« 初夏の風 多摩川で一枚スケッチする。 | トップページ | 新しいサイクルジャージは 「シマノライン」 »

2010年6月14日

練馬区役所 19階の「お絵描き教室」

Img_9784_new_0001_1_1

東京地方も今日、梅雨入りしたそうですね。

これからしばらくは、うっとうしい毎日が続くわけで、何ともやりきれない思いです。

その小雨が降り続くなか、今日は私の「お絵描き教室」の日でした。

全12名という、少々静かな参加者でしたが、まずまず落ち着いたしっとりとした、
いい雰囲気のお教室でした。

会場の練馬区役所19階の窓からは、もちろん、どんよりとした梅雨空です。

新宿、中野方面を見たところですが、都庁も中野サンプラザもグレーの雲の中です。


Img_9788_new_1_1


かなり広い室内です。

全体が白地に覆われていて、とても明るいのです。

だから、微妙な花の色合いが正確に、鮮やかに見られるのがとてもすばらしいです。

ところで、今回はピンクの花が多かったのですが、実は描くほうにとっては、このピンク色は
とても厄介な色なんですね。

ピンクを単色で使った場合、ピンクそのものには、色に深みがないだけに、絵が軽く
なってしまうとでも云うのでしょうか、薄っぺらな絵になりやすいのです。


Img_9806_new_1_1
ゴテシャ  F6号  32㎝×42㎝   絵 プッポロ


今回、私が前日描いて行ったのが、「ゴテシャ」 ? という名の花です。

これには手こずりました。

油性ペンで線描きをしたまでは、まずまずでしたが、ピンクの色塗りに入ったとたん
困ったことになりました。

ピンクの中に濃いピンクを、それもぼかしながら入れていく。

その段階で、色がこんがらかってしまったのです。

花屋さんから買ってきたばかりで、花がまだ良く開いていない、本来の花の形が
見えないうちに描いたのもありますが、とにかく本当にギブアップでした。

どっちにしても、ピンクの花は難しいです。


Img_9789_new_1_1


3時間の「お絵描き教室」。

それぞれみなさん、ステキな水彩画が今回も出来上がりました。

比較的年輩の方が多いのですが、ひとりひとりが、真剣そのものです。

もっと早くから始めれば良かったと、みなさんよく云われますが、まだまだ大丈夫。

一枚一枚の意気込みが違うのです。

だから若い人達から見ても、その上達の速さは数倍と言ってもいいでしょう。

それだけに私としても、とってもやりがいがあります。

一枚一枚の絵が、この方々にとりまして、後々、かけがえのない大切なものになる事と
思います。


外はまだ雨。

前方中央に晴れていれば富士山が、とっても、きれいに見えるところです。

あの夏の空が待ち遠しいですね。


                         *

|

« 初夏の風 多摩川で一枚スケッチする。 | トップページ | 新しいサイクルジャージは 「シマノライン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の風 多摩川で一枚スケッチする。 | トップページ | 新しいサイクルジャージは 「シマノライン」 »