« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日

早春の小石川後楽園を歩く

Img_4515_1_1
小石川後楽園入口


あれこれ仕事も重なっているのに、その中にあって少々の息抜きもかねて、わずかな
時間ではありましたが、まだ早い春の 「小石川後楽園」 にちょいと行ってきました。


Img_4524_1_1


ご存知の通り、「小石川後楽園」 は、文京区後楽1丁目に位置し、お馴染みの「東京ドーム」の
西側にあります。

地下鉄丸の内線「後楽園」駅から、徒歩8分。

長い白壁の塀を、ほぼ一周するのではないかと思うほど、入り口まで人を歩かせます。
最近になって判ったことは、大江戸線「飯田橋」駅からでは、なんと徒歩2分だとか。


Img_4525_1_1


案内によれば、ここは、江戸時代の初期、水戸徳川家の祖である頼房が、将軍家光から
賜ったこの土地に上屋敷として造られたもの。

そして二代藩主の光圀 (俗に言う水戸黄門) の時に完成したとあります。


Img_4526_1_1


園内は中心部をしめる大泉水と呼ばれる大きな池があり、蓬莱島と呼ばれる
緑の島が望めます。

今の時期、水鳥を見るのも楽しみでしたが、意外にもカルガモばかりです。

それでも、樹林の中では、シメ、アオジ、キクイタダキ、カワラヒワ、シジュウカラなどがいて、
西側にある小さな池、西湖では、カワセミが見られました。


Img_4530_1_1


Img_4532_1_1


散策路は一周約 1,5キロほど。

周囲の道は起伏に満ちていて、「東京ドーム」の隣にあるとは、とうてい思えないほどの、
深山幽谷の趣であります。

石段の山道あり、白糸の滝ありと、それは素敵な散歩道が続きます。

Img_4528_1_1
「丸屋」


Img_4534_1_1
「九八屋」


Img_4592f_1_1
「九八屋」を描く  絵 プッポロ 22,5㎝×16㎝ 紙 ファバーカステル


国の特別史跡、特別名勝に指定されている庭園でもあります。

この二重指定を受けているのは全国でも、この「小石川後楽園」、「浜離宮恩賜庭園」
「金閣寺」など、ごく限られたものです。

園内にはその雰囲気の良さに、とけ込むようにして、数々の建築物が見られます。
それは、「丸屋」というお休み所であったり、「九八屋」であったりします。

今回も私は、小さなスケッチブックを持参して、その「九八屋」なる建物を描いてみました。

このかやぶき屋根の風流な「九八屋」とは。

江戸時代の酒亭を景観の中に取り入れたもので、「九八」の意味は、
「酒は昼は九分目、夜は八分目が適量」というのが、「九八屋」の名の由来であります。

この小屋を描くのは、今回が二度目のことです。


Img_4521_1_1
ろうばい


Img_4536_1_1


Img_4537_1_1


Img_4538_1_1


今は一年で一番花の少ない時でしょう。

早春の花、ロウバイが、わずかに咲く程度。

そして、梅が二本、三本、それも、ちらほらという程度です。

しかし花の庭園とも言われるここは、来月、 2月の梅まつりにはじまり、
3月下旬の大しだれ桜、池を取り囲むようにして咲き乱れるソメイヨシノ。
続いて咲く藤の花。

6月の花菖蒲もなかなか見事なものであります。

120本あまりある、梅林はそれはそれは、見事なものであります。
種類も20種ほどあると聞いています。


Img_4539_1_1


Img_4541_1_1


いたるところに水の流れが豊かにある、この庭園。
案内図で見ますと、全面積の五分の一ほどが、池であったり、川の流れであったりで、
それだけに、しっとりとした潤いのある感じがするのかもしれません。

1,5キロほどの散策路も、少し行けば、水を渡る橋に、また、さしかかります。
そんな楽しい道がここにはあります。


Img_4542_1_1


そして、山頂への愛宕坂を、わずかに登りつめると、展望の良い八卦堂跡に到着です。

記録によればそれは結構大きな、お堂だったようです。


Img_4546_1_1
「円月橋」


Img_4556_1_1
「通天橋」


「小石川後楽園」は、光圀によって完成されましたが、それはその当時、光圀は
明から亡命していた、朱舜水 (しゅしゅんすい) 儒学者の意見を広くここに取り入れて、
京都風回遊式泉水庭園に、中国の様式を加えることにより、豪壮にして、繊細な
大名庭園が出来上がったと云われています。

円月橋は水面に映る形が満月のように見えることから付けられた名称。
明の朱舜水の設計と言われています。

赤い橋の通天橋。
園内には珍しい色合いの、紅一点の建造物であります。

11月末の紅葉の頃にはさぞかし映えることと思います。


Img_4517_1_1


庭園入口近くにあるのが今は食事処の「かん徳亭」。

大小六つの部屋があり、和室、洋室があります。
純和風の建物は、かなり古いものですが、ここに来園される人たちの休み所に
なっています。

正午から開店する「美都屋」という名の料理屋でもあるところです。


Img_4558_1_1


Img_4565_1_1


「後楽園」という名も朱舜水の進言によるもので、宋の時代に書かれた「学陽楼紀」の一節。

士当先天下之憂面憂
後天下之楽面楽

( 士はまさに天下の憂に先立って憂い
天下の楽しみに後れて楽しむ)

まず、士は世の苦しみを先立って受け 楽しみはまずは庶民が先に楽しみ 士はその後に楽しむ、
と言うところでしょうか。

これが「後楽園」の名のいわれだそうです。


ところで、この日、私はメニューのうちから、鉄火丼セットを頂きました。

鉄火丼にミニたぬきうどん、それに香の物がつく。

ひとり静かに、おいしく頂いたものでした。

                    *


| | コメント (0)

2008年1月23日

TOKYOセンチュリーライド2008in荒川 参加募集はじまる。

注目していました 「TOKYOセンチュリーライド 2008in荒川」の参加者募集が
いよいよ始まりました。

1月22日付けでその詳細が発表され、それと同時に受付開始となったのです。

その詳細の一部をここにご紹介いたします。

  大会名称   TOKYO センチュリーライド 2008 in 荒川
  主催 ・主管  東京新聞社 サイクルスタイル ドットコム
   
  開催日程   2008年5月10日 (土)  
           午前7時30分~午前9時15分(ハーフセンチュリーの部)スタート(予定)  
           午前9時15分  (ファミリーの部) スタート(予定)
  
  大会コース  スタート・ゴール 葛西臨海公園 汐風の広場
           10km エイドステーション  平井運動公園
           20km エイドステーション  荒川区営少年運動場
           30km エイドステーション  荒川戸田橋緑地
           40km エイドステーション  志木秋が瀬さくら草公園
     
            *10kmごとに設置されたエイドステーションが、それぞれのコースの
             折り返しポイントとなります。
             折り返しポイントにて、認定ステッカー(予定)を発行します。

  コース距離   ハーフセンチュリーの部
            <20km> <40km> <60km> <80km>
*初回の2008年大会はハーフ < 80km>を中心に実施します。
            コース距離は大会当日の判断で決めることが出来ます。
            
ファミリーの部
            <20km以下>
 制限時間    制限時間は号砲を基準といたします。
            *詳細は追って発表します。
  参加資格    ハーフセンチュリーの部
            中学生以上の自転車に乗れる男女。
  参加できる自転車  シティサイクル、ロードバイク、MTB、クロスバイク、
フォールディング、リカンベント などの公道を走れる自転車。
  募集定員    ハーフセンチュリーの部 
            1500人
            ファミリーの部
            500人 (ペア250組)
  参加料      ハーフセンチュリーの部
            5000円   中高生2500円
            ファミリーの部
            ペア 5000円
  エントリーについて   
            申込期間
            2008年1月22日(火)~2008年3月9日まで。
            エントリー人数が定員を超えた場合は抽選。
  参加記念品   参加者には記念品の授与と完走証の発行。


