« 逸話と実話 | トップページ | 荒川 午後からのサイクリング »

2006年6月29日

庭の花を描く

Img_0080m_1_1
「アカパンサス」 絵 プッポロ  サイズ 33×24 

今日は東京でも気温31度を越えたとか。

まったく暑い日でした。

その暑い最中に、昼間、少々の時間があったので、我が家に咲く庭の花を
一枚スケッチして見ました。

絵というものも時間があれば、すぐに描けるというものでもなく、なんていうのか、
胸の内から思わずこの花を描いてみたい、この風景を絵にしてみたいという、
何かがわいてくる、その気持の高ぶりのようなもの、その思いが絵を描かせるように思います。


描いている、この狭い庭には毎年きまって訪れてくるカエルがいます。

ですから草取りも完璧にやってしまうわけにも、いかないのです。

なんと、昨年は家のパピヨン (ノア) が、バッタリと、緑色と黄色のわりと大きくて、
きれいなカエルと鉢合わせをしてしまい、何とかわいそうに、そのカエルは
ショック死だと思うのですが、そのままの格好で、死んでしまったのです。

今年もカエルの隠れ家を多少なりとも維持しておく必要があり・・・・・言葉では
カッコいいですが、早い話が手入れをせずに、草がのび放題であります。

今日、描いた花は「アカパンサス」という花です。


Img_0083_1_1


しばらく前によそから頂いた鉢植えのもので、高さは1メートル程、写真のように
花の色はごく薄く、青みがかり、そこに薄い紫をかけたような感じで、初夏の
花らしい爽やかさがあります。

まだ咲きはじめで、つぼみばかりが目立ちますが、満開の時の姿は上品な
花かんざしのようです。

約20分程で描きあげましたが、今度はそれをデジカメで撮影してアップするわけですが、
カメラのホワイトバランス、パソコンでの画像の編集、クロップと結構手間は掛かります。

いかに原画に近い感じにするか、これが大変にむずかしい。

今度は満開の頃にもう一度描いてみたいと思っています。


|

« 逸話と実話 | トップページ | 荒川 午後からのサイクリング »

コメント

プッポロさん

絵を描くんですね。私の父は油絵を書くのですが
私は絵の才能はさっぱりです ^^;
思い出しても小学生の頃も図画は苦手でした。

投稿: まさぼ | 2006年6月30日 19時18分

まさぼさん こんばんは。
今日は山梨にお出掛けのようですが、天候も崩れずなによりでした。

絵は子供の頃から好きで、また小学校3年ぐらいから日本画の先生についていました。

何年やっても思うようにはいきませんが。

このブログの「お気に入りリンク」のなかの「プッポロ淡彩スケッチ」に、私の絵が出ております。
お暇なときにでもご覧下さい。

投稿: プッポロ | 2006年6月30日 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逸話と実話 | トップページ | 荒川 午後からのサイクリング »