« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日

あかり

Img_0368_1_1_1


暗闇の中を照らす、ひとすじのあかり。

山登りの途中で予期せぬ事で時間をとられ、麓に下りる前にすでに夕闇に、
山の日暮れは早いものと知りながらも、いつしか足元も見えないほどの暗い道を、
時折小石につまずき、懐中電灯を持ってこなかったのを悔やんだりする。

今までにそのような事が、もう何回あったろうか。

里の近くになるにつけ眼下に木々の間から、見えてくる人家のあかり程ほっとするものはない。


あかり、それは一瞬のうちに、どんなに遠く離れていようと、その場所の在りかを
伝えるのには、これに勝るものは他にはないように思う。

若い頃からなぜか、あかり、照明器具にはとりわけ思い入れがありました。

登山用の石油ランプから、ホワイトガソリンを使うお馴染みのコールマン200Aの
例の赤いランタン、船舶で使用される真鍮製のランタン、ローソクを6本、または
12本を使うクリスマス用の燭台などなど様々なあかりが、今でも手元にあります。

それらとは別に日常的に普段使っているあかりが四つあります。

上の写真のものは、ステンドグラス風に作られていて、買ったときは普通のオレンジ系の
電球でしたが、面白さに欠けるよう様な気がして、今は赤い60ワットの電球をつけています。

その鮮やかな赤色が、ガラス細工を通して輝き、闇の中にいっそうの美しさを見せています。


Img_0359_1_1


芝居好きでもある私にとって、この提灯も大好きなあかりです。

縦横45センチの、わりと大きな形です。

特殊な和紙を使ったもので、レース状に加工された所からは、60ワット2個のやわらかな
光の丸い電球が見られます。

和風の趣を出すのには最適かもしれません。


Img_0366_1_1
「白い炎」

照明器具は買うばかりではありません。

自分でデッサンして、自分で作りもします。

今までにも結構いろいろ作りましたが、その内2点をご紹介いたします。

これは題名が「白い炎」。高さ50センチ 横35センチ。

光によって炎を表したもので、夏の夜にはふさわしですが、冬の夜は寒々とした「氷の炎」のようです。

これはかなり好評でした。(笑)


Img_0372_1_1_1
「光の氷柱」

こちらは「光の氷柱」。高さ63センチ 横22センチ

アクセントに縄をあしらつて素朴さを出してみました。

この2点はいずれも不燃性の特殊な紙で、正式な名前は忘れましたが、例によって
池袋の東急ハンズの照明器具売り場で購入したものです。

浴槽などに水を張り、この紙を入れてしばらくおきます。

水を含みやわらかさが出てきたら取り出して、そこで思う形に折り曲げたり、丸めてみたりして、
そのまま乾けばその形のとおりに固まります。

この「光の氷柱」は水から出してから足で踏んで、しわくちゃにしてから広げて円柱にしたものです。

少々のいびつの方が、かえって面白味があるようです。

電気の器具は有り合わせのもので、使っていない電気スタンドだったりと、
いろいろ工夫するのも楽しいものです。

これからの秋の夜長のひととき、自分で作ったあかりで静かに過ごすのも楽しいものです。


| | コメント (4)

2006年8月19日

尾崎豊とカセットテープ

Img_0335_1_2_1


私のミニコンポの脇に、ひとつのカセットテープがある。

そのテープはCDから、またラジオから録音した、数多くのコレクションの
テープ達とは少々趣を別にした存在でもある。

そのテープのなかで歌っている歌手は誰なのか、初めて聞いた時は
まったく判らなかった。

激しいロックがあるかと思えば、スローで心をゆさぶるようなしみじみとした
ブルース調の曲もある。

160分もある、この長いカセットテープ続けて聞けば、両面で2時間40分にも
なるが、いまだに通して聞いた事はない。

歌っているのは、ひとりの男性歌手である。


しばらくたってからFMラジオで流れる曲を聴いて、これが尾崎豊であることが
わかった。

尾崎豊、亡くなってから14年が過ぎた。

1992年4月25日のこと。

ご存知の通り衝撃的な死であった。

さまざまな憶測が飛び交ったが本当のところの死の原因など、私などには
知る由もない。

ただ、新聞を見ても何があったのか判らないが、まだ若いのに、かわいそうだなと
思ったのを今でも覚えている。

その尾崎豊が亡くなった年の暑い夏の事である。


奥日光戦場ヶ原。

湯の湖から歩き始め、湯滝の豪快な水の流れを見ながら南に向って歩くと、
湿地帯が大きく広がる、いわゆる戦場ヶ原に出る。

長く続くこのコースの素晴らしいハイライト部分を通って、なおも2484mの男体山を
左に見ながら高山植物が咲くなかを歩き続ける。

そして、穏やかな竜頭の滝の流れと共に、最終地の中禅寺湖畔のバス停まで、
私はひとり歩きとおした。

真夏の太陽が、照りつけるものすごい暑い日であった。


バスは行ったばかりで、次の東武日光駅に行くバスまでにはかなり時間がある。


目の前は中禅寺湖が緑の向うに左右に広がっている。

何度もここには来ているが、この湖畔の周りは歩いたことがないだけに、
ひと停留所まで歩いてみようと思った。

バスが通るやや広い道は、右が中禅寺湖、左側は石垣が続き、その石垣の
下は道路との境はU字溝になっている。

あたりの景色を眺めながら、また熱気にあえぎながら歩いていると、ふと目に
止まったのが、U字溝のなかの枯れ草の上に落ちているカセットテープである。

ゴミとしてのカセットテープにどうしても見える。

物好きの私としては、つい足を止め手にとってみる。

ところどころに土はついているものの、雨にはまだ当たっていないようで、
きれいなテープであった。

両面ひっくり返してみるとテープが切れている。

そこで、そうか、車の中で聞いていたがテープが切れて使えなくなり、
それで窓から投げ捨てたものらしい事がこれで判る。

なあんだと、捨てようとしたが、しかしこのテープ何が入っているのだろうかと、
そこでいつものように、いくらかの好奇心と、いくらかの、のぞき趣味が頭をもたげ、
そのテープをすっとポケットに入れた。


少々の土を綺麗にふき取り、テープ幅にカットしたビニールテープで切れた
テープをつないだ。

オンキョーのミニコンポにセットして、そこで初めて聞いてみたのが、前述の後で
わかった尾崎豊のテープである。

なにしろ2時間40分にわたっての膨大な数の曲が入っている。

その音質の良さも抜群である。


尾崎豊の代表曲、「十七歳の地図」 「卒業」 「回帰線」 「壊れた扉から」 
「街路樹」 「置きざりの愛」 「冬の動物園」などなどあるらしいが、テープには
曲名のラベルの表示もなく、どれがそれらなのか判らないままに、今でも時折
聞いている。


| | コメント (2)

