。

痛くないのです。


数日後、今度はメッシュパンツのパールイズミも、やめてみた。 

これでも、何だか大丈夫みたいだ。

そこで初めてジカパン ・・・・・・ ジカにレーサーパンツだけで、白黒のスペシャライズドでの
周回が始まったのでした。

多少スカスカするものの、連日、5キロ、10キロ走ってみても、大した痛みは感じないのです。

走行中、サドルの上を、前後に位置をずらしたりしますが、そのくらいのことで、ほとんど何でも
ないのです。

これは軽快でもあり、実にさわやかです。

そしてこの日、往復で25.75キロという、やや短いコースではありましたが、まずまずの走りが
楽しめたのでした。

さて、長い間の念願であった、この軽いスタイルで、これからは、いけそうであります。


Img_0002_new_1_1
岩淵水門  19㎝×15㎝  絵 プッポロ


ものすごい暑さの中、さすがに荒川サイクリングコースも、ロードレーサーは数人見かけ
ただけでした。

我が家に帰りシャワーを頭からかぶり、そして、ひと息ついて、先ほどのスケッチに着彩です。

以前描いたスケッチの色合いを、たよりに色を付けたのが、このスケッチであります。


8月もまだ初旬、これからの暑さにも、みなさま、充分に、お気を付けられますように。 


                                *


| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »