« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月27日

山登り再開は 高尾山から

Img_9132_1_1_2


はるか彼方の昔のことですが、誰が言ったのかは覚えていませんが、「山登りは
奥多摩から始まり奥多摩に終る」と。

その頃はまだまだ若くて、そんなものかと軽く聞き流していましたが、いま、そこそこの
年になってきてからは、遅ればせながらも、それは確かに、そうかもしれないなと、思う
ようになってきました。


Img_9133_1_1


山を離れてから、もう10数年にもなるかもしれません。

ふり返るとその言葉の通り、私の初めての山登りは、その奥多摩の日の出山で
ありました。

たしか、日大豊山高校2年の時でした。

特に仲の良かったクラスメイトと、こっそり二人だけで行ったものでした。

見晴らしの良い山頂のベンチで、肩を組んでセルフタイマーの写真に収まったのも、
今だに忘れられない思い出です。


Img_9135_1_1


兄の山好きに感化され、それからは低山めぐりではあったものの、東京近郊の
ありとあらゆる山に登り続けたものでした。

20代半ばに数人の友人達と、「ワンダーフォーゲルクラブ」 なる、山の会も創立させ、
その後、約25年に渡って部長も勤めたりもしました。

その当時は、お金も無く日数のかかる大きな山には行けませんでしたが、それでも
若さにまかせて、それはそれは楽しい日々でありました。

特に好きな山が谷川岳で、そして、北八ヶ岳を中心とする八ヶ岳、近くにあっては丹沢、
三つ峠、奥多摩の山々など足繁く、良くかよったものでした。


Img_9138_1_1


その永い山の遍歴を重ねるうちに、もう、山はいいかと思うようになったのには、ある年の
ある日のこと、谷川岳での、ある大きな出来事を目前に見て、それを境に山への意欲が
急に減退したのでした。

それからの長い長い、山の休止が続いているのですが、先日、自転車に乗りながら荒川で
ふと、丹沢を通して、向うに富士山を見たとき、また、山もいいかなぁと思ったものでした。

先日のこと、快晴に誘われるようにして、小さなスケッチブックをザックにしのばせて
最も手じかな山である、高尾山に本当に久し振りに行ってみたのです。


Img_9140_1_1


以前なら高尾山といえば、ひとつの通過点の山に過ぎなかった思いがありました。

京王八王子駅からバスで陣馬高原下まで行き、そこから1時間の登りで陣馬山。

眺めの良いその山頂から高尾山に向って、明王峠、景信山、小仏峠と越えて、
約5時間あまりで、高尾山に降りてくれば、今日の山登りは終りでもあった所です。

高尾山だけに登るなど、その頃は小学生の遠足でやることぐらいにしか考えて
いなかったのです。

ところが、登り始めてみますと、何だか今では高尾山だけで精一杯のような気が
したのにはショックでしたね。


Img_9143_1_1


さて、高尾山には登りのコースが三つもあり、それぞれに変化があり、選べるのも
楽しいです。

アスファルトをひいた部分もある表参道コース、沢沿いに登るしっとりとした、びわ滝
コース、そして、わずかながらも展望もある、尾根道を行く稲荷山コースがあります。

この日の登りは稲荷山コースをたどり、下りはびわ滝コースの6号路を利用しました。


Img_9142_1_1


ケーブルカー乗り場のすぐ脇から、この稲荷山コースに入りますが、その登り始めは
しばらくは結構な急坂ですが、それもわずかで、見晴らしの良い所に飛び出せば、そこが
稲荷山です。

