« 初夏の 「さわらびの湯」 に行く | トップページ | りんどうと、ききょうを描く »

2010年7月 8日

東京スカイツリー工事現場を視察する

Img_9869_new_1_1


東京スカイツリー。

完成は2011年12月。遅くとも2012年春と言われています。

その工事半ばにも、かかわらず早くも観光名所となり、休日などは観光めぐりの
ひとつにもなっているそうです。

さて、その建設現場は、墨田区押上。

最寄の駅は東武伊勢崎線、浅草から一つ目の業平橋駅。

まさにその何でもなかった業平橋駅前に、世界一の高さを誇るタワーが今、出現したのです。


Img_9870_new_1_1


遠目には、荒川サイクリングコースから、このスカイツリーを見たことはありましたが、
その実際の大きさはどのくらいのものか、それは想像の世界でしかありませんでした。

あたらし好きの私としては、その建設途中をも、見てみたいものと、先日30度を越す猛暑の
中を電車で行ってみたのでした。


Img_9877_1_2_new

Img_9874_1_1_new


この東京スカイツリー、どこから見たらカッコよく見えるか。

よく見えるように一番前で。こればっかりは、そうはいきません。

近くでは、あまりにも高くて上を見る事が出来ないのです。

真下の業平橋駅のホームからですと、自立で見上げる事は出来ません。

何かにつかまらないと、本当にひっくり返ります。

ホームにも張り紙があり、ここからは見上げないで下さいと。

そして、電車が来て危険ですと。

上の写真は北十間川に沿って、下流に向かい、まもなくで隅田川に合流しょうという、
源森橋からのスカイツリーです。

偶然に通りかかったのでしたが、知られている場所なのか、数人の方が、すでにカメラを
向けていました。

川に浮かぶ屋形船、両岸に生い茂る樹木のみどり、風流な趣が見られます。

そして、カッコいい東武の特急、スペーシァを待つこと10数分。その暑いこと暑い事。

写真を撮った後、あまりの暑さで目まいがして、思わず橋の欄干にしがみついたという
大変な一枚の写真であります。


Img_9880_1_1_new


源森橋から北十間川、これは下流方面を見たところです。

正面に見えるのが源森水門で、その後ろが、もう隅田川です。

このあたりは向島、本所、業平と、昔から落語に芝居にと、題材になる物語が数多く
生まれた所としても知られ、言うなれば由緒ある歴史の土地柄でもあるのです。

幹線道路を一歩、中に入れば、別世界の静かな下町の暮らしの隣に、ある日、突如として
世界一の高さの建造物が出現するという。

この大変なギャップをこれからどのようにして、普段の暮らしの中に融合させていくのか。

下町の気風の良さで、うまくいくといいですね。


Img_9881_1_1_new

Img_9882_1_1_new


あまりの暑さで、私の大好きなレストラン、吾妻橋のたもと、アサヒビールレストラン
「フラム ドール」 に、急いで駆け込みました。

丁度ランチ時で、大きな店内もほぼ満席状態。結構なことであります。

ランチは1000円前後で、毎日、7種類か8種類のメニューが用意されていて、それを
選ぶのも楽しいものです。

その他に、サラダ、一品料理、さまざまなソフトドリンク、ショートケーキなど、バイキングが
付くのも嬉しいものです。

アサヒビール直営レストランならではの、生ビールの旨さも、又、格別です。


Img_9884_1_2_new


赤い欄干の吾妻橋を渡って浅草に向います。

振り返るとここからも、いい具合にスカイツリーが見られます。

この、たった一本の塔が、いま、東京中の景観を一気に変えようとしている、そんな
風にも思えます。

黄色のビルが、アサヒビールのメインタワー、その右の黒いビルが、「フラム ドール」の
建物です。


Img_9885_1_2_new


Img_9886_1_2_new


浅草生まれの私としては、観音様ははずせません。

しかし、最近、特に気になるのが、本堂に向う仲見世での人の話し声。

聞こえてくるのはほとんど外国語です。

かなり前から感じてはいましたが、特に最近の浅草には日本人がいないのでないか。

いることはいるんでしょうが、さがさないと見つからない。そんな感じがします。


私のふるさと浅草が、今や、だんだん遠くなる・・・・・・・・  そんな感じです。

                     +

|

« 初夏の 「さわらびの湯」 に行く | トップページ | りんどうと、ききょうを描く »

コメント

私も去年の9月から四度ほど行ってます.きっかけは、パリのエッフェル塔の建設途中の写真だったか絵をみて、出来たらいつ行っても同じだと思い機会があると行っています.大分写真を撮りためて、お店にも何枚か飾っています.小さなハイキングいけたらいいな〜と検討中です.その節は宜しくお願いします.sun

投稿: tom | 2010年7月15日 08時55分

tomさん。
東京タワーが開業して数日、すぐ出掛けたのでした。
しかし、エレベーターは長蛇の列で階段ならば、すぐ登れますの案内で、あの鉄骨むき出しの階段をこわごわ登ったものでした。
懐かしい思い出です。

今度のスカイツリーは階段を登らせるのでしょうか。
登ってみたい気持ちも、まだ残っていますよ。

8月の現場視察会、時間がありましたら、どうぞご参加下さい。


投稿: プッポロ | 2010年7月15日 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の 「さわらびの湯」 に行く | トップページ | りんどうと、ききょうを描く »