« 明けましておめでとうございます | トップページ | 稲村ヶ崎 »

2006年1月 5日

国立劇場初春歌舞伎

IMG_0245_1_1_1
国立劇場 初春公演

初日から二日目、何年ぶりかの正月気分いっぱいの国立劇場に、四日の日に
寒い中を行ってまいりました。

入ると中央フロアーでは初春にふさわしく、ご祝儀の獅子舞が披露されいやが上にも
心踊る思いが致します。

7日までは毎日先着100名の和服を着た観客には、記念品が出ると知らされても
いましたが、出かける間際には、それもすっかり忘れてしまい、チケットを切る場になって、
ああ、そうだったと思い出す。

何を記念品として出るのか分からずじまいではありましたが、それは別にして
着て来ればよかったと悔やまれます。

それほどに着物姿が目立ち、女性は云うに及ばず、男性も大変に多く、それも
若い人たちの着物姿も多く見られるのも、また楽しいものであります。

なかには中学か高校生かというくらいの少年と言うか、青年と言うか、その人は
着物の着方も手馴れたもので、履いている草履の減り具合からして、はて何者やらと、
しばし見とれる風情でもありました。

IMG_0250_1_1
ご祝儀 獅子舞

通し狂言「曽我梅菊念力弦」 (そがきょうだい おもいの はりゆみ) 鶴屋南北の作で、
初春にふさわしい曽我物であります。

といっても普段見られる曽我兄弟の仇討ち物とは少々違います。

面白さ第一主義の鶴屋南北のこと、その対面の場は三幕目の一場に留め、
大半が世話物話で、それもあの話、この話と、あることないこと南北特有の、
いわゆるない交ぜの芝居話になります。

善人悪人を演じ分けるのが尾上菊五郎さん、それに絡む娘と遊女を菊之助さん。

特に久し振りに見た菊之助さんの、せりふ回しといい、身のこなしが玉三郎さん並み、
そして美しさが目に残ります。

IMG_0251_1_1

芝居は正味3時間半程ですが、なんとも分かりやすく楽しい芝居であります。

大詰の万年橋初午祭の場では、大変な人数のトンボの人達 (宙返りをする人達) 
を相手に菊五郎さん扮する六三郎が見事な立ち回りを延々と見せてくれます。

華やかで美しく、絢爛豪華な舞台が展開する様は、サービス精神あふれる
菊五郎劇団ならではのものであります。

まさにこれが歌舞伎といえましょう。

機会があれば今月またもう一度見たいと思ったのも、久し振りのことであります。

さすが鶴屋南北、さすが菊五郎劇団。

まずは、おすすめの初春歌舞伎であります。


|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 稲村ヶ崎 »

コメント

大盛況ですね。
三日にNHKで劇場中継したものを録画してあるのですが、まだ見ていません。
昨年十月に歌舞伎座で見た加賀見山での菊之助が良かったので今回も楽しみです。
僕は26日なので、その日に仕事が入ってしまったら哀しく録画を見ますが・・・何とか行きたいものです初春歌舞伎!

まずは初春歌舞伎、おめでとうございます。

投稿: time@ | 2006年1月 5日 02時21分

time@さん 
今月の国立劇場は面白いですよ。
南北特有のごちゃまぜ芝居、これこそが歌舞伎の醍醐味かもしれません。
理屈をいつたら歌舞伎の客にはなれないと昔から聞かされていましたが、まさにその通りの芝居を作るのが鶴屋南北と思います。

筋書きの豆事典にもありますが、南北は殺しの場、毒薬、早桶、見世物小屋、銭湯など、実は観客が内心覗きたいもの危険なものをたくみに取り入れるのがうまい人とあります。

今回もこれらの要素がふんだんに、特に銭湯の場、その他の場でも、こんなに男性ヌードを今までに見た事がありません。(笑)

どうぞ楽しみにお出掛けくださいませ。(爆)

投稿: プッポロ | 2006年1月 5日 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます | トップページ | 稲村ヶ崎 »