« 庭の花 ぼたん | トップページ | ジャイアント OCR1の サドル »

2008年4月30日

庭の花 シャガ

Img_5029a_1_1

標高1000メートルにも満たない、いわゆる低山ハイキング。

その頂をきわめ、山頂から一気に急な坂道を下る。
樹林の中をところどころに切り開かれた展望台らしきものを、二つ、三つ、
通り過ぎ、今度は植林された、杉林を右に左にと、蛇行するようになおも下る。

それもいい加減に飽きてきた頃、はるか下のほうから沢の流れの音が
聞こえるようになると、いつものことながら、ほっとする。
この長かった下り道も、そろそろ終わりにちかずいてきているからだ。

細い道ながら里の人の道路にいきなり、ポンと飛び出すようにしてその道に出る。

Img_5015a_1_1


そこからは、歩きにくい石ころの多い道を、沢に沿って、ゆるやかに下って行く。

春の今の季節、沢の両側の斜面には、白いシャガの花がどこまでも、どこまでも
続いている。

光沢のある、つるりとした葉と共に、シャガの花びらの何と複雑で、色と言い形と言い
実にシャレて出来ていることか。

山間のバス停までのまだ長い道を、このシャガの花と一緒に歩いたことは数え
切れないくらいに私にはあります。

Img_5016a_1_1


我が家の庭の片隅に、今、シャガの花が盛りをむかえています。

狭い庭の中に、このシャガの占める割合は一坪ほどでしょうか。
毎年増え続け、ある程度のところで規制もしないと、今にえらいことになりそうだと
思いながらも、なにもしていない。

それだけに本当に山の中で咲いているように、うっそうとした中に白い可憐な花を
見せています。

Img_5080_1_2_1


昔から山登りが好きだった私としては、山から植物を取ってくるなど勿論した
事がないし、考えたこともないというのが本当のところです。

それがこの庭の中にある、シャガはと言われますと、いささか弁解がましいことに
なりますが ・・・・・・・。

若い頃から山の会のリーダーをしていたのです。
大勢の方々を案内しました。

実は今でもやっているのですが、その参加される大勢の中には、これはごくまれな
話ですが、山を下り、駅に近ずく頃、いつの間にか、数人の方の背負っているザックから、
先ほど山に咲いていた花が顔を出しているのです。

そのゆらゆら、ゆれている花を見るたびに私は複雑な気持ちになるのです。
事前に注意はしているのですが、よほどその花が欲しかったのか、つい手を
出してしまう。

山には沢山あるんだから、一本二本抜いてもどうってことはないと、軽く考えているのでしょう。

それも判るような気がするのですが ・・・・・・・・。
相手は大人だし、楽しそうな様子をみると言いにくいし・・・・・ 難しいことです。


このシャガも多分その一本だったと思います。


「リーダーさん このシャガ 一本あげる」って。

山の駅で荷物の整理をしている時に突然私に手渡しをするのです。
山の中ならともかく電車に乗る直前です。

その辺に捨てるわけにもいかず、「ありがとう」で、受取ってしまう。

たぶん、それを庭に植えたものだと思うのです。

その一本が今、庭で群生になろうとしています。


こんなに増えてしまっては、ふるさとのあの山に、もう戻すわけにもいかないし。


                   ・


|

« 庭の花 ぼたん | トップページ | ジャイアント OCR1の サドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の花 ぼたん | トップページ | ジャイアント OCR1の サドル »