« 日大豊山に風邪をひかぬ法を学ぶ | トップページ | 河津桜 »

2005年2月13日

早春の秩父湖 BD-1で走る

103_0315A_1_1
秩父鉄道 お花畑駅

西武線池袋駅、特急レッドアロー号、午前8時30分、朝の通勤ラッシュを横目に
見ながら、ホームをゆっくり出発する、もうすっかりお馴染みの電車だが、何度乗っても
乗るたびに、新しい楽しさが広がります。

終点西武秩父駅には午前9時53分到着、そこから少しの歩きで、今度は秩父鉄道
お花畑駅から午前10時9分発の三峰口行きに乗換えます。

今日は折りたたみ自転車BD-1で早春の秩父湖まで走ってみようと思います。

103_0317A_1_1
三峰口駅前

秩父鉄道の終点三峰口駅には午前10時28分着。

季節柄というか、今の時期の乗降客は極めて少なく、私を含めてたった5人です。

20分から30分間隔の運行ではあてにはならず、マイカーになるのか、便利な都会住まいから
見ればえらい不便に感じられます。

早速ここで持参のBD-1を組み立てます。

いざ出発となる時はいつも心弾む思いで、まず第一歩のペダルをこぎだすのです。

103_0318A_1_1
秩父多摩甲斐国立公園 石碑

三峰口駅前にある荒川に架かる白川橋を渡って140号線を、上流に向って走り始めて、
約5キロほど行くと大滝村に入ります。

道はここまでは、まだゆるやかな登りが続きますが、歩道には縁石が並び
車の通行が多い割には走りやすいです。

その歩道もほとんど全コースにわたって、車道と同じ高さで段差が無いので、
サイクリングコースのように気軽に走れます。

103_0320A_1_1
大輪バス停附近のお茶屋

大輪バス停の近くであり、また三峰ロープウェイ乗り場入り口でもあるここには、
何軒かのお茶屋さんが立ち並んでいます。

まんじゅう屋に蕎麦屋とちょいと寄りたくもなりますが、ここは時間の都合で素通りです。

ゆるやかだった登りも、ここからは、いよいよ右に左にの、やや急坂のヘヤーピンカーブを
走るようになります。

103_0323A_1_1
二瀬隧道

三峰口から140号線を走ってきましたが、途中、中津川に沿って中津峡に行く
大滝道路を右に見送って、なおも登りの道を行きますと、二瀬ダムバス停が見え、
そこの所で左に入る目立たない細い道に入っていきます。

そして小さなトンネルを越えると、この写真の場所に出て、目の前には、
今日初めて大きな秩父湖が望まれるようになります。

103_0325A_1_1
秩父湖 石碑のある広場

秩父湖に沿うようにしていくこの道は、三峰神社に行く道路であって、し
ばらく前まで有料でした。

現在は無料でありますが、これによってマイカーで登る人が増え、ますますロープウェイの
乗客が減少しているそうです。

大きな石碑には秩父湖と彫られ、あたりは、ちょっとした広場にもなっていて
気持の良い所です。

103_0333A_1_3_1
秩父湖と奥秩父の山々

秩父湖を通して遠くには奥秩父の十文字峠、三国山、五郎山方面が望めます。

さすがにここまで登りますと車もほとんど見られず静かな湖面とともに、サイクリングの
醍醐味が思う存分に楽しめる雰囲気であります。

103_0344A_1_1
秩父湖

ここはかなり高いところです。

遠くに見えるつり橋は随分と下にあり、出来れば一度渡ってみたいものです。

三峰神社がある三峰山は標高1102メートルここからは、もうわずかという感じですから、
この秩父湖の標高も800メートルは越えていると思われます。

三峰口駅からはどのくらい登ったのでしょうか、おそらく500メートル以上は
登ってきていると思います。

ここからが本当に景色の良いところになりますが、今回は帰りの時間も
考えてここまでにしました。

春まだ遠い、エメラルドグリーンの秩父湖であります。

103_0346A_1_1
大滝温泉 「遊湯館」

秩父湖からは、また同じ道をもどることになり、快適な下りを楽しみます。

その早いことといったら、車も少なく軽快に走りぬき、5キロ先の大滝温泉には、
わけなく到着です。

ここには「荒川源流郷」の石碑の立つ広大な敷地を持つ、大滝村、村営の
大型温泉施設です。

ログハウスの「特産品販売センター」などもせ併設されて、「遊湯館」と名づけられた
お風呂も、露天風呂こそありませんが、大変に気持の良い明るい施設になっています。

源泉は「大滝温泉 三峰神の湯」から引いているもので、本物の温泉です。

営業時間、10時から17時まで。 
休日 毎週木曜日 祝日の時は翌日。
料金 大人3時間600円。
電話 0494 55 0126

103_0348A_1_1
西武秩父駅

再び大滝温泉から約10キロのくだりで、秩父鉄道三峰口駅ですが、飛ばしたついでに
西武秩父まで約16キロ余りありますが、彩甲斐街道とも言われる140号線を続けて
走ることにしました。

荒川橋を渡り、武州日野あたりからは、さすがに街並みのなかだけに、車も多くなります。

途中かなりの登りが一度ありますが、久那橋を過ぎれば間もなくで右手に
羊山公園の高台が見えるようになり、その少し先の左手が西武秩父駅です。

103_0350A_1_1

今回の走行距離は、三峰口駅から秩父湖まで約15キロ、秩父湖からの下りは
西武秩父駅まで約30キロで、合わせて45キロほどでした。

プッポロもそれ程、各地を走っているわけではありませんが、そのわずかな経験の中でも
このコースはとっても静かで景色も良くそして面白い走りが楽しめます。

全コースというわけではありませんが、走りやすい歩道があり、また、三峰口からは
車も少なく安全に楽しむ事が出来ます。

適当な登りと展望の良さ、秩父湖の神秘的な美しさと、帰りに待っている下りの
快適さとスリルこれも良いです。

今度は日の永いときに、そして、もう少し早くに出発して三峰山まで行ってみたいものです。

|

« 日大豊山に風邪をひかぬ法を学ぶ | トップページ | 河津桜 »

コメント

こんばんは。
まだこの季節の秩父辺りは寒々していて人も少なそうですね。
しかし逆にそれが狙い目だったりしますよね。混雑していて良いロケーションなのだけど人さえ少なければと思う夏の日ってよくありますから。
プッポロさんはいつも活発に自転車で動かれていますね。私は毎日乗ってはおりますが新たな道を探索したりはしておりませんので。

今回の記事もとても私の知らない箇所があり勉強になりました。いつか行く時にプッポロさんの記事を参考にさせていただきますね。

投稿: gan | 2005年2月13日 21時42分

プッポロさん、こんばんは。また魅力的なリポートを有難うございます。ところで、先日ご紹介いただいた御茶ノ水界隈を散策して参りました(軟弱者ゆえ電車でですが・・・)。よろしかったらご覧ください。ニコライ堂は勿論ですが、湯島聖堂が以外にも印象的でした(まだ現像中ですが)。孔子像は思ったより大きいですね。少しずつ写真掲載しています。ではまた。

投稿: Wonder 3 | 2005年2月13日 22時00分

ganさん こんばんわ
何しろ秩父も寒いところです。
それに人の少なさ、自転車に乗っている人には誰にも会いませんでした。
でも、このコースはおすすめです。
登りといっても、ganさんが登られている坂とは、その坂の程度が違うと思います。
ごくゆるやかな登りが少々長く続くといったところです。
秩父湖から三峰口あたりまでの約15キロ程の下り道はこれは本当に楽しいです。
少し遠いですが、機会がありましたらぜひ走ってみて下さい。
コメント有難うございました。

投稿: プッポロ | 2005年2月13日 22時39分

Wonder3さん こんばんわ
御茶ノ水界隈の綺麗な写真拝見していますよ。
ニコライ堂のドームの上にはクレーンが遠くに重なり、気にしながら写真を撮りましたが、Wonder3さんはほんの少し見えますが、さすがですね、見事に隠しましたね。
これは教えられました。
神田明神の鳥居の足には、こんな波の模様があったのですね。
もう何回も来ているのに気がつきませんでした。
昔この辺まで海だったと聞いております。
波の模様はそれを表しているのでしょうか。

出張だそうで、どうぞお気をつけて。
コメント有難うございました。

投稿: プッポロ | 2005年2月13日 23時16分

最近お騒がせして大変申し訳ありません。。。

秩父湖も緑色なんですね。

BD-1がレッドアローの最後部座席の後ろの
小さなスペースにすっぽり
しかも余裕を持って置けること

BD-1でいくら秩父駅が高いところにあるとはいえ
秩父湖までは相当な上り坂が続くこと

それをこの寒い季節に上ってしまうこと
もうただ脱帽だらけです。

今年は昨年と違って病気も治したし
新しい道も開拓する楽しみがあるし
なんと言っても山が近いし
読んでいて、もう走っている気分に
なってきちゃいました。

ああ。。。夜中に。。。寝ますね。

投稿: いまりん | 2005年2月14日 01時17分

いまりんさん こんばんわ
返信が遅れてすみません。
昨日今日と、伊豆の稲取に行き、そのついでに今を盛りの河津桜をはじめて見てきました。
話の通り行って見れば、桜の本数が多いだけに、それはそれで、やっぱり綺麗なものです。
でも、私としてはアサヒビールの神奈川工場見学と、試飲会のビール飲み放題の方が面白かったです。
そして今日は箱根から忍野八海を通って今帰宅です。
いまりんさんは今度は相模原在住で、横浜にも小田原にも近いですね。
ぜひ、その方面にもお出掛けになってみて下さい。
コメント有難うございました。

投稿: プッポロ | 2005年2月15日 20時25分

こんばんは。
秩父方面は険しい山も多く、書き込みにもあるganさんや僕の嗜好に合った、里山コースが点在しているそうなのですが、まだ走ったことはありません。
プッポロさんの走られた記事を読んでいる内に、自分も輪行がしやすいBD-1が欲しくなってきました(笑)

当サイトに愛玉子の写真をアップしておきました。
僕も明後日から一泊で湯が島へ行くので河津桜を愛でてくる予定です♪
ちと天気が・・・ですけど。

投稿: time@ | 2005年2月16日 00時42分

time@さん こんにちわ
返信遅くなり申し訳ありません。
秩父好きの私としては年に4回ぐらいは行っているでしょうか。
同じ所に行っても、季節が違えば又楽しさも新たになるようです。
素朴な土地柄だけによけいに飽きる事が無いのかもしれません。

明日から湯ヶ島とか。それは良いですね。
午後からはお天気だそうです。
実は私も仲間と14日、15日と稲取の赤尾ホテルに
1泊して河津桜を見てきました。
前から話には聞いていましたが、やはり実際に現地で見ればこれは又綺麗なものです。
ピンク色が濃い花びらと、黄色い菜の花との調和もとてもよく、ゆったりとした川の流れとともに、のどかな風景が広がっております。
どうぞご両親様ともども、お気をつけてお出掛け下さい。
コメント有難うございました。

投稿: プッポロ | 2005年2月16日 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日大豊山に風邪をひかぬ法を学ぶ | トップページ | 河津桜 »