« 東京タワー50周年の夜 六本木を歩く | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

2008年12月27日

冬支度のグローブのはずが・・・・

Img_6701_1_2_1

先日買ったジャイアントのサイクルグローブ、冬支度のつもりだったのですが、どうも、
あまり役に立たず ・・・・・・・・

このところの寒さも特別ではありますが、それにしても防寒具としては、程遠いもので
ありました。

それも自転車に乗ってというのではなく、毎晩続けているナイトウォークにおいてであります。

スピードが出ているわけではなく、歩きですから、せいぜい時速4キロ程度の速さであっても、
たまらなく手が冷たいのです。

それは想像していた以上に地が薄いのでした。


Img_4106a_1_1_1


ご覧のような出で立ちで歩いているのですが、その冷たさと云ったらありませんでした。

このグローブ、とてもではなく厳寒期では無理でしょう。

この寒さの中で、これで自転車で時速20キロ以上も出そうものならどうなることか。


品物選びでとりわけ難しいのが通信販売、また取り寄せによる買物ではないで
しょうか。

手にとって見て、そのぬくもりを感じて、そして、大きさもあるし重さもあるし、それを
実感してそれから選ぶべきものなのかもしれません。

でも買ってしまった、このグローブですが、これはこれで春先から晩秋までなら充分に
使えそうです。

適度に空気の流れはあるし、蒸れることもなく、3シーズン用と考えれば、これもいいの
かも知れません。


Img_6703_1_1


先日、このグローブのことを書いた時にも、軍手をしてその上に皮の紳士手袋をすると
具合がいいと書きましたが、これが実際にとてもいいのです。

ここにきて、サイクルグローブばかり買ってもいられないので、そうだ、また、これを使って
みようかなと思った次第です。

この軍手は何でもいいのですが、私の場合は昨年でしたか、「ビーパル」の付録に付いて
いた、このキレイナな色の軍手を使っているのです。


Img_6706_1_1


そして、このようにごく薄い本皮の紳士手袋をする訳ですが、当然、それはやわらかくて
暖かくて、そして安くて・・・・・

今年の正月には埼玉県の川島町に白鳥を見に行ったのでしたが、あの寒さの中でも手は・・・・・
やっぱり冷たかったかな ・・・・


皮だけに握るハンドルにもしっくりくるし、グリップ力の手ごたえも充分に感じられます。

その具合の良さは実証済み。

そうです、自分で考えたものほど強いものはありません。

オリジナリティこそ、今こそ大事です ・・・・・・・・

しかし、なんだか、ただの 負け惜しみだけのような気もするなぁ ・・・・・・・・


うーん それでもやっぱり ちゃんとした あったかいグローブがほしい !!


                  *


              


|

« 東京タワー50周年の夜 六本木を歩く | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

コメント

こんにちは。
BE-PALの軍手、使っておりますね。私はまだ袋に入ったままです(^^;;
防寒対策ですとそれ用に数は少ないですけど自転車用として売られていますが最強なのはスキー用でしょうね。

投稿: gan | 2008年12月28日 17時26分

gan さん こんばんは。
BE-PALの軍手、大事に使ってますよ。
軍手にしては色がなかなかいいではないですか。
そして皮の手袋、これがとっても暖かいのです。
スキー用のグローブ? なるほどこれは防寒そのものですから具合はいいでしょうね。
それの少し薄めの生地の物を選べは使いやすいかもしれませんね。

さて、いよいよ今年もわずかになりましたね。
今年も何かとお世話になりました。
来年もganさんにとりまして、どうぞ良いお年でありますように。

そしてまた宜しく願い致します。

投稿: プッポロ | 2008年12月28日 23時50分

どもー。ようやくTCRでボチボチ走り始めました。
何もかも初めての準備だもんで、道具のインプレは役に立ちます。ありがとうございます。
僕は結局パールイズミのウィンドブレーク・ウィンターグローブにしました。人よりも大きな手なもんでXLでもやや小さめです。
ジャージはアタックジャージにしたかったのですが、どこもかしこも売り切れで・・・。

投稿: atsu | 2009年1月 4日 16時01分

atsuさん。
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

なんと、本当にTCRを手に入れたのですね。
こちらの方もおめでとうございます。

ロードバイク、同じ乗り物であっても、これはまったく異質のものだと思っています。
電気も燃料も使わず自分の力だけで、漕ぎ続けれはどこまでも行ける。それも割りと楽に。

名前は忘れましたが、外国人で有名な人の言葉に、人間が作った機械の中で自転車ほど優れたものはないと。
その魅力的な自転車を末永く、そして充分に気をつけられて乗り続けてください。
益々の活躍を期待しております。

投稿: プッポロ | 2009年1月 4日 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京タワー50周年の夜 六本木を歩く | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »