« 新橋演舞場の出火 | トップページ | 新宿御苑 おとぎ噺 »

2006年3月31日

少林寺と五百羅漢

Img_0643_1_1_3


曹洞宗のお寺、少林寺は、秩父鉄道波久礼駅から徒歩で45分の、人家もまばらになった
山のふもとに静かに佇んでいます。

関東一といわれる保存の良さで知られる五百羅漢と千体荒神の石碑を、一度見たいものと
梅も満開の頃、3月中旬にひとり訪ねてみました。

お寺さんの説明によると、この少林寺の開山は、永正8年(1511年)と、かなり古いものですが、
開基は北条氏康の家臣となった藤田右衛門太夫国村、または康邦ともいわれており、
定かなことは分からないようです。

ご本尊は釈迦牟尼仏。


Img_0649_1_1_1_3


その後、慶安年中(1648年から1652年)に、寺領15石を与えられ、また文政9年(1826年)の
春より、四方から浄財を募り、寺の境内山中に釈尊、十六羅漢、五百羅漢の石像と千体荒神の
石碑を、天保3年(1832年)に安置し、信仰の道場として、今日に続いているとのことであります。


Img_0650_1_1_3


あちらこちらの羅漢さんを今までに随分と見てきましたが、これほどまでに綺麗に残されて
いるのは見た事がありません。

お寺の裏手の山麓から、羅漢山と呼ばれる小さな山の頂まで、510余体の羅漢石仏が
山道の脇に並びます。

いづれもユーモラスで、思わずこちらまで笑いを誘われるものばかりであります。


Img_0652_1_1_2


この千体荒神とは、戦時中、戦場の守護神として、まつられたもので、石は秩父の荒川に
数多くあります、青簾変岩を板状に加工したものではないかと思いますが、あくまでも
私個人の見解ではありますが。


Img_0654_1_1_2


千体荒神は今では別の信仰対象にもなっているようで、地元選挙の時など参拝すると、
当選間違いなしとも言われ、こちらの方でも信仰を集めているようです。


Img_0656_1_1_3


さて、これから多くの羅漢さんのなかでも、特に私のお気に入りの仏さんをご紹介したいと思います。
ほとんど多くが南向きに安置され、やわらかな日差しの中に、羅漢さんでなくても思わず
居眠りをしてしまいそうな、春の初めのひと時であります。


Img_0657_1_1_4


五百羅漢とは孝子孝孫 (親孝行な子、孝行な孫) が、亡くなった人をしのび、
一心に羅漢さんのお顔を仰ぎ見る時、必ずその尊顔の中に、亡くなった人の面影を
見る事が出来ると云われています。


Img_0661_1_1_2


ちなみに羅漢とは、仏教の信者から施しを受ける価値のある人という意味で、また、
悟りを開いた仏弟子に対する、尊称でもあります。


Img_0659_1_1_1


あとは説明もいりませんね。

それぞれの羅漢さんの語る話を静かに聴いてみてください。

あなたの優しい素直な心で・・・・・・ (゚∀゚ )


Img_0664_1_1_2

Img_0666_1_1_1

Img_0669_1_1_1

Img_0673_1_1_1_1

Img_0662_1_2_1

Img_0671_1_1_3

Img_0668_1_1_2

Img_0674_1_1_2

Img_0677_1_1_2


少林寺の裏手から、愉快な羅漢さんと共に楽しみながら、登ること15分ほどでしょうか、
ささやかな羅漢山の山頂の広場に出ます。

その広場に安置されているのが、中央に釈尊をまつり、両側に脇侍文殊 (わきじもんじゅ) と、
普賢菩薩 (ふげんぼさつ) の二菩薩が並び、その回りを囲むようにして、十六羅漢が
配置されています。

このお釈迦さまを毎月のように、お参りにこられる方も多いことをここで知りました。


Img_0679_1_1


この小さな山、羅漢山からは、階段状の急な山道を10分程下りますと、円良田湖 (つぶらだこ) に
到着します。

この時は人影もまばらでしたが、ここは桜の名所でもあり、湖を中心にして約一万本の
桜があるそうです。

今のお花見の頃は大変な人出かと想像いたします。


Img_0686_1_1


さて円良田湖からは、30分あまりの山また山の中の道を行きますと、小高い所に建つのが、
秩父鉄道波久礼駅近くの 「かんぽの宿 寄居」 であります。

宿泊は勿論のこと、最近は日帰り温泉でも人気があり、湯も本格的な温泉であります。

6階の展望風呂からは、その名の通り、眼下には荒川の流れ、遠くには秩父の山並みと、
まさに絶景を楽しむ事が出来ます。

私もしばし、その露天風呂を楽しんだことは云うまでもありません。


|

« 新橋演舞場の出火 | トップページ | 新宿御苑 おとぎ噺 »

コメント

これはまた見事な羅漢像ですね。
川越の喜多院にある五百羅漢は整然と並んでおりますが、
少林寺のはまた違った意味で趣があります。
それにしても表情が豊か。

投稿: きーじぇい | 2006年3月31日 12時22分

きーじぇいさん。こんにちは。
喜多院の五百羅漢さんは私も見た事があります。
なかなか立派なのもありますが、少林寺のは緑多い自然の中にあるだけに羅漢さんが引き立ちます。

足の強いきーじぇいさんのこと、自転車で行ってみてください。
帰りは円良田湖一周と「かんぽの宿 寄居」良いコースになりそうです。 

投稿: プッポロ | 2006年3月31日 17時21分

じつは、明日は円良田湖まで行く予定なんです。
あまりにタイムリーだったのでびっくりしました(^^;

ただ、少林寺は時間の都合で立ち寄りは難しそうです。

投稿: きーじぇい | 2006年3月31日 17時49分

きーじぇいさん。
明日、円良田湖にお出掛けとは、これは良いですね。
天気も良いようですし最高のサイクリングになりますね。

桜は五分から七分咲きぐらいでしょうか。
ちょっと寒い所ですからね。

お花見ポタリング、どうぞお気をつけてお楽しみ下さい。

投稿: プッポロ | 2006年3月31日 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新橋演舞場の出火 | トップページ | 新宿御苑 おとぎ噺 »