« 10月のスケッチ | トップページ | 荒川 入間川  秋 逍遥 »

2009年10月25日

草津スケッチ紀行

Img_8594_1_1_2
草津温泉 湯畑


「お絵描き教室」に参加されている方々を含め、総勢20名で草津温泉に一泊旅行を
してきました。

最近は宿泊するホテルが、東京から直行バスを運行しているので、それに乗車さえ
すれば、どこにも寄らずに、いとも簡単に目的の宿泊ホテルに到着します。

今回は草津の中でも最大の客室数150室以上を誇る、大型ホテル「草津ナウリゾート
ホテル」に宿泊です。


Img_8592_1_2_1_2


Img_8593_1_1_2
草津温泉 西の河原


草津温泉の中心部、湯畑より車で5分ほど、街の雑踏を離れ、静かなベルツの森に
囲まれた所にホテルは位置しています。

到着後、まずはおきまりの湯畑、西の河原と、お土産やが並ぶ細い道を歩いてみます。

今では珍しいくらいに温泉情緒が残るこの小道は、西の河原通りと名付けられています。


Img_8603_1_1_2
草津白根山 湯釜


翌日はこの旅行の一番のお目当て、草津白根山に向います。

草津温泉が標高1200メートルとか。

路線バスで登ること、30分あまりで標高2160メートルの草津白根が、目の前のバス停に
到着します。

いわずと知れた草津白根山は活火山で、山頂にある火口湖が、湯釜と言われるもので、
草津最大の見ものとなっています。

湯釜の直径は300メートル、美しいエメラルドグリーンの湖水として、知られるところですが、
現在は火山規制により、従来の展望台とは別の、展望所(徒歩登りで約20分)から、見る
ことになっています。


Img_8609_1_1_2
草津 弓池遠望


快晴ではありますが、風の強さは大変なものでした。

その風にあおられながら、乳白色の湯釜をしばし見学の後、バス停に戻り、道路を
へだてた弓池に向います。


Img_8613_1_1
草津 弓池


周囲一帯は草津白根山登山道の大賑わいとは正反対に静かそのものです。

湿原地帯にのびる木道も絵になる風景で、もっと時間があれば一通り歩いて見たい
コースです。

箱庭的な景色を楽しみながら、小さな弓池を、とりあえず、みなさんと一周したのでした。


Img_8617a_1_2_1
「草津ナウリゾートホテル」 ベルツの森教会  F4号 絵 プッポロ
  

ホテルに戻り、素敵なレストランで、ランチの後、東京に向うバスを待つ間、それぞれに
用意した画材を持って、ホテルの庭に出たのでした。

広い敷地の中には、シャレた教会があります。

教会というより、教会風の建物と言った方がいいかもしれません。

要するに結婚式のためのホテルの建物ですね。

今が盛りの紅葉で彩られた、「ベルツの森の教会」

とりあえず素敵な建物です。

思い思いに位置を決め、それぞれに、しばしの時間の許す限り、みなさんとスケッチを
楽しんだのでした。


少しでも絵が描けると楽しいものです。

写真とは違った深い記憶となって心に残るものです。

絵の出来不出来は関係ありません。

描いたことは事実であり、無心になって絵を描くひとときを楽しむ、これが大事だと
思います。


                      *


|

« 10月のスケッチ | トップページ | 荒川 入間川  秋 逍遥 »