« 秩父 山あい自転車散歩 | トップページ | BD-1の実力 »

2008年6月22日

ベーグルの味

Img_5087a_1_1
BAGEL&BAGEL ベーグルアンドベーグル


親しくしている青年が、「ベーグルっておいしいですよね」って、云う。

ベーグル ?

さて、ベーグルって、聞いた事がない。
いったいなんなんだろう。

私の頭の中はぐるぐる猛スピードで、その言葉を検索してみたが見つからない。

「ベーグル ? 」 と、私は言葉に出してみた。

「そう ベーグルです 私のカミさんは 大好きなんです クリームチーズをぬって
生ハムとか レタスをはさんだりして食べるんです 代々木上原に いろいろ
トッピングをのせてくれる美味しいお店があるんです」

その話を聞きながら、ほぉー これはサンドイッチの様な 要するにパンのことかと
その明るい青年の顔を見ながら思った。

その数日後、代々木上原は遠いからと、まず、ベーグルについてネットで調べて
みたのです。

私にとってはまったく新しい食べ物、まだ見たこともない、未知の食物でもあります。

ネットに出てくる、さまざまなお店と、ベーグルの種類の多さに、まずびっくりした
ものでした。


Img_5145_1_1_1


アメリカで作られ冷凍で輸入されたものや、国内メーカーで作られたものやら、
調べているうちに、しだいに、このベーグルに、興味を持ち始めたのでした。

それ以来、街中などで見かけるパン屋さん、デパートの地下食料品売場、スーパー
などでも、見つけたときには、いろいろ買ってみて、食べ比べもしてみたりする
ようになったのです。

Img_5128_1_1
JUNOESQUE BAGEL ジュノエスク ベーグル

その結果、これはあくまでも独断と偏見でありますが、数多くの中から、今では、
この三種類が、主に私のお気に入りになっています。


BAGEL&BAGEL (ベーグルアンドベーグル)

ややソフト系のベーグル。
その品数の多さではナンバーワンかもしれません。

プレーン、白ゴマを使ったセサミ、豆乳と枝豆を練りこんだベーグル、オニオン
白ケシを入れたホワイト ピーシード、ブルーベリー、抹茶ホワイトチョコ、シナモン
など、15種を超える品揃えであります。 1個が約100グラムです。
値段は1個、150円前後から180円前後です。


JUNOESQUE BAGEL (ジュノエスク ベーグル)

やや固めに出来ていて、それだけに小麦粉がぎっしりと詰った感じのベーグルです。

1個が約130グラム前後と、ずしりと重い感じです。

初めて食べたのが、このジュノエスク ベーグルでした。

新宿伊勢丹地下のショップで見つけたもので、輪切りにして、レンジなどで暖め、
クリームチーズ、マヨネーズなどつけて、はさむものは何でも良く、また、そのままでも
美味しいですよと、お店の方に、アドバイスされたものでした。

プレーンベーグル、ブルーベリー、豆乳、全粒粉、ほうれん草、トマトとチーズ、
その他オリジナルベーグルなど、本当に美味しいベーグルが、多数作られています。
値段は1個、150円から200円前後です。


Softbagle_w_berry_3
日本ハム ソフトベーグル

日本ハムのソフトベーグル。

最近、西友などのスーパーでも目にするようになりました。

1個が約70グラム、手にとってもやや軽い感じですが、味は良く出来ています。

ブルーベリー、トマトとチーズのベーグル、その他何種類かありますが、他の
メーカーのようには、それ程品数は多くないみたいです。

値段も1個、100円前後と買いやすいベーグルです。


さて、ベーグルって、その起源は歴史的にも、かなり古いものらしいですね。

「ウィキぺディア」によると、1683年、ウィーンのユダヤ人のパン屋によるものとか、
そして、そのベーグルを、ポーランド王 ヤン3世にトルコ戦争の勝利を祝して献上
したとも云われるとあります。

なかなか、大変な物のようでもありますが、その始まり云々よりも、ここは素直に、
今に作られている、それぞれの素敵なベーグルを、気軽に味わいたいものです。

小麦粉と酵母菌、そして水と、わずかな塩。

この素朴な中に、あのうまみを出す、こねて輪にして、一度茹でる、そして、
あらためて焼き上げる。

シンプルに見えていて、隠れた所に手間隙かける、それは普通の食パンには
感じられない、物づくりの哲学が、その味の中にあるような、私は気がします。

                          +


|

« 秩父 山あい自転車散歩 | トップページ | BD-1の実力 »

コメント

こんばんは。
私もベーグルという代物を食べたことがありません。まぁ街でそんな専門店やらを見かけますけど(^^;
プッポロさんが記事にしたので食べてみようと思います。

投稿: gan | 2008年6月23日 22時23分

ganさん。こんばんは。
ベーグル、私も半年ほど前に始めて知ったものでした。
パンといえばパンなんですが、それ自体のほのかな甘さと、もちもち感とよく言われますが、それが何ともいえずの旨さになっているように思います。
日本にはまだ10年ほどの歴史しかないようで、これからの食べ物だと思います。

どうぞ一度試してみて下さいませ。
有難うございました。

投稿: プッポロ | 2008年6月24日 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父 山あい自転車散歩 | トップページ | BD-1の実力 »