« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日

風景スケッチの楽しみ

Img_9381_1_2_1


1年半にわたって利用させていただいた豊島園の練馬区立向山庭園が、3月末を
もって建替えのため終わることになった。

写生会でお借りしている、この20畳の和室からは、眼下に池が望まれ日本庭園と
見事にマッチしている。

あらためて部屋を見回すと、どこも総ヒノキ造り、建具なども手入れが良かったせいか、
それは古さの中に美しさすら感じた。

地震に対して不備があるとのことで、建て替えが決まったようだが、なんとももったいない
気がする。

他には10畳間、別棟には瀟洒なお茶室もあり、玄関の広さといい廊下の広さと言い、
純和風の木造平屋建ては、もう文化財にとでも、言えそうな建造物だが、役所のやる
ことは、よく判らないことが多い。

2年後の2012年5月1日に新築で再開と決まっているが、願わくば、現在の素敵な和風
庭園に似合った建物が、ふたたび誕生されますように。


向山庭園での、最後の写生会風景です。


Img_9395_1_1


さて、私が開いている写生会も、いよいよ風景画に入ることになり、その第一回が、
4月中旬 「国営 昭和記念公園」 で行う予定。

目の前にある生花を描くのと違って、奥行きも幅もはるかに視界が広い風景となると
若干のテクニックも必要となる。

例によってお手本と言うわけではないが、先日、事前に一枚描いてきた。


Img_9397_1_1


立川駅から徒歩で15分ほど、正面入口のイチョウ並木は、まだ芽がかたく冬の趣だが
梅林に入ると、今が盛りの感じで、ここには早くも春が来たようだ。

梅の種類はとても多いが、私が好きなのは紅千鳥と言う名の梅である、

花こそ小振りだが、真紅と言われる、その赤がひときわ目立つ、個性的な美しい梅だ。

ここでも、探してみたが、植えてないのか目にしなかった。


Img_9399_1_1


その梅の下には地面を覆うようにして、水仙が咲いている。

形は小さいが、カメラマンにも、その可愛らしさに人気があるようで、沢山の人が盛んに
三脚を立ててはポイントを狙っていた。


Img_9400_1_1


梅に良く似ているが、こちらはももの花。

花びらが幾重にも重なり、ふくよかな柔らかさが美しい。


Img_9401_1_1


Img_9402_1_1


木にへばりつくようにして咲く小さな花。

たとえば早春、一番に咲くマンサクの花、その後に続くレンギョウの花。

そして、ここに見られる、サンシュの花と、いずれも花は小さく、どれも色は同じ黄色と
いうのも面白い。

梅の紅千鳥もそうだが、なぜか私はこの、ごく小さな花たちが好きだ。


Img_9404_1_1_1


そして、お目当ての写生地のこと。

ご存知の通り、広大な面積を持つ 「国営 昭和記念公園」。

その中でも一番の広さを持つのが、「みんなの原っぱ」 だ。

その真ん中に、孤高ともいえる一本のケヤキの木がそびえている。

その姿が一本、すくっとしていて、私は大好きだ。

夏は人々の日影になり、春秋には、広い散歩道の方向を示す、道しるべにもなっている。

スケッチでは、今までに、真夏の風景として、ケヤキの濃い緑の生い茂る葉を思い切って
描いてみたり、11月の紅葉の始まりには、後ろにひかえた 「桜の園」 の桜の紅葉とともに
褐色になったケヤキを描いたこともあった。

そして、真冬の枝だけになってしまった、裸のケヤキの静けさを描いてみたりしたこともある。


Img_9407_1_1_1


そして、今回のスケッチもいつもと同じ所にイーゼルを立てて描いてみた。

春、3月のケヤキはまだ芽ぶかずだが、芝生の緑はなんとも初々しい。

私は風景を描く時は絶対、携帯用椅子とイーゼルは欠かさない。

イーゼルを立てることによって、画用紙から離れることによって全体像がつかめやすい。

右手は絵筆で忙しいが、左手はズボンのポケットに突っ込んだまま ・・・・・・・・・

至福ののひとときである。


Img_9444a_1_1_1
「国営 昭和記念公園 一本のケヤキ」 F6号 32㎝×41㎝ 絵 プッポロ 


我が家に帰り、早速サインをして、一応出来上がり。

さてと、実景とくらべるとケヤキの右に見える緑の木、スギだか、アスナロだか判らないが
スケッチの方では小さめに描いているが、それは主役のケヤキがより大きく見せるための
わずかな手段でもある。


4月の写生会は桜の見頃と重なり、遠くのバックは一面のピンク色になるはずだ。

華やかで素敵な一枚の絵が、みなさん描けるといいなと、今から思う。

                            +

| | コメント (2)

2010年3月24日

BDサイクリングクラブ 荒川を走る

Img_9461a_1_1


先日、3月22日に行われた、オノ ヒロキさん主催の「BDサイクリング クラブ」に久し振りに
参加させて頂きました。

心地よい疲労感と共に、その時の楽しかった思いが、今もなお続いております。

この、ささやかな自転車という乗り物を介して、これ程までに人の輪が作られるものかと、また、
その楽しさを参加された沢山の方に提供して下さる、オノさんには本当に感謝したいと思います。

午前9時。

浮間舟渡駅前の公園には、40人を越える参加者が遠くから、また近くから集まり、この参加者の
多さにもクラブの人気のほどがうかがえます。


Img_9454a_1_1


Img_9457a_1_1


Img_9460a_1_1


「BDサイクリング」と言っても、その参加される車種はさまざまで、小径車は多いものの、
珍しい自転車がまじかに見られるのも、このクラブならではの楽しさかも知れません。

まず、この上の3台のタンデム、二人乗り自転車ですが、今回は川崎の方から、3名の
視力に障害をお持ちの方々が参加されました。

この3台にそれぞれ分乗されて、ご一緒にサイクリングをするという、とても素敵な企画で
あります。


Img_9455a_1_1


さて、参加された、こちらのリカンベントもスバラシイですね。

特に座高が低くて実際に走った場合、風景がどのように見えるのか、とっても興味が
あります。

一度機会があったら・・・・・と、思いますが、はずかしさもあるしなぁ・・・・・・・


Img_9459a_1_1


こちらは何と仲の良いことでしょうかか。

プジョーのBD-1に、ブロンプトン、それも寄り添うようにきちんと並べられていて、見るからに
お人柄が偲ばれる、お二人連れでした。


Img_9462a_1_1


午前9時30分、簡単な自己紹介のあと、いよいよ葛西臨海公園に向けてスタートです。

前の日の、あの風の強さを心配していましたが、この日は何と無風状態で、爽快な走りが
充分に楽しめました。

約5キロほど走ると、お馴染みの岩淵水門の広い草地で早くも一同休憩に入ります。

ここでもまた先ほどの自転車談議の続きが始まります。


Img_9469a_1_1


黒のリカンベント、カッコいいですね。

装備もスバラシイ。

ポールに付けた真っ赤なペナントが、とってもステキです。


Img_9472a_1_1


赤ちゃんは1才半ぐらいか、それとも2才ぐらいでしょうか。

まだまだ小さな可愛い男の子が後ろの車にひとりで寝ながら一緒にサイクリングです。

なにしろオトナシク、そして、いい度胸をしています。

若いお父さんに伺えば、この後ろの車だけで5万円ほどとか。そこにアメリカからの送料で
結構な値段になるようで、この若いお父さん頑張っています。

将来楽しみなレーサーが、ここから誕生しそうな気がします。


Img_9473a_1_1


Img_9475_1_1


次の休憩場所は、ここ虹の広場です。

今回の参加者の中でもっとも人目をひいたのが、このお二人でしょう。

ピンクのカーリーヘアーに、ピンクとオレンジのウエアで、何とも明るいコスチュームは、
この日一番のスペシャルゲストでしょう。

この方達の二人乗りのタンデムには、側面には桜の花びらで飾られ、後ろの荷台には
お揃いの同じピンクのカーリーヘアーをかぶった大きな人形まで乗せていて、遠目には
どう見ても三人乗りであります。

飾りいっぱいの自転車のフロントには、なぜか柴又帝釈天の文字入り提灯が。

仲の良いご夫婦 ?


Img_9478a_1_1


Img_9479a_1_1


暑くも無く寒くもなしの、快晴の天気の中、虹の広場は花、色とりどりで、まさに
春爛漫の「BDサイクリング」になりました。


Img_9480a_1_1_1


葛西橋近くのお決まりのローソンでお昼のお弁当の調達ですが、約40人前後の
ヘルメット姿で、いっせいにお買物。

何とも非日常的な行為に感じられますが、これが意外と楽しく感じるのは私だけ ?


Img_9481a_1_1


今回トップを勤めてくださった方の走行スピードがとても具合が良かったです。

走行スピードは、およそ18キロ前後でしょうか。

一見遅いように見えますがそれが常にコンスタントに18キロ前後と言うと結構速いものです。

結果的には楽に走れて安全で、それでいてスケジュール通りに到着。

近いうちに我がチームも、ここを通って、お台場までツーリングですが、この一定の
速度でゆっくりとを参考にして走ろうと思います。


Img_9483a_1_1


お馴染みの葛西臨海公園。大きな芝生広場に面した東屋で昼食休憩です。

小さな石垣に並べられた40台あまりの自転車は壮観です。。

その自転車の中に、ブルーのサイクルウェアのお二人が、トップを勤めて下さいました。

有り難うございました。


Img_9484a_1_1


約1時間のゆっくり休憩の後、午後2時過ぎには楽しかったツーリングも終了です。

思い思いに輪行で帰る人、いま来たコースを戻る人、それぞれに、またの再会を
約して、無事に解散となりました。


Img_9486a_1_1


Img_9490a_1_1


参加者のおひとりが 「北砂町銀座商店街」 を、案内して下さるとのことで、そこからの
プライベートコースに、私もご一緒させて頂きました。

後に続いたのは10数名ほど。

臨海公園から15分ぐらいでしょうか、そこは狭い道路の両側には商店がびっしり。

そしてどこのお店も大繁盛、その中の焼き鳥屋さんに、みんなでジャージで並んで
みたりして・・・・・・


Img_9492a_1_1


さて、たっぷり散策した商店街にも夕暮れがせまり、ここでみなさんと本当にお別れして、
当初の自走で帰る予定を輪行に変え、明治通りを南下して一路、新木場駅に向ったのでした。

乗ればここから、約40分で練馬に到着です。

本当に良いお仲間と一緒に一日を楽しく過ごす事が出来ました。


そして、とっても嬉しい事がありました。

ご参加された方の中になんと私の この「プッポロ春夏秋冬」を、以前からお読み頂いて
いる方がいたのです。

普段はあまりブログのことは、人様に口外しないのですが、今回はふとした事から判って
しまったのですが。

でも嬉しかったですね。

また、お目に掛かれたらと思っています。


このすばらしい、オノさんの 「BDサイクリングクラブ」 が、末永く続けられますように
願っております。

有り難うございました。

                                 


                             +

| | コメント (2)

2010年3月12日

スペシャライズド サドル交換

Img_9368_1_1


3月22日の祝日、「BD サイクリングクラブ」が、行われます。

お馴染みの、おの ひろき さんによる毎月第三日曜日に開催されるものですが、今回は
22日の振替休日に実施されます。

荒川サイクリングコースは浮間舟渡駅前の公園に午前9時に集合で、自己紹介のあと、
公園を抜けてサイクリングコースを一路葛西臨海公園に向います。

このサイクリングクラブは、もうかなり前から行われていますが、これも主催者の、おのさんの
熱意と実行力によって継続されているわけで、とても嬉しく思っております。

まだ数回しか参加しておりませんが、その都度楽しい一日を過ごさせて頂いています。

今回の参加は何年振りでしょうか。とても楽しみです。

「BD サイクリングクラブ」と、言っても自転車は他の車種でも良いようですが、でも絶対的に
多い小径車による参加者を見れば、若干速度は遅いものの私もBD-1カプレオで出かけよう
かと思っています。