そこからの遠景は八王子市街から、遠くは東京方面にまで望めるのです。

東屋あり、トイレありで、しばし登山者の息をととのえる所でもあります。


Img_9144_1_1


Img_9145_1_1


Img_9146_1_1


そこからは少々の下りもあり、そして再び、コナラ、ヒノキの多い樹林帯を両脇に見ながら
最近改良された登山道、階段を登りつめていきます。

まさに暖かい冬の陽だまりコース散策といったところでしょうか。


Img_9148_1_1


Img_9149_1_1


樹木の間からは時折、左に丹沢などが見られるところがあります。

コースは大きく右に回りこみ、いよいよ高尾山山頂に一気に登る、200段の
階段にさしかかります。

その途中での様子で、明るい下の広場にはベンチなどもあり、そして見上げれば
最後の急登の階段が待っているところです。


Img_9150_1_1


Img_9156_1_1


平日にもかかわらず、山頂広場には、この日もかなりの人が登ってきています。

快晴に恵まれていたのですが、いつも南に見えるはずの富士山は、まったく見る
ことは残念ながら出来ませんでした。

大勢いる見晴台の柵に寄りかかるようにして、ザックから取り出した、小さめの
スケッチブックに、この山並みを描いてみたのが、これであります。


Img_9201a_1_1_2
高尾山見晴台より  16㎝×23㎝  絵 プッポロ


中央部のやや高いのが、蛭ヶ岳 1673m、右の端の大きい山が大室山 1588m、
左端のデコボコしているのが、丹沢山 1567m です。 

立ったまま、約15分ほどで描いたものです。

やっぱり山の絵は描いていて楽しいです。


Img_9168_1_1


しばしの休憩の後、下りはびわ滝コースを歩きます。

懐かしい山頂をあとにして、時計を見れば丁度、午後2時のこと。

気温は低いものの、風はほとんどなく、久し振りの歩きにしては軽快に足が進みます。


Img_9170_1_1


Img_9171_1_1


一気に下る道は階段が多いですが、この時間になると登山者もめっきり少なくなり
山の醍醐味、山の静けさが、たっぷり楽しめたものでした。


Img_9173_1_1


Img_9177_1_1


このびわ滝コースは大半が、前の沢という名の小さな沢沿いを歩くようになります。

一年中どんなに晴天が続いても、この登山道だけは、いつも、しっとりと濡れている、
どちらかと言えば水浸しの道です。

ところどころに飛び石が置かれ、子供たちには喜ばれそうな、まさにそんな日影のコース
であり、冒険のコースといえましょう。


Img_9180_1_1


大山橋という本当に小さな橋を渡ります。

この橋から下ること約25分ほどで、琵琶滝不動堂に到着します。


Img_9183_1_1


Img_9185_1_1


Img_9188_1_1


琵琶滝不動堂は高尾山 薬王院修験者の水行場として知られ、不動堂の奥には
一本の瀟洒な滝が見られます。

この日も、この寒さの中で白装束の男性が滝に打たれていました。

そしてすぐ近くには岩屋大師といわれる祠があったりと、見所の多いのも、このコース
であります。


Img_9197_1_1


コースも高尾保養院の大きな建物が見えてくると、まもなくで舗装された道路に出て
山道は終わります。

20分ほど、ゆるやかに下ると、そこはまた人々の雑踏の中を歩くようになり、ケーブルカー
乗り場に到着して、このコースは終わります。


Img_9200_1_1


さてさて、久し振りのひとりのささやかな山旅でしたが、やっぱり山歩きは面白いです。

自分の足で、思いのままに休み、そして歩き、絵を描き、人々に触れることも多く、その
話の中に、ほのぼのとした思いも味わえました。

これから又、10数年ぶりの山旅が再開されそうです。

これまでは長い間、歩けば集団登山で、それも常にリーダーでしたが、これからは
思いのままに、静かに、そして考えながら、自分の山登りが出来たらと思っています。

                       

                     *


| | コメント (6)

2010年1月22日

1月の写生会

Img_9117_1_3_1


今年最初の写生会は、約15名の参加を得て先日行われました。

一昨年の11月から始まった、私のこの写生会も早いもので今回で15回目になります。

そして、そのお稽古の成果のほどはと言えば、それは大変なもので、ひとりひとりに、
かなりの上達のあとがはっきり見られます。

まったく絵など描いた事がないという人が対象でしたが、まだ、わずかな回数ながら、
大きな進歩がみられております。

たいしたアドバイスしか出来ませんが、そのテクニックを忠実に聞かれているようで、
描かれている、その絵によく表わされているように見えます。


Img_9118_1_1


今回の写生会は初めて、なんと、あの練馬区役所19階の会議室をお借りしてのお教室
であります。

今までの会場にしていた豊島園の向山庭園は、4月からの建て替え工事にともないまして
今後は、常時この練馬区役所の会議室で行うことになりました。

その室内の明るさ、広さ、設備の良さと最高の会場であります。

南に面した大きな窓からは、遠くに丹沢の山々が望め、その後方には真っ白な富士山が
見渡せます。

そしてその右には奥多摩、秩父の山並みが続き、その展望の良さは、山好きの私としては、
たまらない眺めであります。

お稽古のみなさんは一生懸命に絵を描いているのに、肝心の私は窓にへばりついて
その眼前に広がる山ばかり見ていたりして・・・・・・・・・・


Img_9122a_1_1
「ストック」 F6号 32㎝×41㎝  絵 プッポロ


そのお稽古日の前夜に一枚描いてみたのが、この絵であります。

花の名前はストック。 かなり香りの強い花です。

花びらがごちゃごちやしていて、描きにくい花ですが、と言って、いい加減に描いて
しまうと、何の花だか判らなくなってしまいます。

ここは面倒でも根気よく、花びら一枚一枚描くくらいの気持ちで描き込んでいくしか
ないようです。

久し振りに、すずりに墨をすり、細いレタリング筆で線を引きました。

そのあと水彩絵具を軽く施したものです。


Img_9128a_1_1
「アイリス」 F4号 24㎝×33㎝  絵 プッポロ 


当日、みなさんの目の前で一枚描いてみました。

アイリスという名の花です。

ちょつと見たところでは、アヤメ、花しょうぶにそっくりですが、それらは、いずれも
初夏の花でして、このアイリスとは違う様です。

ところで、絵の上達には先輩の絵を描いている途中を、よく見る事が大切なように
思います。

私も小学生から中学生にかけ、長いこと日本画の石川朝彦氏に師事した事があります。

その先生はあまり具体的に細かく教える先生ではありませんでした。

「今から 先生が描くから きちんと座ってしっかり見ていなさい」 と、言ってから、
おもむろに筆をとり静かに描き始めるのでした。

物音ひとつしない、それは静かな広い和室で、私は正座して、じっと先生の手元を
見つめていたものでした。

色紙にはあれよあれよと言う間に、見事な鯉の姿が浮き出て来るのを見ているうちに
その先生の手と指が、何か不思議な別の生き物のようにさえ見えたりしたものでした。

そして、私たちの描いた絵には、けっして先生は手を入れることはしませんでした。

それは先生が手を入れてしまったら、それはもう、その人の絵ではなくなるからと。


「今度描くときは ここはこうしょうね、ここの所はもっと色を足してもいいね」 と、それも
静かな声で話します。


最後にはいつも決まって 「でも とってもいい絵だよ」 と、褒めてくれたあの言葉が、
今、とても懐かしいです。


     
                        *

| | コメント (2)

2010年1月12日

荒川CR で夢の島 そして三宅坂は国立劇場

Img_9079_1_1


先日、地図帳で見つけた岩淵水門までの新しいコースを、祝日の昨日、11日にまた、
走ってみました。

笹目橋と戸田橋の中間から、荒川サイクリングコースに出るより、河口に向かう
場合は、確かにこの方が時間的にも早いです。

距離は岩淵水門まで自宅から約11キロあまりで、今までより、3キロほど短いかも
しれません。


Img_9082_1_1


祝日の都心は車も少なく走り易いと、追い風に乗って荒川サイクリングコースを
行きは24キロほどのスピードで走り続け、わずかな時間で虹の広場に到着します。

コース上には休日もあってか、大勢のサイクリストが走りぬけ、それを見るのもまた、
楽しいものです。

雨こそ降らないものの雲は厚く、空気は冷たく寒い一日でした。

予報ではたしか曇り時々晴れの様なはずでしたが。

ところで、虹の広場では、テレビ局の人たちがいて、盛んにサイクリストを捕まえては
インタビューを行っています。

自転車と健康についての取材だったのです。

私もそれを遠くに見ていたのですが、そろそろ出掛けようと自転車を押し歩きをした
とたん、今度は突然私に向って、その局の5人ほどの男女が駆けつけて来たのです。

一時は断ったのですが、さすがに相手はプロで、まんまと捕まってしまい、しばらくは
自転車と健康についての経験やら考えをカメラに向ってしゃべったものでした。


Img_9085_1_1


快適に飛ばして大島小松川公園に到着です。

ここは昨年の5月、東京サイクリング協会主催の 「東京センチュリーライド」の、スタート、
ゴール地点でありました。

82キロのコースに参加して、4時間38分と言うのが、私の成績でしたが、あの帰路の
向い風の強さで苦労したのが忘れられません。

さて、今年も「東京センチュリーライド」が、5月に開催されると思いますが、今年も走る方で
参加できるのか、それとも、またスタッフとしての参加になるのか、まだわかりませんが
いずれにしても楽しみなことには変わりません。


Img_9087_1_1


後半は車の少ない休日の都心を走ると決めていましたので、葛西臨海公園まで
行かず、葛西橋からは葛西橋通りで、南砂4丁目まで行き、明治通りに出て、そこから
新木場に向います。

