« 私と着物 | トップページ | ぼたんの開花 »

2007年4月21日

庭の花

Img_2064_1_1
日本さくら草

さくら草には数知れずと言われるくらいに、さまざまな種類がある。

最近では西洋さくら草の部類が、一般的に幅を利かせてはいるが、
その姿、優しさには、やはり日本古来の日本さくら草が、一歩も二歩も、
秀でているように思う。

我が家の庭の片隅には、いまその日本古来の日本さくら草と言われるのが、
ようやく咲き始めた。

このさくら草は、古くは江戸時代から改良が始まったようだ。

粋人と言うのか通人というのか、はたまた、ひま人というのかが、集まっては、
つぎつぎと新しい花を作っていったらしい。

現在残っている純粋のこれ等のさくら草は、ほとんどが実は江戸時代に、
作られたものだそうだ。

肝心なこの花の名前を忘れてしまったが、これは、「日本桜草の会」に所属する、
私の知り合いの、さくら博士ともいわれる方から、6種類ほど、頂いたうちのひとつ。

五枚の薄い花びらは外側が、きれいなピンク色、そしてその内側は白。
花は下向きに咲き、その姿のしおらしさが、この花の心情のようでもあります。


Img_2077_1_1
ボタン

猫の額ほどとよく言いますが、まさにその通りの我が家の庭に、
三本の牡丹の木がある。

薄いピンクに、濃い目の赤紫色が二本。

日当たりもそれ程、良くはないが、それでも、まずまずの花を、
毎年見せてくれる。

今日、少しだけ開き始めた、ピンク色の方の牡丹の姿です。

満開になったら、また、お知らせします。


Img_2068_1_1
ハナニラ

放っておくと、どこまでも増え続けるハナニラの花。

朝はみんな花は閉じていて、日中になるとご覧のようにいっせいに
同じ顔をして開いている。

雨の日も、薄暗い日は昼間も眠っている時がある。

花に表情があるというのか、見るたびに花の形に変化があり、
生きているのがよく判る面白い花だ。。


Img_2070_1_1
シャガ

このシャガの花も群落になりやすい。
我が家の庭でも増え続け、何とかしなければと時には思うが、
この花の綺麗さを見ると、むげに捨てられない。

何でこんなに込み入った花柄が必要なのだろうかと、じっと見つめる。

今の時期、山路をくだり、そろそろ人家が見える頃、
そこには決まって、沢があり、その沢の両岸には、これもまた、
決まってこのシャガの群落があった。

遠慮がちに咲いている、我が家の庭のシャガを見ると、なんだか、
また、あの清々とした、山に帰してやりたいなと思う時がある。


Img_2084_1_1
ヤマブキ

高さ1メートル50センチ程の高さにまで成長したヤマブキ。
黄金色に咲き乱れていた花も、もうすっかり散ってしまった。

花持ちはよくないが、切花として備前焼などの和風の花器にさすと、
結構いい風情が味わえる。
枝と言っても、山吹は横枝だけだから、花器に挿すのもむずかしいが。

人様に見せると、ほとんどの方が、「おゃ この山吹 花びらが大きい」って、
云われる。

それはそうかも知れない。
普通の山吹じゃないもん。

川越の喜多院の境内に咲く、お墨付きの山吹だもん。

その時あたりには見渡す限り、丁度、誰もいなく、だから、
お願いすることも出来ず、また、お礼を言うことも出来ず、
ただ、ひたすらに、だまって一枝、有難く頂戴してきたものであります。


                  ・
  

                  ・


|

« 私と着物 | トップページ | ぼたんの開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私と着物 | トップページ | ぼたんの開花 »