« さとざくら | トップページ | 北島三郎 新宿コマ劇場 特別公演 »

2007年3月28日

さくら咲き始め

Img_1785_1_1


中野駅北口から早稲田通りを越えて続く、中野通りの両側には結構な
桜並木が見られます。

桜の時期になりますと見上げるばかりの桜の美しさ。

車の運転をしている時も、自転車のときも思わずスピードを落としてつい
わき見運転をしそうです。

まだ、咲きはじめで、大半は1分から3分咲き。

桜のなかにもいるようで、人より早く咲いてる目立ちたがりもいましたよ。


Img_1758_1_1
哲学堂  哲理門

自宅から、この中野通りと新青梅街道が交差する、蓮華寺下の信号の所にある
哲学堂公園まで、約3.5キロ。

ロードで行けば10分ほど、2日前のことですが、少々の時間でしたが、
桜の様子をちょいと見に行ってきました。

写真の門は「哲理門」別の名前が「妖怪門」ともいいます。

この場の説明によれば、「この門は、本堂の正面にあたり 左右の天狗と幽霊は 
もと この地に天狗松と幽霊梅があったことにちなむと共に前者は物質界、
後者を精神界に存する不可解の象徴とみなしたものである」と・・・・・・

みなさま おわかりですか。


Img_1776_1_1

Img_1764_1_1
宇宙館

東洋大学の創立者、井上円了(1858--1919) が、その独特の哲学思想をもとに、
全財産を投じてつくった社会教育のための公園。

円了はここを考える人、哲人を養成する道場としてつくり、園内の建造物には、
その目的にそった哲学的な名前をつけられています。

ここを精神修養公園と考え、哲学宗 道徳山 哲学寺とも、呼んだといわれています。


この宇宙館内部には特殊構造の一室があり、国家社会の原理を講究する哲学堂として、
皇国殿という名の本殿が設けられています。と、説明板にはあるのですが、
哲学ってむずかしいですね。


Img_1760_1_1

Img_1771_1_1
六賢だい

哲理門から入って全体が見渡せる広場の右手にあるのが、この六賢だい
(難しい だいの字がPCにありません「(≧◇≦;))。

六角形をした朱色の塔で、もちろん木造です。

内部には東洋的六賢人として、日本の聖徳太子、菅原道真、中国の荘子、朱子、
印度の龍樹、迦毘羅を祀っているとあります。

宇宙館、この六賢の塔など、珍しい形で絵にもなりやすく、良くスケッチをしたものです。


Img_1762_1_1


園内とその附近には沢山の桜があります。

静かな桜の名所です。

ここも、しだれ桜がまだ中心で、後の桜は1分か2分といったところです。

この週末が見頃でしょう。


Img_1772_1_1
鬼神窟

髑髏庵から復活廊を通り、この屋に至れば精神は俗界を離れて霊化するとして、
この名を与えられ、その内室を接神室、楼上を霊明閣という。と、あります。 

 すごいです。

話は魑魅魍魎として、まるで市川猿之助さんのスーパー歌舞伎を思わせますが、
なぜかこういう話は私は大好きなんです。


Img_1794_1_1
新井薬師

その哲学堂公園から中野通りを中野駅の方に戻りますと、僅かな距離で
左手に新井薬師があります。

通りに面しては公園で、桜まつりの会場にもなる所で、あたり一面ピンクの
提灯が飾られています。

その裏側が、この新井薬師さんで、正式名は「真言宗豊山派 新井薬師
梅照院」と言います。

子育て、治眼、厄除けともあり、参詣者も絶え間なくみえられています。


Img_1790_1_1


境内には美しい多宝塔もあり、今が見頃のシダレザクラ、ようやく咲き始めた
ソメイヨシノが、ほどよく絡み合い、いっそう、その塔を華やかに見せています。


Img_1792_1_1

Img_1793_1_1


梅照院と名のあるくらいですから、梅の頃もさぞかしの事と思います。
桜と共に早春の賑わいも見られそうな、素敵なお寺さんです。


さて、いよいよ桜の季節。


下町には下町の桜。 山手には山手の桜。

山には山の桜と、それぞれに 一生懸命が美しい。 

    
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・

|

« さとざくら | トップページ | 北島三郎 新宿コマ劇場 特別公演 »

コメント

プッポロさん、ご無沙汰しております。
さて、この哲学堂ですが私もマークしております。機会があったら行って見ようと思っているのですが、中々ありませんね。
私の場合は哲学思想より、単純に建物の面白さに興味があるのですが・・・。
ここはやはり、銀塩カメラでのんびりと構えたいものです。近所の新井薬師も織り交ぜて、桜見物もいいですね。
そう言えば、今週末は各地で桜祭りが開催されるようですね。国立も今週末です。国立の桜通りはお勧めですよ。

投稿: Wonder3 | 2007年3月30日 00時07分

Wonder3さん。
こちらこそご無沙汰しております。
近くにありながら、桜の時期でもなければ、滅多に行かない哲学堂、新井薬師であります。

今回の記事のことで、この公園を作られた井上円了という人の人なりをネットで少しですが調べてみました。

日本人の性格に合った哲学をめざし、そこに仏教をも取り入れた精神作り。

そのところに妙に私は関心を持ったものでした。

さりげない公園にも、建物にも少しばかり視点を変えるだけで、目には見えないものが、考えの中に広く広がるように思うのです。

国立の桜通り、いいでしょうね。
自転車で行けたら行ってみたいです。

有難うございました。

投稿: プッポロ | 2007年3月30日 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さとざくら | トップページ | 北島三郎 新宿コマ劇場 特別公演 »