« 雪の長瀞 蝋梅見物 | トップページ | プッポロとハーモニカ »

2005年1月20日

浅草 二十日正月

IMG_2187A_1_5_1

大晦日 越すに越されず 越されずに越す

結局は越したわけでありますが、それも年が明けて早いもので今日は
二十日になりました。

昔から二十日正月と云って、正月の祝い納めの日として餅や正月料理を
食べつくしたり、飾り物を納めたりする日として定めていました。

今では正月気分もせいぜい元旦から七日あたりまで、なんとも気ぜわしい
お正月になりました。

IMG_2185A_1_3_1

私の生まれ故郷の浅草はそれでもまだまだ、正月の名残が続いています。

仲見世に掛かる若手歌舞伎の亀次郎 愛之助 獅童 七之助 門之助の
名札が賀正の文字と共にういういしい。

IMG_2189A_1_1_1

昨年の暮れに浅草寺正面の大提灯が新調されました。

製作は関西とか。

奉納は東京新橋組合。

云わずと知れた、新橋の芸者さん達とその関係者によるもの。

提灯の字も同じ新橋でも新橋が違い志ん橋と書く。

下町ならではの洒落た感覚、粋なものであります。

|

« 雪の長瀞 蝋梅見物 | トップページ | プッポロとハーモニカ »

コメント

プッポロさんは浅草でしたか。僕は同日に深川へ足を運んでいました。

来年はよそ様の寺へは行かず、谷中の菩提寺へ新年の墓参りに行ってから浅草でも行こうか・・・てな話しで盛り上がっています。
・・・来年の話しですけれど(笑)

投稿: time@ | 2005年1月21日 17時34分

time@さん こんばんわ
深川界隈に行かれたようですね。
わたくしも以前何度か行っています。
清澄庭園から深川江戸資料館をまわり、そこから歩いて深川不動と富岡八幡宮がコースになっています。
中でも深川江戸資料館内の長屋の作り、掘割、日によっては新内の実演もあるここがとても面白いです。
あの有名な、深川めしは、まだここでは食べた事がありません。
浅草で生まれながら初めて「神谷バー」に行きました。

投稿: プッポロ | 2005年1月21日 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の長瀞 蝋梅見物 | トップページ | プッポロとハーモニカ »