« イケメン ノアが6才の誕生日  | トップページ | 東京センチュリーライド 下見と花見 »

2009年4月 1日

「やまもも」の花を描く

Img_7337_1_1_1_2


私の「お絵描き教室」に参加されている方から、見事に咲いている、やまももの大きな枝を
頂きました。

娘さんが嫁いだ先のお家には庭があり、今を盛りと、このやまももの花が咲いているそうです。

その木が大きくなりすぎて、間もなく剪定をするらしく、どうせ枝を切るなら花のある、今のうちにと
切ったものらしいのです。

少々遠いのに、わざわざその内の一枝を、我が家に届けてくれたのです。

最近は、先日のグロリオサの花といい、菜の花といい、その他数々のモチーフを、やや大きめの
絵をスケッチする機会が多くなりなりました。

それも、これも、この「お絵描き教室」の開催に伴ってのことで、最初は人様のためにと思って
やってきた事が、実は案外、自分のためだったりもしているようであります。

おもしろいものです。


Img_7351as_1_1_2
「やまももの花」  絵 プッポロ  F6 42㎝×32㎝ 


この「やまもも」を頂いたとき、花はすでに満開で、それから3、4日がたっていて、ほんの少し
枝に触っただけで、ピンクの花びらが、ひらひらと床一面に広がるほどに散り始めて、これは
絵を描くには急がなくてはと、また例によって、昨夜10時頃から描きはじめたものです。

普通の桃の花より色が幾分濃いです。

普段絵を描く際にはあまりはピンクは使わない絵具ですが、ご覧の通り花はピンク一色の感じ。

使いようによっては絵が軽くなると、だから使い方が難しいと言われるピンクですが、ここは
絵が軽くなっても、思い切ってたっぷりと使わしてもらいました。

持ってきて下さった方は、きっとこの「やまもも」 を、あの人はまた描くだろうなと思っているかも
しれません。

この難しい込み入った花をどんな風に、絵にするだろうか、描くだろうかと ・・・・・

試してる ?


そんなことは、けっしてありませんね。

+


|

« イケメン ノアが6才の誕生日  | トップページ | 東京センチュリーライド 下見と花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イケメン ノアが6才の誕生日  | トップページ | 東京センチュリーライド 下見と花見 »