2006年8月15日

日帰り温泉「さわらびの湯」

Img_0291_1_1


昨年の7月以来、久し振りに名栗は「さわらびの湯」に昨日(14日)行ってきました。

勿論、飯能までは西武線を利用してのBD-1での輪行です。

晴れたり曇ったの、時折真夏の陽もさす暑い一日でした。


Img_0295_1_2_1


飯能駅から北に進み、わずかで東町の交差点を左に入ります。

その道は入間川の流れに添うように続く70号線で、右に左にゆるやかな
カーブをたどりながら進んでいきます。

今、夏の休暇の最中、家族連れが繰り出し、川の流れが広がる所では、パラソル、
テントなどの色が賑やかに見られ、まるで夏休みの絵日記そのもののようでした。


Img_0296_1_1


最近はほとんどプジョーのクロスバイクでの走りが多く、何ヶ月ぶりかで乗った
BD-1、その走りの重く感じる事。

名栗までのゆるやかな登り、それもほんのわずかですが、暑さも増してきて、
汗と疲れでほとほと途中で参ってしまいました。


Img_0299_1_1


結構ロードの方々が走っています。

今回は盛んに追い越されましたが、追い越す時に一言「こんにちは」 !! と、
挨拶されて行かれる方も何人かいました。それもニッコリ笑ってです。

これは悪い気持はしません。

しかし、それにしても、みなさん早いです。

私もロードで走ってみたいと思ったものでした。


Img_0301_1_1


名栗の交差点。

名栗湖方面から来る車の大渋滞。

この交差点で大きく左折して正丸峠299号線に入る車が多いようです。

一方ロードの人達ですが、299号線の方から下って飯能方面に。

なかには二人で話をしながら、それも大きな笑い声を交えながら、なんとも、
それはそれは、とっても楽しそうでした。


Img_0305_1_1_1


その名栗の交差点で入間川を渡って、ぐるりと回りこむように道路に沿って登りますと、
飯能市市営日帰り温泉「さわらびの湯」前の広場に出ます。

一気に登った高台からは、今通ってきた名栗の町が一望のうちに見渡せます。

南に面した傾斜地では、一万本のひまわりが咲いています。

少々弱々しいひまわりですが。


Img_0319_1_1_1


「さわらびの湯」

お盆休みでもあるからでしょうか、三回の訪問ですが一番今日が混んでいました。

3時間で800円。  営業時間は午前10時から今月は午後7時まで。

休館日は毎週 水曜日 (祝祭日を除く)


Img_0306_1_1

Img_0310_1_1_1


館内はこの地方の西川材を使ったログハウス風で、どこも手入れがよく、
清潔感ある明るい建物です。

大きく開けた窓からは、有馬ダムから流れる有馬渓谷が眼下に望る、
緑深い山の中の温泉施設です。

ただし、2006年9月1日から2007年1月中旬まで浴室の改修工事のため
休館とのことでした。


Img_0318_1_1


さて、ひと風呂浴びて、また70号線を飯能に戻ります。

ゆるやかな下りの続く帰り道は、もちろん快調です。

山登り好きのサイクリストの気持がわかります。

登りの大変さも楽しい下りがあるからこそ登れるのでしょう。


Img_0320_1_1_1


飯能から「さわらびの湯」まで、往復38、4キロ。

最高時速 28、6キロ。 それ以上のスピードはBD-1では少々こわいです。

途中何ヶ所かの交差点で渋滞はあったものの、約1時間で飯能駅に到着でした。


Img_0321_1_1

Img_0322_1_1_1


奥武蔵から奥多摩にかけては、東京の近郊にも関わらずいい山が多いです。

この「さわらびの湯」の近くにも、棒ノ嶺、地味ではありますが蕨山、正丸から
伊豆が岳、そして天目指峠から子ノ権現、竹寺を通って飯能への長いコース。

奥多摩に入ると川苔山が好きな山です。

高水三山と呼ばれる三つの山を回るハイキング。

南には奥多摩の名山大岳山に御前山。

長い尾根の馬頭刈山等々、関東近郊ほとんどの山に登った私として、その山々をつなぐ、
バス道を今自転車で走っている。

思えば不思議な気分です。

もっと、ちゃんと山に登らなくっちゃって、山の神様におこられそうです。

| | コメント (4)

2006年8月12日

「プッポロ スケッチブック」

103_0351_1_1_1


「プッポロ春夏秋冬」も開設以来、この7月で2年が過ぎました。

アクセス数はあまり気にはしていませんが、今日現在で、96083をカウンターは
指しております。

ご覧の通りのつたないブログでありながら、大変恐縮致しております。

ありがとうございました。

さて、お気に入りの欄にありました、「プッポロ淡彩スケッチ」、これはキャノンの
フォトサービスをお借りしての、私のスケッチをご紹介してきましたが、そこに
今回あらたにスケッチを加えまして、また文章も全部書き改めて、このトップページの
左側にあります「フォトアルバム」にアップいたしました。

題して「プッポロ スケッチブック」、何分にも素人の遊び半分でありますが、
また、ご覧下さいますようご案内いたします。

これからも どうぞよろしくお願い致します。

                       プッポロ

| | コメント (4)

2006年8月 4日

携帯ポンプとエアゲージ

Img_0010_1_1


タイヤとチューブを買いに行って以来、久し振りにまた、渋谷の東急ハンズに
行ってみました。

今回は外でパンクをした時の応急処置としての、携帯用のポンプとエアゲージを
買うためであります。

サイクリストの方々のサドルバックには、予備のチューブ、パンク修理の小物と、
必要最小限にして必需品をお持ちのようでありますが、私のサドルバックはと言えば、
ワイヤー状のカギと、ライトの予備電池だけ。

先日のこのブログでも、私はこの10年あまり、パンクをしたのは、ただの一度だけと
大見得を切ったものでしたが、それは、たまたま運良くパンクしなかっただけなのかもしれません。

昔から「今日は人の身、あすは我が身」という言葉もあるくらいで、そろそろ私のところにも
回って来るかもと、まあ、そうなっても困るのですが、用意に越したことはないし、また、
クロスバイクにひとつのアクセサリーとしても、携帯ポンプを一本欲しいと思い出掛けてみたのです。

7階の広いサイクルショップには、さまざまなポンプが並べられています。

値段の高いものから、安いものまで、その数の多さに、どれを選んだらいいのか、
今までに携帯ポンプは使った事が無いだけに、さっぱり判りません。

さて、これはゲージ付きで4150円、やや大きめだけに楽に空気が入りそう。

そして、隣にあるのが3870円、3500円、その脇にあるのが2000円台、その下は
1000円台まで揃っているだけに、ひとつひとつ手に持ては眺め、また売り場に戻したりで、
かなり長い時間いろんなポンプとにらめっこをしたが、やっぱりどれにしたらいいのか判らない。

随分前の事になりますが、母親からよく言われていたのが、物を買う時、どっちがいいのか
迷ったときは、値段の高いほうを買っておくと、後で悔やむ事がないと。

安い物を買ってあとで、ああ、あっちにしておけば良かったと、二度買いしないためにも
高いほうを買っておけと云っていたものです。

その話のとおりにすれば、ここは当然4150円のになりますが、いくらでもあるこのタダの
空気を入れるのに、何も4150円はちょいと高いよなって、わけのわからない事まで考える始末。

そこにハンズの店員さんが私の目の前を通りがかったのが幸いにと。

「今、携帯用のポンプを見ているのだが、どんなのが使い易いのか、さっぱり判らない。
実際に使ってみて、どれがいいでしょうね」、と聞いてみた。

そして、「あの4150円のゲージがついているのなんか便利でしょうね」、の言葉にも
その店員さん、まったく聞くでもなく、「そうですね」、と、10数種類のあるなかから、
「これなどどうでしょう」と、小さめのポンプを一本引っぱり出してきた。

値段は1400円。

ハンズで一番安いものです。

私の頭の中には、すでに4150円のポンプが定着しかかっているのに。

それが1400円の品とは、なんとも急な頭の切り替えがむずかしい。

「そこにある4150円のゲージがついているのなんかは、どうなんですか」

ハンズは初めて、その時、私の顔を見た。

「外でパンクした時というのは 緊急事態なんです。とにかく何とか修理をして、
空気が入ってとりあえず、おうちに帰れればいいのです。そんな時に空気圧が
どうのこうのって云うことはないんです。おうちに帰られてから、あらためてちゃんとした
空気入れでしっかり空気を入れていただきます。」

「また、ゲージも別にしっかりした物をお求めの方がいいかと思います。
でも、必ずしもゲージはいりません。空気を入れたあと、両手の指でタイヤの両側を強く握ります。
僅かにへこむぐらいであれば、それがほぼ適量となりますから。それで大丈夫です」

「なるほど」、としか私は云えなくて、そのまま、何にもついていない、ただの1400円の
ポンプを持って、レジーに向ったのでした。

それでも、やっぱりゲージも欲しい。空気圧を測ってみたい。

そのハンズが、今度は遠くはなれた売り場に向うのを、じっくり見届けてから、
私は素早く、そのスキに、ゲージを一本わしづかみにして、再びレジーに
駆け込んだのは云うまでもない。

| | コメント (4)