しばらく前までは、よく新木場には来たものでしたが、久し振りに夢の島を一巡し、
冬の夢の島マリーナを見てみたり、またこの 「熱帯植物館」 にもちょっと寄ってみたり
しました。

冬の植物館はいいですね。ほっとする暖かさ、寒い日にはホント 「熱帯植物館」が
おすすめです。


Img_9090_1_1


夢の島を後にして、再び明治通りを日曹橋の交差点まで戻りまして、そこから永代通り
に入り、日本橋、大手町方面に向います。

その途中に架かる大きな永代橋で、まず、ひと休みです。


Img_9088_1_1


隅田川をまたぐ、立派な永代橋、その橋の上からの河口に向かっての眺めです。

隅田川が、ここで佃、月島、晴海を間に挟んで、ふたつに分かれる所です。

右側が隅田川本流になり、左側が晴海運河と名を変えての流れになります。

都内でも有数の景色の良い所であります。


Img_9091_1_1


車の少ない永代通りは、日本橋、呉服橋を越えて、東京駅を過ぎると大手門にあたります。

皇居前広場を通る内堀通りで、祝田橋交差点まで行きます。


Img_9096_1_1


そこを右折してお堀に沿って桜田門、そして三宅坂に向います。

平日もさることながら、お堀に面したこの歩道での、ランニングをする人たちの、なんと
多いことか。

ところで、休日のこの日などは自宅から、わざわざここまで走りに来るわけですね。

のんびり散歩と見られる人、仕事で急ぎ足の人、よそから遊びに来ていると見える人と、
その雑踏の中を、鮮やかにぬって走っていく人と、それはそれは面白い道であります。


Img_9098_1_1


Img_9099_1_1


午後2時半を過ぎたばかりなのに、早くも夕暮れの感じが、ただよいます。

お堀に見られる深い樹木の緑と、黄色味を帯びた芝生との色のコンビネーション。

その美しさは都心にあって、絶景であります。


Img_9103_1_1


この日の私の走る目的のひとつには、三宅坂にある国立劇場の、初春歌舞伎公演の筋書き
を買うことにもあるのです。

来週、観劇日になっているのですが、その前に時間があれば、その芝居の筋書きをあらかじめ
買ってきて熟読するのです。

要するに予習していくと内容がよく判り、格段にその芝居の中に溶け込んでいけるのです。

とかく新作に近い作品の場合など、その芝居の知識が乏しいわけで、筋書きを当日劇場で
買って急いで読むくらいでは、途中から何が何だかわからなくなったりで、せっかくの芝居
見物の楽しみが半減するような気がいたします。


Img_9107_1_1


Img_9113_1_1


長い走りもこの国立劇場が、今回、目的でもあったのですが、着いたときは開演中で
玄関先はいたって静か。

お正月公演ということもありますが、それに加えて華やかな演目でもあり、連日、満員続き
のようでもあります。

何はともあれ、めでたい限りであります。


4881_3_1_4_1


国立劇場 初春歌舞伎公演

通し狂言 「旭輝黄金鯱」 (あさひに かがやく きんの しゃちほこ)


尾上菊五郎劇団の出演で、主人公は柿木金助という宝暦年間の尾張名古屋で
盗賊、脱獄を働き、市中を騒がせたという実在の盗賊を題材にしての物語。

芝居では菊五郎さん扮する柿木金助が大凧に乗って空高く舞い上がり、名古屋城
天守閣の金のしゃちほこの、うろこを盗むと言う奇想天外な、お話が進みます。

そこにお家騒動やら、色恋沙汰が絡み合い、最後には尾上菊之助さんの役どころ
春吉が赤ふんどしひとつで、本水使用の川の中で、生を受けた、しゃちほことの、
立ち回りを含め、何とも賑やかな、大変なお芝居であります。


出演は他に尾上松録さん、中村時蔵さん、坂東彦三郎さん、澤村田之助さん、
若手の尾上右近さん、尾上松也さん、中村梅枝さん、等々賑やかな顔ぶれであります。

公演は1月3日より、1月27日まで。

チケットのご案内は 0570 07 9900 まで。


走行距離  64.44キロ

                     *


| | コメント (0)

2010年1月 5日

走り始めは石神井公園

Img_9045a_1_1


あらためまして、明けましておめでとうございます。

お正月休み、最後の日の4日は、自宅からほんの6キロ先の石神井公園まで
走ってきました。

正確に言えば、5.8キロ。

わずかな距離ですが、これが今年最初の自転車散歩であります。

時間にして片道、15分から20分で到着です。

お馴染みのボート池は、まだまだお正月気分が残る風景でありました。


Img_9047_1_1


ボート池から道をひとつ隔てた所にあるのが三宝寺池で、周りは深い樹木に覆われ、
静かな自然の中にある、素敵な池であります。

もう、しばらく前から、この三宝寺池には、カワセミが常時生息しており、それをお目当ての
バードウォッチャーとか、また、多くのカメラマンでいつもここは賑わっています。

バズーカ砲のような望遠レンズを構え、池の中にセットされた小枝にカワセミが来るのを
待つ人々で、一年中絶え間なく、それは大変なものであります。

ものの、20分も待てば、ほぼ確実にやってくるわけで、それは山の中の田舎のバスよりも、
よほど正確なようであります。

探鳥というのは本来は鳥を探して、大変な思いをして、歩き回るのが普通ですが、ここでは
ただ待っていれば、鳥の方から目の前にやってくるのです。

なんとも楽な野鳥観察であります。


Img_9058_1_1


Img_9059_1_1


ほど良い広さを持つ、三宝寺池の周りには、木々の間を縫うようにして、きれいな木道が
ひかれ、素敵な遊歩道となっています。

今の時期、樹木もすっかり葉を落とし、見通しがとてもいいですし非常に明るく感じます。


Img_9065_1_1


三宝寺池をひと回りするのに、急ぎ足で、ものの10分も掛かりませんが、ここは
あたりの景色を楽しみながら、ゆっくりと時間を掛けて歩きたいものです。

木々の中にはまだ紅葉している木もあったりして、ここだけは冬と秋がまだ混在して
います。


Img_9068_1_1


三宝寺池の中には、大きな浮島がありますが、そこに渡ることは出来ません。

丁度それが安全となり、鳥たちの生息に適していて、格好のコロニーともなっています。

ところが最近はカワウという、やや大きめな水鳥が、ここに増え始めて、その大量のフンに
よって浮島の樹木が立枯れる現象が起こっています。

真っ白になった木々が遠目にもかなり目立ってきており、困った問題になってもいます。


Img_9070_1_1


三宝寺池にある弁天堂ですが、お正月というのに、ここはいたって静かです。

賑わいがまったく感じられません。

お宮さんの扉、新年ぐらいは明けておいてもいいのではないかと思うのですが。


Img_9071a_1_1


その弁天堂のすぐわきにあるのが、池にせり出した、ステキな浮御堂 (うきみどう)。

午後の2時半過ぎになると陽もだいぶ傾き、写真も少々暗くなってしまいました。

以前はこの浮御堂の中でトランペットなどの楽器の練習を、よくやっていた人がいました。

うるさいのか、それを禁ずる張り紙を、このステキな浮御堂の柱にやたらに貼ったりして、
汚いなと思ったものでした。


Img_9073_1_1


池をひと回りして、元に戻る時に渡る橋の上には、大勢の人が、行き来しています。

池のカモ達に餌をやる人、それを写真に撮る人、そして散歩をする人。

人さまざまな行動が面白いです。


Img_9075_1_1


その橋から見た、実に安直な鳥の写真であります。


それにしても、例年と比べても、鳥の姿がまるで少ないです。

どこでもその様ですが、どういうことでしょうか。

冬の石神井公園は、夏と同様に野鳥のメッカでもあったのですが。


この日、ほんのわずかな時間でしたが、確認した鳥は以下の通りであります。

コガモ  カワウ  ゴイサギ  マガモ  カルガモ  オナガガモ  ハシビロガモ

ホシハジロ  キンクロハジロ  オオバン  カワセミ  

ハシブトガラス  ハクセキレイ  ヒヨドリ  シジュウカラ  などが見られました。

石神井公園。2時間30分の自転車散歩。これが私の今年の走り始めであります。


走行距離  14.62キロ


                        *

| | コメント (8)

2010年1月 1日

謹賀新年

Img_9042a_1_1


        新年あけまして おめでとうございます

        昨年も沢山のアクセスをいただき ありがとうございました

        ご覧の通りのつたないブログですが これからも
        どうぞ よろしく お願い致します

        今年も皆様方にとりまして より良いお年でありますように
        心からお祈り致します

                             
               平成22年  元旦
                                プッポロ

| | コメント (8)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »