« ジャイアントのSeat Bagsとワイヤー錠そしてTri Bag | トップページ | この秋の国立劇場が面白い »

2008年8月30日

ブルーベリーの収穫

Img_5979_1_1


我が家の、わずかばかりの狭い庭に、3鉢のブルーベリーがあります。

それぞれに桜の頃には、白い小さな花を咲かせましたが、それがご覧のように
たくさんの実を結び、いま、収穫の時期を迎えています。

その小さな実は、つぶらなブルーの瞳のようで、その名も、ラビット アイという種の
ものです。

今年はどういうわけか、例年になく、たくさんの実をつけています。


この木はアメリカなどでは、どちらかと言えば荒野、原野といわれるような、土地に
生育しているらしく、、雑木の分野に入るようです。

それでいて、いざ育ててみると、案外気難しい面もあるのです。

たとえば肥料のやりすぎに弱かったり、水を少々切らしても枯れやすかったり、
土が合わなくてもうまくいかなかったり、暑すぎてもだめだったりもします。


Img_5980_1_1_1


日本ではまだ、ほとんど馴染みのない頃、20年ぐらい前になるでしょうか、練馬の
環七沿いの「春光園」という園芸店で、実のついた苗を初めて目にして、一本買って
きたのが、この木との関わり合いの始まりでした。

大事に育てても枯れる時は枯れるもので、また買っては育てる。

それを何度かのくり返しで、最近になりようやく、いくらかコツのようなものが、分かって
きた気がします。

成木になり、8.9年になりますと、根元からランナーと呼ばれる、新しい枝が何本も
のびてきます。

その頃になると親木は、なんとなく勢いがなくなり、木全体の枝ぶりも乱れてきます。

根も張りすぎて、水はけも悪くなり、植え替えするにも鉢から抜けずで、まずはここま
でのようであります。

そのために、まだ木が元気なうちに、良い枝を切って、挿し木をして、次の木を作っておく。

これを我が家ではやっています。

今年たくさんの実をつけた、この木も代々の親木から挿し木をし続けたもので、まだ
4年ほどの若木です。

実は生食もいいですが、大量に取れた今年などは、久し振りに果実酒にしてみます。

2ヶ月もすれば、それは、ピンクも鮮やかな、きれいな酒の出来上がりです。


|

« ジャイアントのSeat Bagsとワイヤー錠そしてTri Bag | トップページ | この秋の国立劇場が面白い »