2006年8月 2日

決勝戦 帝京対国士舘

Img_0239_1_1


第88回全国高校野球選手権、東 東京大会の決勝戦が、7月31日(月) 神宮球場で
午後1時から行われた。

その結果、帝京高校が国士舘を5対3で破り、2002年以来9回目の甲子園出場を決めた。


Img_0255_1_1


薄曇りのなか、時折真夏の日も差す神宮球場、例年ならば今が最も暑いときであるが、
吹きぬける風は何となく涼しさも感じられ、野球観戦にはもってこいの天気となった。

人気のある両校だけに、内野席は試合が始まる前から、ほぼ満員になり、
その熱戦が期待された。


Img_0256_1_1


試合はまず、帝京が初回、中村君の適時打で1点を先取。

その裏、国士舘も鈴木君の適時打で追いつき、暴投の間に三塁走者が走って
2点を取って逆転とする。

三回も鈴木君の二塁打で追加点、3対1と、ここで国士舘がリードする。


Img_0258_1_1

Img_0263_1_1


しかし帝京は4回二死から二つの四死球と安打で、満塁として塩沢君の左前に
二塁適時打で同点の3対3に持ち込む。

7回には二死満塁で不破君が左前に2塁適時打を放ち、2点を加えて5対3の逆転とした。


Img_0264_1_1_1

Img_0268_1_1


国士舘は先発の2年生の金子君は、途中7回に一時交替をした丸山君とをあわせても、
この試合12四死球は、少々多すぎる。

打撃の面でも帝京の垣ヶ原投手の変化球に翻弄され、9回には連打も出たが、
後が続かず、結局初回に2点、3回の1点のみで終ってしまった。


Img_0269_1_1


第一シード校の帝京は、この試合まですべてコールド勝ちで、進んできている。

こうして目の前で実際に見ていても、その粘りの強さ、打撃のうまさ、すべてに対して
そつがないように見えた。

一方国士舘も、この決勝戦までの試合ぷりは、帝京を上回るほどの、投打共に一歩リードした
凄さがあったように思っていた。

当然私はこの決勝戦では、接戦になるものと想像しながらも、国士舘有利と考えていた。


Img_0272_1_1_1


昨年の夏の神宮球場での決勝戦、それは国士舘と日大豊山との戦いであった。

惜しくも10対3で日大豊山は敗れ、準優勝にあまんじたが、その時の国士舘本当に強いと思った。

観戦していて、その強さが怖いと思うほどのものでもあった。

この対戦を見ながら、ありありとその時のことを思い出した。


Img_0277_1_1


この東 東京大会決勝の前日は、西 東京大会の決勝戦が、同じこの球場で行われていた。

早稲田実業と日大三高、これも後々まで語り継がれそうなくらい大熱戦の試合だった。

それは勝った早稲田実業の選手の中にも思わず涙をするほどの緊張感あふれる、良い試合であった。

日大三高の残念さ、無念さは想像してあまりある。

あの選手たちの涙は本当に尊いものだった。

この国士舘もまた、涙 涙の場面が続いた。


その時、ふと、我が母校日大豊山は、昨年の決勝戦で、国士舘に負けはしたが、あの時、
涙はあったろうかと、沢山の写真を調べてみたが、泣いていた選手は見当たらないのだ。

泣き崩れるような選手も、勿論、ひとりもいなかった。

がっかりは、それはしたが、結果は結果、あとはいたって、爽やかな印象だけが、今でも残っている。

それが、日大豊山野球なのかもしれないなどと、思ったりもしている。


Img_0280_1_1_1

Img_0285_1_1_1


帝京が東 東京の代表校となった。

その選手の活躍も素晴らしかったが、スタンドの応援団の声援もものすごかった。

さすがの吹奏楽も、こちらまで届きにくく、声での応援にかき消されたかのようである。

高校生たちの特有の、あのドラ声である。でもその声の悪さが青春そのものの声だと思えば、
これもまた、これで心地よいものでもある。

一方負けた国士舘側の応援団も、メガホンを大きく振り上げての、大応援団だったが、
それも試合が終ってみれば感無量の静けさばかりで、ただひたすらに、よく戦った
選手たちの健闘をたたえていた。


Img_0289_1_1


さて、7月9日から始まった、東 西 東京大会だったが、西が早稲田実業、
東が帝京が代表校になった。

いわずと知れた、高校野球の名門校である。

この近年都立高校の活躍が目立つようになったのは、とてもいいことだと思う。

出来るだけ沢山の学校が参加して、たとえ一試合であっても、大きな球場で
多くの観客の前で、プレイが出来る、そして、野球を楽しむことはとてもいい事だ。

これからの人生でどのくらい、励みになるか、大きな思い出になるか、それは計り知れない。

日大三高の監督さんも、国士舘の監督、選手たちも、それぞれに今回の対戦相手の
甲子園での活躍を期待するという言葉が、とっても爽やかに感じられたものでした。

全国大会は甲子園で、8月6日に開幕いたします。

早稲田実業 帝京 ともに 今のファイトでがんばろう !!

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »