« 「六義園」 | トップページ | 忌野清志郎さん自転車盗まれる »

2005年9月 2日

スズムシの秋

IMG_0011_1_1


このところ、公私ともに珍しく超多忙続きで、ついこの「プッポロ春夏秋冬」の更新も
とどこおりがちでした。

時は九月に入り我が家の洋風庭園にも、いや違った !! 我が家のちっぽけな十坪ほどの庭にも、
心なしか虫の音も増してきたような気がいたします。

虫と言えば、スズムシを 知人から、先日、12.3匹頂きました。


IMG_0005_1_1


私がまだ本当にすごく可愛い小学生の頃、ガチャ ガチャとやたらにうるさい位に鳴く虫を
飼っていた事があります。

正式な名前もあったのでしょうが、昆虫を飼うのは、そのガチャ ガチャ以来のことであります。

今回のスズムシ、実は始めて飼うのです。

その子供時代に聞いたスズムシの生態、季節の最後になると、メスがオスを食べてしまう、
そのイメージが強く、気の弱い、そして優しい心の私としては、いまだにスズムシだけは
避けてきたという思いがあります。


IMG_0009_1_1


その習性も、煮干 削り節などの蛋白質などを与える事で、それはかなり防げるらしい事を 
知り、まずは少しだけ、ほっとしているところであります。

連日連夜、鈴を転がすように細くかぼそい、りーン りーン りーンの音が耳にも心地よく
ひびいてきます。


IMG_0025_1_1
羽を広げて鳴く  後ろから見たところ

羽を広げ羽と羽を触れ合わせて、そのこすれる音が、このりーン りーン りーンになる
らしいですね。

それにしても、どうしてこんなにいい音になるのか実に不思議な思いです。

最近はインターネットのお陰で、すぐにその飼育法などが数多くのホームページを通して
、知る事が出来ます。

これはありがたいものであります。

たちまちのうちにベテラン並の知識を得る事が出来るのです。


IMG_0020_1_1_1


秋の終わりには、メスは地中に卵を産み付ける。

春、桜咲く頃、土に水分を含ませることで卵が孵化する。

二度三度と脱皮を繰り返し、又、来年の初夏には成虫になって、それも今の5倍 10倍にもなって、
賑やかなスズムシの大合唱、そして壮大なシンホニーとなり、私は静かに耳を傾けながら、
また、酒を飲み、「夏の夜の夢」の一大ページェントを楽しむことになる。

ほんとに そうなるだろうか  ≧∇≦

|

« 「六義園」 | トップページ | 忌野清志郎さん自転車盗まれる »

コメント

こんにちは。 昨夜オセアニアから帰国しました。
我が家の裏庭はまるで手入れをしていない密林地帯があります。
不精者のように見えるのですが、この時期になると、そこで虫たちが涼しげな音色を奏でてくれるので、敢えて手入れをしていません・・・と、いうことにしています(笑)

投稿: time@ | 2005年9月 4日 08時03分

time@さん こんばんは。

お元気にお帰りのご様子なによりです。
お疲れになった事でしょう。
ゆっくりお休み下さい。

そのうちに又、time@さんの目を通して見ました、オセアニアのありのままの姿をご紹介して下さい。

スズムシが連日連夜、今を盛りに鳴いています。
メスがオスを食べると言う特異な体質に気が重く、この大雨が終ったら、我が家の10坪のイギリス庭園 ? に、みんな放してやろうと思っています。

食べられないうちに早く逃げろと。 ≧∇≦ 

投稿: プッポロ | 2005年9月 4日 22時06分

いいですね。新たな楽しみを得たようで。
我が家の私の部屋のガラスの向こうでは今は蝉が鳴いておりますが、夜になると蝉とスズムシの大合唱になります。

プッポロさんは虫も食べるのですか。長野県には色々珍味と称された美味しい虫がたくさんいますよ。

投稿: gan | 2005年9月 6日 15時53分

スズムシですかぁ。もう秋ですねぇ。
スズムシの音に耳を傾けながら酒を飲むなんて素敵ですね。
そういう四季を感じながらのお酒は大好きです。

遅くなりましたが、リンクの件ありがとうございました。
もしよろしければ、うちからもこちらにリンクさせてもらっていいでしょうか??

投稿: ぼーず。 | 2005年9月 6日 19時59分

ganさん こんばんは。
知人から頂いたスズムシです。
毎日餌を替えていますと不思議なもので可愛さが感じられるようになりました。
虫はあまり好きではないのに、手で持てるようになるのですから、自分でもびっくりです。

でもメスがオスを食べるというのが、私の心に引っかかり、実を言いますとスズムシに関しては、あまり好みではありません。

もっとも今のところ全員無事に過ごしていますが。

長野県、山梨県、あのあたりの人は蜂の子を食べますね。
土の中に導火線を入れて火をつける。
土の中を煙でいぶして蜂をふらふらにさせて蜂の子を取る。それを実際に見た事があります。
一度食べましたが何とも不思議な味でした。

投稿: プッポロ | 2005年9月 7日 00時15分

ぼーずさん こんばんは。
体調いかがですか。
ここ数日の忙しさ、また過労続きで抵抗力が無くなり風邪のような状態になったのでしょうか。

若いお医者さんにこんな事言うのはやっぱり可笑しいかな。

先日の音肉会の準備は大変だったようで、その上少々飲みすぎもあったりと、いろいろな悪条件が重なったのでしょう。

しかしこう言う事って、世の中結構あるものです。

私も公私共に多忙続きで疲労困憊、そこにビールを飲むものですから体調があまりよくありません。
今はやたらに何処か静かな温泉にでも行きたい気分です。

でもぼーずさん、あなたは物事を冷静に判断され、また物事を深く掘り下げて考える方ですね。
これからのお仕事で患者さんからも、きっと好かれる優しい、素敵なお医者さんになるように思います。

それでは、とりあえず今やる事は、充分に静養してしっかり直すことですね。
(何だか変かなぁ)

リンクの件宜しくお願い致します。

投稿: プッポロ | 2005年9月 7日 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「六義園」 | トップページ | 忌野清志郎さん自転車盗まれる »