« 久し振り 入間川を走る | トップページ | 25年の歳月 »

2009年6月13日

それにしても デジタルテレビはスバラシイ

Img_7856_1_1


何を今さらといわれそうですが、あらためてデジタルテレビ、そのハイビジョン画像は
スバラシイと思います。

輝くような美しさ、驚きの高画質、臨場感あふれる音響の素晴らしさ、などと云われますが、
それも、あながち宣伝文句ばかりではないようです。

本当にキレイ。

暮れに買ったデジタルテレビは東芝の「REGZA」。32C3500 32インチ。

あわただしい最中に買ってしまい、J.COMに接続してみたり、パラボラアンテナの調整を
しなおしてみたり、パソコン並のセッテングと、かなりの込み入った、もろもろの操作をクリア
して、最後に登録カードを差し込んで、そうしてようやく待ちに待った画像が飛び出してきた。

その時の画像のきれいだったこと。

間もなくして始まった、その晩の大晦日の恒例 「紅白歌合戦」 を見たときなど、あまりの
迫力と、あの豪華絢爛のセット、そして、カメラの動きの激しさに、思わず私は目まいがし、
うちのカミサンなどは、なんだか気持ちが悪くなったと、急いで、昔から我が家にあるソニーの、
ちっちゃな12インチの、トリニトロンカラーテレビの方に行ってしまったくらいです。


それにしても、 デジタルハイビジョンテレビはスバラシイ。


それもこれも、半年が過ぎ、デジタルテレビとは、こういうものかと、わかってきてからは、
今度は、この迫力ときれいな画像を残してみたいと思うようになってきました。

いつでも好きな時に好きな番組が見られるようにと。

時には真夜中のとんでもない時間に、普段昼間では見られないような変な、いや、変わった
映画などを、NHKが放送しています。

それに、日中であっても昼間は普通なかなかテレビは見られません。

予約録画をしておけば見損なうこともなく、これがあれば、とても便利だと、またまた、ここで
物欲が出てきましてね。


テレビは東芝「REGZA」。

レコーダーも、それに合わせた方が互換性があるかと、東芝から選ぶことにしたのです。

今や、レコーダーといえばブルーレイが主流のようですが、なぜか昔からメーカーとしては
東芝が好きで、今使っているノートパソコンをはじめとして、ほとんどのものが東芝製品です。

その東芝には、ブルーレイの製品のものはありません。

またまた、日参した池袋 「ヤマダ電機」 で、何度も、その再生画像を見くらべてみたのですが、
どっちが、どっちと見分けられませんでした。

どっちもきれいです。

それにしては東芝ハイビジョンレコーダーは格段に値段も安いのです。

好きな東芝製の、丈夫な作りは定評があるところ。

そして、購入してから、まだ日が浅いのですが、ようやく最近になって録画と、DVDにダビングが
何とか出来るようになりました。

操作は解説書片手にやったのですが、何しろ本当に難しかった。

しまいには何でこんなことで、こんなに苦労するのかと思うほど難しかったです。

いやいや、もしかして、難しかったのは私だけかもしれませんが・・・・・


購入したのは東芝。ハイビジョンレコーダー 「VARDIA」 S303

最高画質のTS録画でハードディスクに約29時間の録画。

普通画質のTSE録画で、なんと、約210時間の録画が出来ます。


自転車のロードレースなど、録画しておいて、くり返し見る。

一流選手の走りを研究して、その技を自分に取り入れる。

そうすればきっとあのようになれる・・・・・・・・・・

それはないでしょう。


嬉しくて嬉しくて、じゃんじゃん録画をしてみました。

先日やっていた、NHK 「衛星映画劇場」 名作長編特集も、勿論とりましたとも。

「十戒」 「風と共に去りぬ」 「天井桟敷の人々」 ビスコンティの 「夏の嵐」そして、
「刑事コロンボ」20本分、「陽炎の辻」14本分。

その他、「男ふたり自転車旅」  「ガクトのコンサート」 「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」の
全録画。

そして好きな歌舞伎公演と。


                        *

ハードデスクがいっぱいになり、今度はDVDにじゃんじゃん焼き付けていきます。

そのDVDが、買っても買っても間に合わない。

                            +

 


|

« 久し振り 入間川を走る | トップページ | 25年の歳月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久し振り 入間川を走る | トップページ | 25年の歳月 »