« 安曇野「碌山美術館」に行く | トップページ | 和田掘公園の秋 »

2008年10月29日

立教の 「メサイヤ」の季節がやってくる

Img_6481a_1_1_2


春は四月の桜、夏は七月のプラタナスの緑、秋はモーリス館とチャペルのツタと木々の
紅葉。

そして、真冬に浅く積もった雪のキャンパス。

春夏秋冬、そのくり返しから、もう永い年月がたちました。

この立派な堂々とした建物が立教チャペル、正式名が、立教学院諸聖徒礼拝堂です。


103_0308_1_1


このチャペルをこの場で描いた、この絵も早いもので、かれこれ10年も前のことになります。

たくさんの学生さん達の中で、また先生もいらっしゃるわけで、このキャンパス内でスケッチ
するには、かなりの度胸が必要です。

スケッチでは建物が地べたに、じかに建っていますが、7,8年前になるでしょうか耐震性に
問題があると、その当時、大変な大工事で建物全体を底上げして、土台にゴム状のクッションを
引いたものでした。

現在では大理石の上に堂々と建つ、すばらしい建造物であります。


Img_6484a_1_1_2


チャペルと左側の建物がチャペル会館。

すべての事務はここで行われています。

真ん中に立つのが、アメリカ聖公会の宣教師、立教大学の創始者でもあります、チャイニング
ムーア ウィリアムズ主教の像であります。

「道を伝えて己を伝えず」 という、言葉を残されています。


Img_6482a_1_1_1_2


古い話ですが、昔、灰田勝彦さんと言うスマートな歌手がいました。

そのヒット曲に「鈴懸の径」 (すずかけのみち) というのがありますが、ご本人がこの大学に
在学中に作られた曲と聞いています。

この写真の右手にスズカケの木、(プラタナス) の並木路がありそれを歌ったものであります。

片隅にはその歌碑がありましたが、・・・・・・  今でも残されていると思います。


Img_6487_1_1


立教チャペルの礼拝堂であります。

祈りの場、それは自分を見つめる場であり、人を思いやる場でもあります。

あらためて、人のために何ができるのか、深い思索と心の安らぎを与えてくれる場でも
あります。


Img_6485_1_1


教会で一番忙しく、華やかなのはこれからの季節かもしれません。

クリスマス。

モーリス館前にあるこの2本の大きなもみの木に、12月になりますと見事なイルミネーションが
点灯いたします。

お台場、六本木、恵比寿ガーデンプレイスなどなどの、今流行のハイテク照明も本当に
綺麗ですが、こちらの静かでクラシックなクリスマスツリーも、また、いいものです。


Img_6499_1_1_1


       第47回立教大学メサイヤ演奏会のご案内です。

       12月8日 月曜日  東京芸術劇場 大ホール

           17時30分開場  18時15分開演

 S席2500円  A席2000円 A席ペア 3000円(2枚)  B席1000円 B席ペア 1500円(2枚)

   ヘンデル作曲 オラトリオ メサイヤ は、250名の合唱と多彩なゲスト、そして
   100名を超える立教大学交響楽団による壮大な年末恒例の演奏会であります。

   音楽大学でもないのに交響楽団を持つのは六大学の中でも立教だけといわれます。

   熱意あふれる一大イベント、今年も大いに楽しみであります。


    チケットのお問い合わせ

    立教チャペル チケット窓口 03 3985 2682

    または 東京芸術劇場チケットサービス 03 5985 1707

    チケット郵送ご希望の方は、東京芸術劇場の方へお問い合わせ下さい。

 
    立教大学メサイヤ演奏会  ホームページもご覧下さい。   
              

|

« 安曇野「碌山美術館」に行く | トップページ | 和田掘公園の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安曇野「碌山美術館」に行く | トップページ | 和田掘公園の秋 »