等々と発表されま した。

なおこれは、あくまでも抜粋でありまして、詳しくは公式ホームページ
http://www.100mile.jp/ をご覧下さい。

さて、これはこれでいいのですが、その一週間前の5月4日(祝) には、東京
サイクリング協会主催の「東京センチュリーライド」が今年も行われるのです。

こちらもあわせてご紹介しておきますと。


   名称   東京センチュリーライド
   主催   東京サイクリング協会
   開催日  2008年5月4日 (祝)     
   参加者の規模  100人 (昨年は137名参加)
   参加費  2000円  (会員外3000円)
   コース距離  120km 80km 40km
スタート・ゴール、ルート
         大島小松川公園から都内を笹目橋~河口の右岸、左岸。

と、なっています。

このふたつのセンチュリーライドの詳細を、今、眺めていますと、明らかにその
規模の大きさが違います。

かたや1500名とも2000名とも云われる参加者に対とて、東京サイクリング協会主催は
100人ほどとか。

参加費用も5000円に対して会員2000円、その他が3000円。

今回の大会に関して、東京サイクリング協会には、東京新聞社から後援ならびに
協力の要請があったようです。

しかし、一週間後にひかえた、この大きな大会に対して、現在の東京サイクリング
協会の体制では対応できないと要請を遠慮することとなったそうです。

あくまでもこちらが「元祖」であるとして、可能な範囲で今まで通りの対応で今年も
実施していくということであります。


しかしですね、それにしても何で同じコースで、名前も同じで、しかも同じ時にやるのか、
その東京新聞社側の気持ちがどうしてもわかりません。

先輩に対しても別のネーミングを考えるべきだし、時期も重ならないようにすべきだと
思うのです。

都内の大きな大会では別に 「東京シティサイクリング」が、9月に行われます。

ですから、桜咲く4月初旬にするとか、または初夏のすがすがしい7月に、または紅葉の
美しい11月に入ってからと、いくらでもいい時期はあるではないですか。

なんとも複雑な気持ちにさせる 「TOKYOセンチュリーライド」の開催であります。

                   *

              


               

| | コメント (2)

2008年1月19日

2008 5月 東京センチュリーライド

Img_mainvisual


5月開催予定=荒川河川敷管理道(東京~埼玉)往復コース
首都圏では初めての長距離市民サイクリング大会。初回は荒川沿いに志木秋ヶ瀬まで最長80kmのハーフセンチュリーとして実施いたします。競走ではなく、長距離をゆっくり走る内容(定員2000名の予定)です。往復20kmのファミリー部門もございます。近日中に募集開始予定です、今しばらくお待ちください。

☆★サイスタ最新トピック!!★☆ 
--------------------------------------------------------------------------
TOKYOセンチュリーライド2008in荒川:1月22日(火)参加申込開始します!
--------------------------------------------------------------------------

お待たせ致しました!

TOKYOセンチュリーライド2008in荒川の参加申込の開始が
1月22日(火)に決定致しました。
当日、公式ページが正式公開されます。
今まで公開できなかったコース紹介、参加条件などをくまなくチェック!!

春のTOKYOを楽しく走りたい方、ご参加お待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京初ロングライドイベント
『TOKYOセンチュリーライド2008in荒川』
公式サイトアドレス
 http://www.100mile.jp/


「サイクルスタイル ドット ネット」 から最新メールマガジンが届きました。

トップニュースとして、かねてから注目を集めていました、「東京センチュリーライド」に
ついての情報がそこには記されていました。

再三にわたって詳細は先送りの状態でしたが、ようやくのことで、1月22日参加申込開始
までこぎ付けたようです。
当初は定員1200名といわれていましたが、今回の案内をみますと大幅に増えて、2000名
との事です。

昨年9月16日に行われました、「東京シティ サイクリング」の場合、定員が1300名となって
いましたが、その後の希望者があまりにも多く最終的には2000名になっていたようです。

なんとなく、それらを見越して「東京センチュリーライド」の方も、2000名となったような気が
致します。

正式な日にち、参加費、スタート地点、などなど詳しいことは、申込開始の1月22日に同時に
公式ページで発表されるようです。

興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

わかりしだい、ここのブログでもご紹介させて頂きます。


                      *

| | コメント (0)

2008年1月17日

東京下町散歩 上野界隈 谷中街歩き

Img_4467_1_1


私がやっているクラブ 「小さなハイキング」、今年、最初は、「東京下町散歩
上野界隈 谷中街歩き」と題して来週行われます。

予定参加者全21名。

山登り、街中歩きにかかわらず、すべて下見をしている私ですが、今回もご多分にもれず
やはり先日、このコースを歩いてきました。


Img_4470_1_1


まずは上野駅は公園口を出て、信号を渡れば、普通は文化会館と西洋美術館前を
まっすぐに行く所ですが、今回は珍しい彰義隊の記念碑、そして、清水観音堂を拝観
しながら不忍池に向うというコースをとっています。

赤いお堂が目立つ、清水観音堂(きよみずかんのんどう)。

京都にある清水堂をまねて造られたもので、ここの近くにある擂鉢山から、元禄
11年 (1698) 現在の所に移されたという国の重要文化財であります。

また、ここの子育観音は子宝授けで信仰を集め、願いが叶ったお礼にお人形を
奉納する慣わしが古くからあったとのことです。

京都と同じ清水の舞台もあり、そこから望む不忍池も木々の間からは、すがすがしく
望めるというものであります。


Img_4472_1_1


お馴染みの弁財天を祭る不忍池の弁天堂は、昭和20年の戦災で焼け、昭和33年に
再建されたもの。

また、弁天様は谷中七福神のひとつで、広く人々に親しまれ多くの信仰を集めてもいます。

後ろを振り返れば、今、降りてきた赤いお堂、清水観音堂が、頭上に望まれます。


Img_4473_1_1


オナガガモ、キンクロハジロ、マガモのいずれも♂。


Img_4476_1_1


ヒドリガモの♂。

餌を与えないようにの注意書のせいか、本当にカモ類を中心にして、この不忍池から
鳥たちが少なくなりました。

渡り鳥たちの肥満化が進み、渡りに支障をきたす、今まで考えた事も無かったことです。
これを機会に動植物の生態系にも、大いに関心を持ちたいものと思ったものでした。


Img_4475_1_1


中国料理の名店「東天紅」。

今回は年の始めもあって、こちらでバイキングによる賑やかな「新年会」を予定しています。

以前にもお世話になった「東天紅」、30種類あまりの料理もなかなかの好評でした。

フロントでの当日の打ち合わせ。

下見の中でもここが一番重要なところです。
頭を低く丁寧に、ひたすらお願いする。
そしてこちらの希望を通していく。

今回もバッチリです。


Img_4479_1_1


その「東天紅」の前に広がる不忍池。

一周約2キロとか。

かっては江戸湾 (東京湾) の水が入り込んでいた名残の池。

資料によりますと、上野の山の寛永寺を、比叡山延暦寺に見立てた天海僧正が、
不忍池を琵琶湖になぞらえて竹生島の代わりに弁天島を造らせたものとあります。

江戸時代からハスの名所として、また月見の名所としても知られ、入り口に出会茶屋も
並んで、大いに行楽客がその当時から賑わっていたようであります。


Img_4481_1_1

五条天神社。

不忍池から再び上野の山に登ります。
その登りつめた所にあるのがこの五条天神社。

五条天神社は、亀戸天神、八王子の谷保天神社とともに江戸三大天神社のひとつ。

谷保天神社は郊外にあり参詣途中で、日が暮れてしまうので野暮天神とも言われ、
野暮天の語源にもなったと言われます。

病気平癒、学業成就、医学の神様。
薬祖師として信仰を集めた神社といわれています。

下見の時はご覧のように、丸いしめ縄が飾られ、参詣者はその中を八の字に渡り歩く
という珍しい光景を目にしました。


Img_4483_1_1


すぐ右隣にあるのが、花園稲荷神社。

祀られた年月日は不明だそうですが、古くからこの地にあり、忍岡稲荷が正式名とか。

石窟の上にあったことから、俗称穴稲荷とも云われる。
承応三年 (約340年前) 天海大僧正の弟子、晃海僧正が霊夢に感じて廃絶していた
お社を再建し、上野の山の守護神としたそうです。

明治6年に現在の花園稲荷神社に改名とあります。


Img_4486_1_1


「時の鐘」を通りすぎ、上野精養軒前を少しだけ北に進むと、上野の山を代表する
東照宮の山門が見えてきます。

参道には左右に石灯籠が立ち並び、かなりの昔にここでスケッチをしたことを懐かしく
思い出します。

左手には「冬のぼたん」を、2月下旬まで開催中。

藁囲いの中で可憐に咲くぼたんの花。

ここもみなさんをご案内したい所です。


Img_4495_1_1

Img_4489_1_1

Img_4493_1_1


ご存知の通り東照宮は徳川家康公を祭る神社で、慶安4年 (1651) 家光の時に
現在のような豪華な社殿につくり変えられたものです。

200円の拝観料を払って神殿のなかを歩いてみます。

そこには実際に家康が着用されたという鎧兜などが整然と並んでいて、中でも私の母が
好きだった ? 家康の御遺訓は、不思議なもので今でも私はすらすらと出てきます。

゛人の一生は重荷を負て 遠き道を行くが如し
 いそぐべからず

 不自由を常とおもへば 不足なし
 こころに望おこらば
 困窮したる時を思ひ出すべし

 堪忍は無事長久の基 いかりは敵とおもへ
 勝事ばかり知て まくる事しらざれば
 害 其身にいたる

 おのれを責めて 人をせむるな
 及ばざるは 過ぎたるよりまされり ゛ 

 
Img_4497_1_1


旧寛永寺の五重塔。

今は動物園の敷地内になっています。

そして、東照宮とともに国の重要文化財に指定されています。


Img_4503_1_1


Img_4505_1_1


さて、上野の山を、ひとめぐりしたあとは、芸大前を通り過ぎ、歴史と文化、知性と伝統
が今に残る、谷中の街をご案内。

ひっそりとした骨董品のお店。

普通のお宅と思ったら、なんと小さなレストラン。

家族で手づくり谷中せんべい。

お風呂屋さんみたいな美術館。

何屋さんか良く判らない愛玉子。

隣から隣りに続くお寺さん。

そして、行き着くところは、夕やけだんだんのある、谷中銀座の商店街。

はたしてここまで行けるかどうか。

そんな「小さなハイキング」、今年で 22年目に入ります。

                *

| | コメント (4)

2008年1月 6日

国立劇場 初春歌舞伎公演

Img_4449_1_1


1月3日初日。

通し狂言「小町村芝居正月」(こまちむらしばいのしょうがつ) の開幕。

その2日目、4日になりますが、東京は三宅坂、国立劇場に行ってきました。

普段とは又違った華やかさ、美しさ、楽しさが、場内にはいっぱいにあふれています。
女性の和服姿も多いのは勿論のこと、正月ならではの男性の着物姿も、最近では結構
見られるようになりました。
それも年配者ばかりではなく、二十代、三十代の若い方の着物で来る方が多くなってきた
ように今年は特に思いました。

私も昨年は着物でしたが、これが、なかなか着ごごちも良いものでありまして、ゆったりとした
気分というか、いかにもお正月の芝居見物といった雰囲気が味わえます。

今年は何となく着て行かなかったのですが、みなさんの着物姿をを見ますと、うーん 着て来れば
良かったと 悔やむばかりでありました。

来年は絶対に又、着物と・・・・・・ 先の永い話であります。
  

Img_4454_1_1


開演前には、お正月恒例の獅子舞が広いロビーで披露されます。

高い天井には繭玉が飾られ、大凧も左右に上げられ、それは賑やかなものです。

また今月は特に女性に人気のある、尾上菊五郎劇団の出演で、出し物も面白そうと、
超満員の盛況でありました。

このところ入りの悪さが目立つ国立劇場ですが、久し振りの大入りの賑わいは嬉しい
ものです。

それはひとえに出演者の顔ぶれのよさ、演目の見どころの多さに掛かっているようです。


Img_4452_1_1


219年ぶりという今回の演目、

復活狂言といわれるものですが、長い間上演されないということは、その芝居はつまらない、
これではお客は呼べない、だからやらないであったわけですが、でも、それは昔の事。

現代では舞台機構が違います。

昔は出来にくい事が今では軽く出来てしまう。
今月の、このスペクタルたっぷりの、この芝居を見てつくづくそう思ったものでした。

要するに地味でつまらなかった芝居を、国立大劇場の最新設備をふんだんに使って、
ショーアップして見せる、内容も219年ぶり、誰も知らない、また誰も見たこともない芝居です。

縦横無尽にあることないこと、面白く作りかえることも出来るわけです。
名作中の名作はそうはいきません。

お客を楽しませることの旨いのが尾上菊五郎さんです。
サービス精神旺盛な方だけに、アイデァも随分出されたそうです。

毎年恒例になりつつある菊五郎劇団のお正月公演。

今年も大いに楽ませてもらいました。

1月27日まで上演です。


                  *

| | コメント (0)

2008年1月 4日

年の初めは白鳥見物

Img_4320_1_1


新しい年も明けて今日は4日、早いものであります。
ここの所、幸いにして関東では晴天続き。
2日は今年最初の自転車の初乗りをしてきました。

かねてから きーじぇいさん に教えて頂いていた埼玉県は、越辺川にあります
「かわじま白鳥飛来地」を訪ねてみました。

久し振りの荒川サイクリングコース、まずは笹目橋のたもとからの出発です。


Img_4329_1_1

Img_4331_1_1


街中はほとんど風もなく、これは良い自転車日和と思っていましたが、とんでもない向い風。

秋が瀬橋を渡る時など横風がすごく、新上江橋から入間大橋、釘無橋と全コース
すごい向い風、途中から帰ろうかなと思ったほどでしたが。

それでも、こりゃあ、帰りはきっと楽だぜの気持ちだけで、落合橋に着いたのでした。


Img_4336_1_1


その落合橋のたもとから左に入る道をたどって5キロほど、ガソリンスタンドの
わきにある 「かわじま白鳥飛来地」 の立て看板を見たときには正直ほっとしたものでした。

もう向い風がないだろうと。


Img_4338_1_1


その交差点から700メートルと表示されている通りに行きますと、越辺川の土手に
突き当たります。

わずかな階段を自転車を担ぎ上げ、河原に下りればご覧のような光景が広がります。

そこには確かに白鳥が泳ぎ、コホー コホーの懐かしい鳴き声が聞こえます。

しばらくは白鳥の写真がやたらと続きます。

Img_4339_1_1


Img_4342_1_3_1


Img_4345_1_1


Img_4348_1_1


Img_4352_1_1


Img_4358_1_1


Img_4359_1_1


この「かわじま白鳥飛来地」に来ている白鳥はコハクチョウと思われます。
「日本野鳥の会」に永く所属していて多少勉強した事があります。

ここで少々お話しますと白鳥は日本では三種類確認されていて、二種類が冬鳥として
日本にやって来ます。
お馴染みのオオハクチョウとコハクチョウであります。

もう一種類は迷鳥で口ばしの付け根に、こぶがあるコブハクチョウです。
本来は渡ってこない鳥で動物園や、公園から飼われていたのが逃げ出したものが
多いようで、皇居のお堀には一年中見られるものであります。

さて、オオハクチョウとコハクチョウはどうして見分けるか。
オオハクチョウはやや大きいのですが、全体の姿はほぼ同じです。

それは、口ばしにある黄色の形が違うのです。


Img_4445okok_1_1


オオハクチョウは口ばしの先端にある黒い部分の黄色がとんがっています。
矢印のあるところです。


Img_4443okok_1_1


こちらはコハクチョウです。

口ばしの先端にある黒い部分の黄色が丸くなっています。

面白いでしょう。

Img_4345_1_5_1


この越辺川で写した写真をトリミングでアップして見ました。

あまりはっきりしませんが、それでも何となく黄色が丸い感じに見えます。

もちろん双眼鏡で確認していますが、間違いなく、コハクチョウのご一行様でした。


Img_4360_1_1


私は鳥を見るのも好きですが、鳥を見る人を見るのも好きです。

鳥の識別に頭を悩ます人、珍しい鳥を見たい人、良い写真を撮りたい人、
それぞれに鳥を介して楽しみが広がるようです。

特に鳥の識別は難しく、難解なパズルのようだと言われます。
それだけに鳥をやったら病み付きになります。

Img_4364_1_1_1_1
拡大されます。


Img_4367_1_1


ここは白鳥から少々離れてロープが張られています。

驚かさない配慮がされています。

有名な鳥の観察地、宮城県の伊豆沼にも「日本野鳥の会」で行っていますが、
何しろ場所が広範囲で望遠鏡が絶対必要です。

多種類見られることは見られますが、それにしても遠いです。

それに引き換え、ここは白鳥だけですが、近くていいですね。
環境もとてもステキです。

Img_4380_1_1_1

Img_4386_1_1

Img_4402_1_1


遅くなりましたが、午後の3時の餌の時間を待ってみました。

「白鳥を守る会」の方々が中心になって保護されているようです。

私もカウンターを持ってきて、白鳥の数えてみましたら68羽でしたが、係りの方の
カウンターでは70羽とのことでした。

一番多いときで140羽を少々超えるそうですが、それはこれからとの事でした。


Img_4409_1_1


落合橋からの越辺川の流れです。

立派な川ですね。
ゆるやかに流れる水の色が何ともきれいです。


Img_4416_1_1_2


同じく落合橋からの眺めですが、こちらは少し細い川。
小野川というようです。

いずれにしてもまもなく入間川に合流する所で、とっても風情がありますね。

Img_4417_1_1


帰りは追い風に乗って飛ぶが如くでありました。

その早いこと、どこかに追い風だけのコースはないものでしょうか。


Img_4426_1_1


羽根倉橋の手前で陽は落ち始めました。

何か目的を持って自転車に乗る。
鳥を見るために乗る、絵を描くために自転車を走らせる。

カラダのために乗るのも、これもいいかもしれない。

それにしても、今日の白鳥見物は最高でした。

自転車ってやっぱり面白いものですね。


* 図版は「日本野鳥の会」刊 フィールドガイド 日本の野鳥から借用しました。


走行距離 92,89キロ
 

                    *

| | コメント (2)

2008年1月 1日

新年あけましておめでとうございます

103_0356a_1_1_1_1
稲村ヶ崎の海    絵 プッポロ

新年明けましておめでとうございます。

「プッポロ春夏秋冬」 昨年もたくさんの方々が、ご覧下さいました。

自転車を趣味とされる方、歌舞伎好きの方、また、スケッチを通じての方々と、
その他、かなりの多方面にわたって検索されておいで頂きました。

しかしながら、力不足もありまして、そのご期待には、なかなか沿えられませんが、
とりあえず、今年もどうぞよろしくお願い致します。


                                プッポロ

| | コメント (5)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »