« BD-1で 夜練 ? | トップページ | 八月上席 柳家小三治という噺家 »

2007年8月 6日

蝶の写真を撮る

Img_2897_1_1


デジタルカメラを使い始めて約4年。
それ以前には、ニコンの一眼レフのフイルムカメラが、これが約25年あまり。

その前にもいろいろなカメラを手に入れては使っていたので、写真歴なる言葉があれば、
それは結構長いものになる。

その間にはさまざまなモチーフに取り組み、それなりに写してはきたが、そのなかでも
これだけは考えたことも無いのが蝶の写真。

蝶の写真、まず蝶を写すなど自分には考えられないこと、蝶などは専門家でなければ
写せないもの、写してはいけないもの、蝶を写す人などは、何か特別な特殊事情がある人、
などと頭の何処かで思っていたものだ。

それが最近、写真の抜群にうまい、とりみさん、の、蝶の写真。
そして、きーじぇいさん、も、写されている見事な蝶の写真を見るに付け、これはすごいなぁと
思うばかりでありました。


Img_2899_1_1


先日、私の仕事場から、何気なく大きな窓から外を眺めていた時、その窓の下にある
プランターのランタナの花に一頭の蝶が舞い降りてきた。

オレンジに黒の斑点、両翼には黒字に白の斑点と、その名前はわからないが、全幅
10センチほどの大きさの綺麗な蝶だ。

ふーん きれいな蝶々だ。

ふーん 写真ねぇ 撮れるわけないよな。

あんなに動いているのにさ  ひょんひょん飛んでいるのに 写真を撮るなんて
出来るわけないさ。


ほぅ 花の蜜を吸うのか、おゃ 動きがいくらか止まったね。
撮れるかなぁ  やっぱり撮れるわけないよなぁ と、思いながら、急いで引き出しの
中からデジカメを取り出した。

何はともあれ、外に出て、その蝶の背後にそっと回った。


Img_2908_1_1


カメラの絞りを目いっぱいあけて、シャツタースピードを速くする。
チューリップマークのマクロのボタンを押して、なおも近かずく。

おゃ 蝶々は何とも思っていないようだ。

カメラをチラッと見たようだが、そのレンズを見て、デカイ目だなと思ったようだ。
友達か ? そんなことあるわけない。


まずシャツターを高まる気持を抑えながら切ってみる。

カシャ  蝶々は何ともない。  知らん顔だ。

今度はもっと近ずいてみる。
そこで カシャ  おや 無視しているぞ。

もっと近くにカメラを持っていくが、気が付かない振りをしているようだ。

そらぞらしいったら、ありゃしない。 蝶々の気持が、だんだんわからなくなってきた。

目の前で カシャ  今度は初めて迷惑そうな顔をした。

続けざまに カシャ カシャ カシャ カシャ カシャ カシャと惜しげもなく
シャツターを切ってみた。

今度こそは、あきれ返ったのか ふわりと高く舞い上がり、私に一度振り返り、
そして屋根の上に消えた。


初めての蝶の写真です。


                        *

|

« BD-1で 夜練 ? | トップページ | 八月上席 柳家小三治という噺家 »

コメント

おはようございます。
ツマグロヒョウモンの♀でしょうか?
綺麗に撮れてますねぇ〜一番下の写真が好きです。
蝶の種類によりますが、影が被らないように注意しながら、
そぉ〜〜と近づくと意外なほど寄れますね。
ついつい近寄りすぎてレンズがぶつかって飛ぶことが多々あります。
特に食事と交尾中は人に構ってる暇は無いらしく、
存在が完全に無視されます(笑)

投稿: とりみ | 2007年8月 6日 07時04分

とりみさん。おはようございます。
ツマグロヒョウモン。随分粋な名前ですね。

お褒め頂き有難うございます。
自分には絶対撮れないだろうと思っていましたが、撮ってみるもんですね。
出来の良し悪しは別にしまして面白いものだと思いました。

何だかこれも凝りそうです。


投稿: プッポロ | 2007年8月 6日 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BD-1で 夜練 ? | トップページ | 八月上席 柳家小三治という噺家 »