私のBD-1も購入してから、もう4年ほどになりますが、サドルはその時に付いていたものを
いまだに使っていますが、どうもこの所もうひとつ、しっくり行かず、22日のこともあるので、
まったく痛みを感じないロードにつけている、スペシャライズドのボディ ジオメントリーといわ
れるのを、BD-1に付けてみました。

安価なわりには本当にどこも痛くない調子の良いサドルなんです。


Img_9348a_1_1


ところが肝心のロードのサドルを何とかしなければなりません。

何かにつけては東急ハンズですが、こればっかりは品数の多い自転車専門店で選ばなくては
なりません。

池袋駅近くのJR線路沿いにある、ワイズロード チャーリーに先日、寒い雨の中を行ってみた
のでした。

一面、二面、三面に渡って壁際にはずらりとサドルが飾られています。

実はサドルには、随分今までに苦労をさせられているのです。

ただ、いままでの、わずかな経験ですが、スペシャライズドのジオメンタリーの
物が、私にはピッタリ合っている様で、今回もその辺を中心にして選び始めたのです。

デザイン、値段、そして手触りによる固さ加減の確認を時間をかけての見比べです。


若い男性店員さんが

「サドル おさがしですか」 と、そばに来てくれます。

「そう ロードに付けるんだけど 何しろサドルには苦労しているの どんなのがいいか
さがしているの」

その若い店員さんは、少々離れた所からひとつのサドルを持ってきて

「これなんかどうでしょう ジェルが入っていてふかふかです これだったら痛くはないと
思います」

「うん そうかもしれないが スペシャライズドのものが自分には合っているようなんだけどね」

「それなら こんなのなんかいかがでしょうか すこし分厚いですが 傷みにはいいと思いますが
どの辺が痛いんですか 尿道ですか」

「尿道と言えば尿道かな その少し後ろの方かな 何だか全体が痛いような気もするしなぁ
どこって はっきり いいにくいよなぁ」

「では こんなのはどうでしょうか」 って、また 別のを持ってきた。

「あんたねぇ さっきからいろいろ持ってきてくれるけど 何だかみんな ざぶとんみたいの
ばっかりじゃないか」

「でも これ1785円なんです」

「1785円はずいぶん安いけど ぜんぜん面白くないないじゃないか」

「面白くないですか」 !!

「面白くないね ぜんぜん面白くない だいたいわかったから ちょっとね 自分で静かに
探してみる ありがとうね」


Img_9358_1_1


さて、店員さんが別の売り場に行った所で、静かになり落ち着いて、もう一度あたりを
見回すと一番上のほうにぶら下がっている中に、スペシャライズドのBGシリーズのものが
3種類か4種類並んでいるのを見つけた。

その中からスタイル、色の配色の良さ スマートさ これこそ自分にふさわしい、ピッタリと
思えるのを手にとってみた。

固さがすこし気になるが、使い込んでいくうちにじきに良くなると思う。

メーカー価格は19800円とある。  

スペシャライズド BG2 Pro と、表示されている。

さっきのアンちゃんが持ってきたのとは大分違うじゃないか。

だいたい10個分の値段だ。

ところが もう一枚値段が張ってあり、チャーリー価格で10395円になるようだ。

「なんでこんなに安くなっているの」 って 今度は私の方から アンちゃんの方に聞きに行った。

「ああっ これはですね 少し前のモデルなんで 値引きしているんです 本皮ですよ
少し固いですが これは いいものです」

 

なんだい !! それなら なぜ最初からこのくらいの物を持ってこないのか さっきから ざぶとん
ばかりだしゃがって・・・・・・・ なんて思いながら これならいいかと、これに決めて、レジー嬢に
持っていくと、その金額から今度は なおも約2割引きという。

いつの間にか 一緒についてきた兄ちゃんが、私が持っているレジーペーパーを覗き込んで

「あれっ ずいぶん 安くなりましたねぇー」 って


大きな お世話だ !!

そんなことは ありません。

若い店員さん  おおきに  お世話になりました。

また  来ますからね。

 
これで春の自転車シーズン 今から楽しみです。

                      *

| | コメント (0)

2010年3月 9日

3月 国立劇場 花形歌舞伎

Img_8709a_1_2_1_2


東京 三宅坂の国立劇場は1月の菊五郎劇団に続いて、3月は花形歌舞伎公演と
題して当代の若手俳優中心による、「金門五山桐 きんもん ごさんのきり」 石川
五右衛門の上演であります。

主演の石川五右衛門には若手のホープ、中村橋之助さんが勤め、それをささえる
のが、準主役の中村扇雀さんであります。

それぞれに二役三役を演じ分ける、お二人の奮闘公演に、ふたたび厳しい寒さが
ぶり返してきた昨日、出かけてみたのでした。


5304_3_1_1_1_2


昔から歌舞伎の世界はあることないことをない交ぜにして、話に幅を広げたり中身を
厚くしては観客を楽しませる、そのサービス精神が旺盛なのが歌舞伎を面白くさせて
いるのかもしれません。

今回のこの石川五右衛門の芝居は歴史は古く、安永7年(1778) 大阪の角の芝居で
初演されたとあります。

作者は初世並木五瓶。

例によって作者独自の物語を構想し、この作品では五右衛門の父は、実は異国人の
宋蘇卿(そうけい) と、して、親子ともども中村扇雀さん扮する真柴久吉(史実の羽柴秀吉
豊臣秀吉のこと) に恨みを抱き、その秀吉に復讐をするという奇想天外な設定がされて
います。

全五幕の内、人気が高く、くり返し上演されているのが「南禅寺山門の場」の一幕で
あります。

楼上には石川五右衛門が、地上には真柴久吉が対峙するという、緊張する場面の
ところですが、舞台いっぱい朱塗りの山門は二階建てで、まさに絢爛豪華な舞台で
あります。

一説にはこのセットだけで、昔聞きましたが制作費がなんと300万円ほど掛かるそうです。

それがわずか5分か、6分ほどの上演時間てすから、この辺が歌舞伎の豊かさ、大らかさ
贅沢さ面白さがあるように思います。

その他に空中のつづらが割れて中から石川五右衛門が飛び出してくる「つづら抜け」の
宙乗りなど、スリル満点の場面が続きます。


Img_9344a_1_1_2


さて、この芝居に先立ってインターネットで国立劇場から送られてくる会員情報を
みていたところ入場者に対して抽選で今月は出演者のサインが入った額入り写真を
プレゼントするとあり、私は大のファンの中村扇雀さんを希望してネットで応募したのでした。

橋之助さん、扇雀さんそれぞれに10名づつだったのですが、その10名に入ったらしく
劇場からこの通知をプリントアウトして当日持参するようにとの連絡があったのです。

昨日頂いたのがこれで綺麗に額装された写真には銀色の筆で直筆サインがされています。

真柴久吉の扮装姿であります。

その写真の右にあるのが、1月に買ったケイタイの黒子に続いて今月から発売された
ニューモデルのストラップ人形「鑑獅子」です。

新発売は黒に対して今度は白地できました。

ようやく、黒子にもいい相方が出来たようです。


国立劇場3月歌舞伎公演

花形歌舞伎 通し狂言 「金門五山桐」 石川五右衛門 五幕九場
     
 3月5日 初日   3月27日まで

出演  中村扇雀  中村橋之助  坂東彦三郎 市川高麗蔵  片岡亀蔵ほか

国立劇場チケットセンター  0570 07 9900        


*

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »