« 秋のひざし 多摩川を走る | トップページ | 安曇野「碌山美術館」に行く »

2008年10月24日

「グリベル モンブラン」の小さな三脚椅子

Img_6469_1_1_1


イタリアの「グリベル モンブラン社」の軽くて使いやすい小さな三脚椅子。

正式名は「トレッキングチェア」と言う。

その携帯椅子を先日、池袋の「世界堂」に買いに行ってきた。

野外でのスケッチに立ったままでも良いのだが、長時間ともなると、どこでもいいから
座りたい時もある。

と云って、土の地べたに、じかに座るわけにもいかず、何か良い椅子はないものかと
以前から物色していたが、勿論、今でも四つばかり携帯椅子を持ってはいるのだが、
どれも意外と重かったり、大きすぎたり、座るたびに後ろにひっくり返ったりで、どうも気に
入ったものがなかったのである。


Img_6475_1_1


素敵な水彩画を描かれていた画家の「奥津国道」さんの画文集「水彩画プロの裏わざ」の
なかで紹介されていたのが、この「グリベルモンブラン社」の椅子で、ご自分でも永年愛用
されていたようだ。

重さがわずか400グラム。アルミニュームで造られている三本の足も半分にたためて、
袋に入れると、丁度折り畳み傘ほどの大きさになる。

見た目には小さくて華奢な作りのようだが、いざ、広げて座ってみるとすばらしい安定感がある。

椅子の高さが30センチというのも私にとっても具合がいい。

やや低めであるので、ひざにスケッチブックを置き、地面に置いた水彩絵の具のパレットから
色を取るにも楽に手が届く、これもありがたい。


Img_6476_1_2_1


また、自転車でスケッチに行くにしても、荷物は軽いのに越したことはない。

フレームのボトルフォルダーにもすっぽり収まる大きさで、持ち運ぶにしても苦には
ならないのが嬉しい。

と言って、この三脚椅子は何もスケッチ用に作られたわけではない。

「トレッキングチェア」と、名のあるとおり、さまざまなアウトシーンでも活躍しそうだ。

たとえ地面の草が濡れていても、泥んこ道であっても、とりあえず休みたい時に休む事ができる。

これから頼りになりそうな道具のひとつである。


世界堂価格で3612円。

世の中には本当に良いものもあるものです。

_

|

« 秋のひざし 多摩川を走る | トップページ | 安曇野「碌山美術館」に行く »

コメント

私も欲しいと思っていたもの.3本足は植木屋さんの使っているはしごで、何処でも安定するのでいいですよ.早速買いに行きたいと思いますありがとうございます.

投稿: 男爵tom | 2008年10月25日 08時47分

男爵tom さん。
数多くの携帯椅子がありますが、この「グリベル モンブランの三脚椅子は特におすすめできます。
デザインの国、イタリアならではの小型ながらシャレた色合いです。
ブルーとブラックがあります。
ただし使用時には平坦な場所を選ぶ必要はあります。
お試し下さい。

投稿: プッポロ | 2008年10月25日 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のひざし 多摩川を走る | トップページ | 安曇野「碌山美術館」に行く »