« 第7回 「東京センチュリーライド」を走る。 | トップページ | 真打昇進 三笑亭可龍さん。 »

2010年5月13日

風景スケッチ 昭和記念公園

Img_9662_new_1_1


私の「お絵描き教室」も、早いもので、もう1年半を越えました。

切花を毎回用意しては、それも5種か、6種類ぐらい揃えては、お好きな花を選んでは
約3時間ほどかけて描いていただいていました。

これからも、お花の絵は続くのですが、最近はみなさんから風景スケッチのご希望も多く
なり、さて、それではということで、あらかじめ用意万端ととのえて、先日は、あの昭和記念
公園に出かけたのでした。


Img_9663_new_1_1


ご参加の方々、風景スケッチは初めての方がほとんど。

とりあえず一番最初が肝心です。最初の一枚がうまくいかないと、あとが続かないものです。

まずは自信を持っていただくこと。これが第一条件です。

ひとり、ひとりに初歩的な線描きによる構図のとり方からアドバイスが始まります。


Img_9666_new_0001_1_1


当初、場所の選定にもこだわりました。

難しい所はまだ先で、単純であっても見た目がいい。そうそう、そう云う場所など
あるわけではありません。

第一回はとりあえず、私の好きな場所、ここなら何とかなると、昭和記念公園の
一本のケヤキの木に決めたのでした。


Img_9667_new_0001_1_1


まずは画面中央に一本の水平線を、左から右に向ってスーッと、柔らかい線を引いて
いきます。

線の下の部分は一面の芝生の部分。

線の上は遠くにある桜の園の樹木林との境にします。

その遠くの一本の線が自分の目の高さ、目線でもあります。

次に一本のケヤキの位置をこの辺でいいかなと思う所で、木の高さを考えながら、
縦線一本で地面に向って線を引きおろします。

次に右手に見える、やや小形のモミの木も、同じように高さを比べながら、地面に
向って一本の線を引きます。

遠く離れた桜の樹林帯を、低めに波状にぎざぎさと、左端から右端に描きすすめます。

これで全体のバランス、構図の本体が出来上がりです。

そして今度はケヤキをよく観察して、幹を描き枝をのばして、葉をかたまりとして描く。

これをひとり、ひとりに、この日の参加者10名に説明していくのです。


Img_9450_new_0001_new_1_1
昭和記念公園  一本のケヤキ F6号 2010年3月16日 絵 プッポロ


このスケッチは、今年3月に現地に描きに行ったものです。

すでに、このブログでもご紹介済みですが、今回の風景スケッチに先がけて、
みなさんの参考になればと描いたものでした。

実際の4月の「お絵描き教室」は、雨で中止。

1ヵ月遅れになったため、季節がずれてしまい、持参したものの、あまり参考には
ならなかったかもしれません。

ただ、木の配置、雰囲気などは見ていただけたようです。


Img_9676_new_1_1
昭和記念公園  F4号 2010年5月10日  絵 プッポロ


おひとり、おひとりにアドバイスに終始し、なかなか自分の絵を描く時間が取れません。

それは当然ですが、それでも一段落したところで、急いで描いてみたのがこの絵です。

4号という、やや小さめのスケッチブックに超スピードで、20分ほどで描いたものです。

今回ご紹介している他のものは、すべてF6号とやや大きめ作品で、ひとり、じっくりと
時間も約2時間以上は掛けたもので、超スピードのものとはやはり違うようです。


103_0319_new_1_1
昭和記念公園  F6号 2002年7月9日 絵 プッポロ


今までに描いた昭和記念公園をあわせてここに、ご紹介してみます。

8年前の作品。

自分でいうのも可笑しいですが、一番のお気に入りのものです。

緑が一年で一番きれいな時でしたが、あまりにも暑くて描いていて、頭がぼんやり
したものでした。

通りすがりの方から、大丈夫ですかと声を掛けられたりして・・・・・・

描いたあとの売店で飲んだ生ビールのうまかったこと。

妙なことを覚えているものです。


101_0133_new_1_1
昭和記念公園  一本のケヤキ 2004年3月9日 絵 プッポロ


この絵も私の大好きなものでした。

しかし、今は私の手元にはありません。

もう5年ほど前のこと、親しくお付き合いをしていた、ある青年に差し上げたのでした。

それは、たった一枚の紙ですが、そこに何がしかの丹精を込めた絵を描きとめますと、
それはまるで私の分身のようなものが、そこに生まれるような気がするのです。

私の手元からその絵が離れていく、考えただけでとてもさみしい気もするのです。

所望されることも時としてありますが、丁重にお断りします。

しかし、その青年には、それを越えたものを私は受けたのでした。

病苦の中での、心の温かさと、励ましを。

たかだか一枚の絵で済むものではありませんでしたが、私の心の一部を、その
青年に渡したかったのです。

今は懐かしい一枚の絵であります。


                          ・

|

« 第7回 「東京センチュリーライド」を走る。 | トップページ | 真打昇進 三笑亭可龍さん。 »

コメント

今回は残念でした.お一人お一人のご指導ご苦労様でした.皆さん素晴らしい絵がかけたことでしょう.次回を楽しみにしております.sun

投稿: tom | 2010年5月14日 09時47分

tomさん。
みなさん素敵な絵が描けましたよ。
先の見込みは充分です。
私自身もっと勉強しなければと思っています。

次回はどうぞお出掛け下さい。

投稿: プッポロ | 2010年5月14日 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回 「東京センチュリーライド」を走る。 | トップページ | 真打昇進 三笑亭可龍さん。 »