« 「中村勘三郎襲名披露五月公演」がトラバで傑作選に  | トップページ | 入間川豊水橋から荒川秋が瀬公園まで »

2005年5月16日

ある日の電車風景

IMG_2848_1_1


女性専用車両を最近目にするようになりました。

地元を走る西武鉄道も5月9日から女性専用車両を導入致しました。

これは大いに結構な事だと思います。

ご存知の通り、車内での女性達の化粧、そして所かまわず車内でのパン食いと、
その行動には目に余る思いがあります。

でも、これも良く考えてみますと、あの人ごみのなかでも、化粧をしなければならない
何か深い訳があるのかもしれないと、一度考えてみてはいかがでしょう。

自宅で一度化粧をしてきて、また、電車内でするのは、一回の化粧では
綺麗にならなかったのかもしれません。

漆喰の壁ではありませんが、二度塗りをしますと一回塗りよりは、むらがなくなるのと同じで、
念には念を入れて、とどめの一発を電車の中で入れているのかも知れません。

これでだめだったら、あの人を諦めるという、切羽詰まった極限状態なのかもしれない。

見るほうはいやですが、そのへんを、やはり理解してあげて、ぜひ暖かい目で
見てあげる心を持ちたいものです。

パン食いのほうも、もしかしたら朝から飲まず食わずなのかもしれません。

いや、昨日からかも知れません。

そしてようやくここで食べ物にありついたと。

で、なければ、あんな人前でとてもではないが、パン食いは出来るもではありません。

パン食いの人の目を見て御覧なさい、決まって目がうつろです。

焦点も定まらないかのようです。

このように恵まれない人々にこそ、暖かい心、愛の手が必要なように思います。

そして、ここに女性専用車両が、さっそうと登場する意義の深さがあるように感じられてなりません。

男の執拗な眼差しにさらされる事が無く、こころゆくまで、化粧もパン食いも、
この車両内において楽しめばいいと思うのです。

だいたい狭い車両の中で男女一緒というのが、どだい無理というものです。

今、世の中は、何だって分別する時代ではありませんか。


先日のことであります。

池袋から西武線に乗った時の事であります。

平日の午後ですから、かなり車内は空いていました。

先に座って発車までの数分間あたりを見回していた時であります。

私の目の前の座席に30才前後でしょうか、痩せ型で髪の毛も無造作に
後ろで輪ゴムのようなもので結んだ女性が座りました。

大きな荷物を床に置き両足を大きく広げて、股で荷物を挟んでいます。

膝にも大きな紙袋を抱えて、しきりに中をかき回すようにしています。

そのうちにコンビニの袋を取り出し中から出したのは、弁当のようです。

ふたには、何とかそばとありますが、まさかと思いましたが、
ふたを開ければ「ざるそばセット」です。

大きな荷物を抱えながら、そばの箱を持ち、右手で小さなビニール袋を
歯を使って切り裂く、それをおそばの隣のくぼみに注ぎます。

いわゆるそばつゆであります。

また、小さな袋からは、きざみねぎをつゆに入れます。

最後の小袋にはわさびと、一応本式であります。

割り箸も歯でくわえてパチリとわって、つゆをかき回す頃、定刻通り
西武電車は動き出しました。

右にゆるくカーブを回り、山手線を橋で渡ります。


「本日も西武鉄道をご利用頂きまして 有難うございます」

「ズズズーッ !!」

「この電車は準急所沢行きです」

「ズズーッ ズズーッ !!」

「次の停車駅は練馬 練馬です」

「ズズズズーッ ズズッ !! 」

「練馬の次は石神井公園」

「ズズッ ズズッ ズッ !! 」

「石神井公園からは所沢まで」

「ズズズズッ ズ !! 」

「各駅に停車いたします」

「ズズズーズッ !! 」

「次の停車駅練馬では 各駅停車小手指行きに」

「ズズッ ズズッ ズズッ ズーッ !! 」

「連絡しています」

「ズッ ズッズッ !! 」

「また優先席附近では」

「ズズズーーッ ズーッ !! 」 

「携帯電話の電源を」

「ズズッ ズズッズーッ !! 」

「お切り下さい」

って、云ったところで、そばが全部なくなり、つゆだけが残った。

捨てる所が無いだけに、その女性は、今までに無く凄い音を立てて一気にすすった。


「ズズズズーッ ズズーッ !! 」 って。

アナウンスが静かに云った。

「車内ではマナーモードにご協力下さい」。

|

« 「中村勘三郎襲名披露五月公演」がトラバで傑作選に  | トップページ | 入間川豊水橋から荒川秋が瀬公園まで »

コメント

プッポロさんこんにちは。
なんとも男らしい女性ですね。ある意味そんな周りも気にしない度胸は凄いと思います。友達にはなりませんけど知り合いになりたい位です(^^ゞ
普段電車に乗らないので私はまだ女性専用車両は見てませんが、男としては知らぬ女性の傍にいただけで痴漢呼ばわりされないとも限りませんし、あの化粧はどうにかならんだろうかと思ってましたからね。全員その車両に乗ってもらって男はのんびりしたいものですね。

投稿: gan | 2005年5月16日 18時11分

ganさん こんばんは。
最近は外出していまして、とってもいやな事に出会うことが多くなった様に思います。

そのひとつに電車内の飲食と化粧、街中では暴力的ないざこざなどを、見るにつけ、ああ来なければよかったなぁと思うことがよくあります。

それで電車に乗らずに通勤でも遊びにも、もっぱら自転車をいつも使うという人のサイトがありますが、それもうなずける話です。

ganさんもたしか、自転車通勤されていましたね。
その気持、この頃すごく理解できます。

有難うございました。

投稿: プッポロ | 2005年5月16日 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「中村勘三郎襲名披露五月公演」がトラバで傑作選に  | トップページ | 入間川豊水橋から荒川秋が瀬公園まで »